患者さんが元気になって家に帰っていく様子を見る事ができる<回復期リハビリ外来>とは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

患者さんが元気になって家に帰っていく様子を見る事ができる<回復期リハビリ外来>とは?

急性期病棟で働いていた看護師さんにしてみれば、 患者さんと関わりながら元気に回復する様子を見れるという事で、回復期リハビリ外来に興味を持っている方も、多いのではないでしょうか?

苦しんでいた患者さんが少しづつ回復して元気な笑顔になり、そして帰宅する後ろ姿を眺め見送るなんて、他の仕事では体験できない幸福感を味わえる仕事かも知れません。沢山の幸せな笑顔を見る事の出来る職場は転職先に向いているかも知れませんね。

回復期リハビリテーション病棟は?

 (6801)

脳梗塞や脳出血など、体を動かすことに支障が生じるような脳疾患の患者さんや、治療は終了したもののまだ自由に動くことのできない整形外科の患者さんなどが、日常生活に戻れるようにリハビリを行うための病棟です。

回復期の患者さんなので、基本的には急変などはないのですが、そのまま寝たきりにならないようにすることが目的なので、医師や作業療法士、理学療法士などとチームになって、患者さんの身体機能の回復に努めます。

 (6818)

重症患者が比較的少なく、どの患者さんもだんだん回復して元気になっていくため、明るい雰囲気の職場が多いです。処置に関しても難しいものは少なく、ルーティンな作業が多くなります。

回復期リハビリテーション看護師の仕事内容

 (6819)

看護師の仕事内容としては、リハビリのサポートを行うほか、食事や排せつなどの介助、服薬管理にバイタルチェックなど、病棟看護師としては一般的に行われる業務が中心です。

急性期と違って容体の急変にバタバタすることは少なく、回復に向かう時期の患者さんがほとんどなので、雰囲気も明るいのが特徴です。

転職するために必要な資格はあるの?

 (6820)

看護師としての資格さえあれば就職は可能ですが、回復期リハビリテーション病棟は年々施設基準が厳しくなっており、できるだけ多くの患者を自宅復帰まで導くことが求められているため、病棟側としても質の高い看護師を求めています。

したがって、看護師の資格以外にプラスアルファの資格があれば有利になることは確かです。例えば、日本看護協会が設けている「脳卒中リハビリテーション看護」や「摂食・嚥下障害看護」という資格を取っておくと良いかもしれません。

回復期リハビリ外来における看護師の必要性

 (6821)

重症者や高齢者が多くなっても、回復期リハ病棟の最終目標はあくまでも在宅復帰です。

訓練室で行う専門的な機能訓練も大切ですが、看護師は看護の目線で個人個人に必要な日常生活上の動きを少しでも見出し、リハビリに繋げていくことが重要な役割となります。

回復期リハビリ外来の勤務が向いているタイプとは?

 (6822)

回復期リハ病棟には、短期間での回復を目的に入院してきます。 どんなに病状が重くても、障害があっても少しでも回復する望みがあれば、最終的な目標である在宅復帰に向けて全力で取り組まなくてはなりません。 そうした理由からも前向きな姿勢と強い意志をもった看護師は向いています。 脳血管疾患で半身麻痺や失語症などの後遺症が残った患者さんは、とても精神的に落ち込みます。 そのような人が障害を受け入れて、前向きにリハビリに取り組むにはその人に寄り添う姿勢が大切です。

少しでも回復可能な要素を見つけたら、それを引き出しいく手助けをしていくのですが、 単に明るく振る舞ったり、精神論的な感情を持っているだけでは現実的には勤まりません。 やはり自分自身の行動や振る舞いを裏付けられるほどの知識や技術、経験を持ち合わせ、なお且つそれをその場に応じて活かせることも必要となります。

回復期リハビリテーションの看護師転職メリット

 (6811)

予想以上に忙しく体力仕事でもある回復期リハビリテーションですが、看護師転職先として人気があるのは、回復期リハビリテーションならではのメリットも多いからです。

まず最もわかりやすいメリットとして、他科と比べると給料が高めであるということが挙げられます。これは高度な医療機器が不要であるということや診療報酬となるリハビリテーションの実施単位が多いということがその理由で、勤続3年目にして年収500万円以上という人も珍しくありません。

家庭と仕事を両立しやすく”やりがい”も感じる

 (6823)

思った以上に忙しい職場ではあるものの、急性期病棟のような救急搬入はなく基本的に入院も退院も計画的であるため、突然の残業も殆どなく家事やプライベートとの両立が比較的簡単であることもメリットです。

更に、1~2週間で患者が入れ替わる急性期とは違って、回復期リハビリテーションでは数ヶ月単位で密に接することになります。徐々に機能が回復して退院していく姿を見ることができるため、大きなやりがいを感じると言います。もともと回復期に関心がある人にとっては、そのプロセスやメカニズムを目の当たりにしながら学ぶことができるという点も回復期リハビリテーションの魅力でしょう。

回復期リハビリテーションの看護師転職デメリット

 (6824)

医療行為に携わることが少ない

回リハ病棟では急性期に比べると、医療行為に携わる機会が少なくなります。 回リハでは治療を目的としているわけではなく機能回復のリハビリに注力をしており カンファレンスや記録などに力を入れるため、どうしても事務仕事が多くなります。

また回リハ病棟の一番の特徴として、注射や点滴の医療行為も極端に少ないため、 新人看護師にとってみれば、看護の基礎を積むことが出来なくなってしまいます。

夜勤の看護師の仕事が大変

 (6825)

回復期リハビリテーションでの看護師の仕事は、急性期病棟の夜勤よりも楽なのでは?と思う 看護師も少なくないかと思いますが、実際の夜勤はとても大変な仕事が多いです。

回復期リハビリテーションでは自力でトイレにいけない患者さんが多いため、夜中にナースコールが 鳴り響くことが多く、看護師の負担も非常に大きくなってしまいます。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |