【顏と脚】むくみ体質が悩み・・・青汁ですっきり解消! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【顏と脚】むくみ体質が悩み・・・青汁ですっきり解消!

美容や健康におすすめの青汁ですが、むくみ体質の方にも効果があるようです。顔や脚のむくみが青汁で軽減されるなら、今すぐにでも飲みたい方は多いはず。青汁を飲むことでむくみにどう作用するのか詳しく調べてみました。

マグネシウムが不足するとむくみやすくなるとともに、血圧上昇や動脈硬化などを招きやすくなります。

マグネシウムは通常の食生活で不足することはあまりありませんが、生活リズムが乱れていたりストレスに囲まれた生活を送っていたりすると、知らず知らずのうちに多く消費され、不足気味になることがあります。たとえ多く摂り過ぎても吸収されることなく体外に排出されるので、過剰摂取については心配はありません。

マグネシウムは大豆製品や玄米、海藻類、そして近年大ブームを巻き起こした”にがり”などに多く含まれています。青汁の材料ではケール、モロヘイヤから多く摂取できるでしょう。

グリーンスムージーは、女性にぴったりです。
ナトリウム過剰摂取のむくみには最適で、カリウムがたっぷりと補給できるのはもちろんのこと、野菜に含まれているその他の女性に嬉しい栄養素も一緒に補給できて一石二鳥です。

例えば、皮膚の再生に必要なビタミンC、アンチエイジングに働くビタミンA、腸内環境を整える食物繊維、貧血の予防に必要なクロロフィル、活性酸素の除去に働くポリフェノール、βカロテンなど、聞くだけで女性に嬉しい効果がたくさんです。

むくみは水分が不足することによって起こります。
でも、水分をきっちりと摂っていてもむくみになることがありますよね。というのも、緑黄色野菜が不足することによって体内の水分の巡りが悪くなるんです。

足などの体の末端がむくむのはこれが原因なんですよ。
体内の水分の巡りが悪くなることによって老廃物がうまく排出されずに、むくむんです。ただ現代の食生活で緑黄色野菜を生で食べるというのは、あまりないですよね。あっても微量なものです。

そこで青汁の出番というわけですね。青汁は緑黄色野菜の何倍もの栄養素がコップ一杯に凝縮されています。同時に水分を摂ることもでき、一石二鳥です。

青汁に含まれるカリウムの作用が、むくみ解消に

利尿作用で、余計は水分を排出します。

むくみの原因、マグネシウム不足を防ぎます。

生活の乱れやストレス状態の時、マグネシウムは多く消費されます。

バランスの良い栄養が、むくみ改善の秘訣

青汁は栄養満点って本当?【飲む野菜】青汁の栄養価とは?

塩分が体の中に多い状態だと体はむくみやすくなります。
という事は、体内の余計な塩分を排出するのがむくみ対策には効果的です。

青汁にはカリウムが多く含まれており、そのカリウムが体内の余分な塩分の排出を促してくれるのです。

ストレスによってマグネシウム不足に陥りがちになるということは、
忙しい現代人がむくみに悩む理由がこれが大きいかもしれませんね。
そこで、青汁でマグネシウムを摂取してむくみを解消しましょう。

ケールが原料の青汁は栄養価が高いですが、
独特の苦さで飲みづらいかもしれないので注意してください。

いろんな栄養素が相互作用で、良い仕事をしてくれるのです。

むくみの原因の水分不足を解消

水分が足りないから「むくむ」のです。

カリウム−高血圧の改善に効く!−|健康情報 ア・ラ・カ・ル・ト

突然死|急性心筋梗塞|予防|カルシウム|マグネシウム|

むくみの原因は水分のとりすぎと思われがちですが、
実はその逆で、水分が不足しているからむくみが引き起こります。

水を飲むのも良いですが、
青汁なら豊富な栄養素を一緒にとれるので、健康的なむくみ解消が期待できます。

何か一つの成分を摂れば、それが効果的に働くと言うのは少ないです。
他の成分との相乗効果で体の中に効果的に取り入れられます。

青汁はご存じの通り豊富な栄養素がバランスよく含まれており、理想的な健康ドリンクです。
ぜひ積極的に摂り入れたいですね。

塩分(塩化ナトリウム)を摂りすぎると、血中の塩分濃度を調節するために細胞内に水分が溜め込まれてパンパンに膨らんでしまうのです。分かりにくい方は水風船をイメージしてください。水風船も水を入れる前はしぼんでいますが、水を入れると一気に膨らんでパンパンに変化します。これと同じことが私たちの細胞でも起こっていると考えてもらって構いません。

つまり、むくみをスピーディに解消するためには体内の塩分濃度を下げ、溜まった水分を排出する必要があるということ。

そこで役立つのが青汁に豊富に含まれるカリウムです。カリウムには利尿作用があり、水分代謝を活発にします。細胞内の余計な水分が排出されるので、むくみの解消につながるというわけですね。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |