船橋市立医療センターの看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

船橋市立医療センターの看護師転職求人のご案内

船橋市立医療センターの概要と、看護師転職求人について

船橋市立医療センターの概要

船橋市立医療センターは、千葉県船橋市金杉にある医療機関であり、船橋市の病院。許可病床数は446床(すべて一般)で大規模医療施設である。人口約60万人ノ船橋市と東葛飾南部地域の中核病院としての役割を担っており、圏内初の救急救命センターを設置したほか、厚生労働省指定臨床研修病院となった。また1992年に全国に先駆けて『ドクターカーシステム』を導入した。 
また、質の高い人材の確保の観点から、『船橋市立看護専門学校』を併設している。
船橋市立医療センターは船橋市、東葛飾区南部領域の中核病院として設立された。病院の敷地は、金杉(地名)の住民より寄付された。また 2010年には日本国内初の超多剤耐性菌が発見されたことでニュースにも取り上げられました。

船橋市立医療センターの詳細

船橋市立医療センターの外観

船橋市立医療センターの外観

船橋市立医療センターの外観、船橋市立看護専門学校を併設している。
船橋市立医療センターは広大な敷地内に船橋市立看護専門学校を併設する形である。東武野田線と新京成線に挟まれる形で駅からはバスや、自家用車などで行くことになる。医療センター行きという路線バスに乗ることで行くことができます。
船橋市病院事業管理者 鈴木一郎氏

船橋市病院事業管理者 鈴木一郎氏

事業管理者である鈴木一郎氏の挨拶を下記に記載。
船橋市立医療センターは昭和58年(1983)に152床の病院としてスタートしました。59年に206床となり、昭和60年(1985)には開放型病院の承認を得ています。 平成6年(1994)敷地内にドクターカーの基地を持つ東葛南部医療圏の3次救命救急センターが発足し426床となり、平成8年には災害拠点病院の指定、平成9年臨床研修指定病院、平成19年に地域がん診療連携拠点病院の指定受けています。
度重なる診療報酬改定、医師不足、看護師不足など厳しい医療環境の中で、より迅速に対応して之まで以上に市民の医療ニーズに答えるため、平成21年(2009)に地方公営企業法全部適応に移行しました。
そして3ヵ年の改革プランを策定し職員一体となって診療、研究、臨床研修の充実、そして経営改善に取り組んできたところです。
21年度には既存病棟の改修工事が進み、22年には5階建てのE棟が完成し、之までの6床室は総て4床室になり、20床の緩和ケア病棟がオープンし、病床数は446床となりました。 E棟には2病棟のほかに手術室、放射線治療室、外来化学療法室、外来心臓カテーテル検査室なども新設され、療養環境の大幅な改善とともに、がん診療の充実、心臓血管センターとしての機能充実がはかられました。22年3月には地域医療支援病院として指定され、船橋市立医療センターは地域医療連携の中で、急性期中核病院としての役割が明確に位置づけられました。23年度にはDPC(包括支払い方式)病院への移行、7:1看護配置基準の取得が達成して、急性期病院としての基本的体制を整えることが出来ました。
7月には歯科口腔外科が新設され、口腔内ガン、外傷、そして口腔ケアを通じて一般のガン、循環器疾患の治療成績の向上が期待されます。 23年3月の新京成バスの正面玄関への乗り入れは、当院を利用する患者さんにとって利便性が大いに改善された画期的なことと思います。
このように3ヵ年の改革プランは、ほぼ全ての項目で実行され、経営面でも初期の目標をはるかに凌ぐ成果を達成することができました。
平成24年度の診療報酬改定では、全国1500のDPC病院は、大学病院本院群(80施設)、大学病院本院以外の高診療密度病院群(90施設)、そして一般急性期病院(1330施設)の3群に分類されましたが、船橋市立医療センターはII群、即ち大学病院本院並みの高診療密度病院群に認定されました。 このことは私たちの取り組んできた、救急医療、高度医療、そして研修医の育成などが高く評価されたものと考えます。私たちはこの第II群に認定されたことを誇りに思い急性期病院として更なる飛躍を目指したいとおもいます。

24年度は3床増床し449床でのスタートとなりました。
引き続き診療機能の充実と経営改善を進めるため、3ヵ年の中期計画を策定しました。この計画を強力に進めるため、副院長を4人制とし、同時に組織改定を行い、医局、看護局、薬剤局、事務局の4局制に組織を変更し、院内体制の強化を図りました。組織の横断的連携を図り病院運営を確かなものにしたいと考えています。
「安全、安心の街」船橋市の一翼を担う市民の病院として、市民の声に耳を傾けながら、誇り高い理念を持って職員一丸となって今後も中期計画を進めて行きます。
今後もホームページ、医療センターNews、連携ニュース、市民講座などを通じて医療センターの現状、診療内容などを随時ご紹介していきます。 市民の皆様のご理解とご支援をお願いいたします。

【理念】
相互信頼の医療

私たちは、患者さんに信頼される医療を目指します。

基本方針
患者さんの権利を尊重し、十分な説明と同意のもとに、医療水準の高い安全な医療を提供します。
臨床研究、教育、研修に努め地域医療に貢献します。
健全な経営に向けて努力します。
職員が働くことに喜びと誇りを持てる病院を目指します。

船橋市立医療センターはこの理念に基づいて運営されている。
併設される船橋市立看護専門学校

併設される船橋市立看護専門学校

質の高い人材の確保と安定的な人材の確保の観点がら併設される看護専門学校
船橋市立医療センターに併設される船橋市立看護専門学校の外観
船橋市立看護専門学校 学校長 八木直子氏

船橋市立看護専門学校 学校長 八木直子氏

船橋市立医療センターともに船橋市の地域医療に貢献貢献する船橋市立看護専門学校。船橋市立医療センターが質の高い人材を獲得するためでもありますが、前提は地域医療に貢献することが目的です。
 本校は、船橋市内における看護師の充足を図ることを目的として、地域の人々のニーズに対応し、信頼に応える質の高い教育を目指しております。そのため、看護を必要とする人々に寄り添い、安心・安全なケアが提供できるよう、その基盤となる知識・技術はもとより、広い視野で物事を深く思考し、「人」としても成長できる、先を見据えたカリキュラムを用意しております。
 看護は「人々の生きる力」を支える、人の手でなくてはならない仕事です。看護を学ぶことは「人間」「命」「生き方」そのものを学ぶことでもあり、尽きることはありません。
 本校は、他にはない必修カリキュラムとして海外研修や看護学ゼミナールがあります。また、臨地実習はすべて市内の施設で行われ、学ぶには大変恵まれた環境です。将来に夢と理想を描きながら充実した学生生活が送れるよう職員一同、市を挙げて応援いたします。 
船橋市立看護専門学校で行われる見学実習の様子

船橋市立看護専門学校で行われる見学実習の様子

船橋市立看護専門学校では、船橋市立医療センターと連携して実習などが行われる

船橋市立医療センターの看護師求人募集について

船橋市立医療センターでは看護師の募集を行っている。下記に詳細を記載しているので気になる方はご確認ください。

受験資格について

昭和32年4月2日以降生まれで看護師免許または助産師免許を
有するか平成29年春季に取得見込みの者(夜間勤務あり)
※当院では、いわゆる人材紹介会社からの紹介による応募は受け付けていません。受験資格を満たす方が自ら応募して下さい。

試験の内容について

小 論 文 試 験 800字 (テーマは当日発表します。) 時間は50分です。
面 接 試験官による個人面接
健 康 診 断 所定の様式により健康状況の申告を提出していただきます。

主な待遇について

職 種 初 任 給 の 額 備 考  ※ 新 卒 の 場 合

看 護 師
3 年 制 の 看 護 師 養 成 所 卒 の 場 合
2 4 2 , 3 6 8 円
大 学 卒 の 場 合
2 4 8 , 3 0 4 円
助 産 師 2 4 8 , 3 0 4 円

※ 看 護 師 ・ 助 産 師 免 許 取 得 後 、 実 務 経 験 の あ る 人 は 経 験 に 応 じ て 初 任 給 が 加 算
さ れ ま す 。
② 昇 給 毎 年 1 回 ( 4 月 )
③ 手 当

お問い合わせ・書類提出先

〒273−8588
千葉県船橋市金杉1丁目21番1号
船橋市立医療センター総務課庶務班
電話:047−438−3321(代表)
内線:5235 担当:滝野

問い合わせ先について

救急医療・がん医療・地域連携に発展的に頑張っている病院です。一緒に働きませんか。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |