土日休みは嬉しい♪会社員の心の癒し的存在企業看護師のメリット・デメリット。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

土日休みは嬉しい♪会社員の心の癒し的存在企業看護師のメリット・デメリット。

企業戦士の心の癒し的存在の企業看護師。勤務体系が規則的で急患が少ないのも特徴でしょう。病院勤務の看護師に疲れて転職を希望される方に人気の仕事先です。

企業看護師っていったいどんなお仕事?

企業看護師 - Google 検索 (2105)

一般企業で働く看護師は、企業看護師と呼ばれています。企業看護師には、企業の保健室に勤め、社員の健康管理を行う産業看護師や治験業界で働き、治験をサポートする治験コーディネーターと臨床試験モニター、製薬会社や医療機器メーカーで働き自社製品のPRや製品の説明を行うクリニカルコーディネーター等があります。

これらの企業看護師に共通して言える特徴は一般企業に就職するので、週休2日で土日休みのことが多く、日勤帯での仕事のみで夜勤がないことが挙げられます。
病院勤務の看護師の悩みは、休みがバラバラで連休も少ないことや夜勤があることなどが主なものですが、企業看護師へ転職するとこれらの悩みは解消することができます。そのため企業看護師は、病院で働く看護師の人気の転職先となっています。

企業戦士の心の癒し的存在の企業看護師。

勤務体系が規則的で急患が少ないのも特徴でしょう。

企業看護師のメリット。

企業看護師 - Google 検索 (2108)

病院勤務は夜勤が必須な所が多く、不規則な生活リズムで体調を崩し、病院を辞めたくなる理由の1つです。企業の場合は夜勤勤務はありません。会社で働く社員さんと同じ時間に出勤して同じ時間に帰ります。

また、土日休みの企業が多いので、働きやすい仕事と言えます。これは、保健師さんよりも看護師として病院で働いていた方にとっては大きな魅力なのではないでしょうか。

企業看護師 - Google 検索 (2115)

夜勤や残業がほとんどない
産業看護師へ転職をする最大のメリットは夜勤や残業がほとんどないこと、つまり勤務が規則的に行われ、生活サイクルが乱れないことです。

企業によって多少違うものの、一般企業であれば夜まで仕事をしている従業員がいないため、医務室で働く看護師も同じく、夜勤の必要はまずなく、残業の必要もありません。

企業に勤務すると、病院よりも社会の一員という実感が沸きやすくなります。意外と知らなかった社会のマナー・常識が身についていきます。例えば、メールを一通送るにしても「御社、貴社」などどういった使いまわしをしたら良いかなんて病院では学べませんよね。

また、責任感・やりがいも強く感じるようになります。多くの看護師の中で働く病院と違って、企業勤務場合、少数での仕事になるため、適度な責任感のもと、自分が会社に役立っている実感も沸くでしょう。

さらに、企業に勤務している看護師(保健師)は、1人であることが多く、学校の保健室の先生のように周りから愛される存在になれます。

企業看護師にも多少デメリットはあります。

企業看護師 - Google 検索 (2110)

共に働く仲間が少ない
企業で働く看護師さんの中には、仲間が少なくて寂しいと感じる方もいるようです。特にこれまで病院勤務だった方は、多くの看護スタッフ、医師などと共に働いたでしょうが、企業の場合は産業医、そして看護師、保健師など少数で成り立つことが多いです。

逆に言えば、静かな環境で働きたいという方は向いているとも言えます。ただし、社員とのコミュニケーションの場も多くなるので、そういった意味では寂しさは感じないかもしれません。

企業看護師(産業保健師)は、看護大学卒の方であれば勉強・実習などがあったかもしれませんが、内情は働いている人にしか分からない点も多くあります。そのため、ある程度安定した収入が見込める病院を辞めてまで、企業に就職ということを簡単に考えられないかもしれません。
医療機関への転職が難しくなる
もうひとつ、環境の変化からくるデメリットがあります。それは一度企業と言う環境に慣れてしまった場合、再び医療機関へ戻ることが難しくなってしまう点にあります。

企業という現場は特殊で、医療機関も特殊であるため、精神的にも技術的にもどちらかに慣れれば再び転職することは難しくなってしまうというデメリットが存在しています。

一度、企業看護師として働き始めるとその後病院勤務には慣れづらいようです。

なので、病院に転院するときにはキャリアとして認めてもらえないんですね。

一般企業看護師に向く人と向かない人。

企業看護師 - Google 検索 (2106)

一般企業に勤務する企業看護師は、どんな人が向いているのでしょう。一般企業で働く全ての企業看護師に共通して求められるスキルは、コミュニケーションスキルです。
病院で働く看護師も、もちろんコミュニケーションスキルは必要ですが、企業看護師は、基本的に患者さんを対象にするわけではなく、健康な人や医師をはじめとした医療職者に接する機会が多いのが特徴です。
企業看護師 - Google 検索 (2117)

一般企業で働く看護師は、看護技術よりもコミュニケーションスキルが必要になってきます。企業看護師に転職した場合、看護師として医療施設などで働いて得たコミュニケーションスキルをさらに磨きをかけていく必要があるでしょう。

企業看護師の業務内容のその他の特徴としては、パソコンを使ってのデータ管理などのデスクワークが多いことが挙げられます。医療施設で働いていた時は、デスクワークなどほとんどなかった人も多いでしょう。パソコンを用いてのデータ管理はやったことがない人がほとんどではないでしょうか。企業看護師に転職した場合、パソコンに不慣れで業務がスムーズに進まず、ストレスを感じる人もいます。そのため、企業看護師に転職を希望する場合、ある程度パソコンに慣れ親しんでいる人のほうが向いているといえます。

企業勤務と病院勤務看護師の大きな違いはデスクワークの量が主です。

それが苦になるタイプの人だと少ししんどいようですね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |