【ローヤルゼリー】高血圧の人におすすめな理由とは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【ローヤルゼリー】高血圧の人におすすめな理由とは?

年齢を重ねるにつれ高血圧に悩むことが多くなってきますよね。食事や生活習慣を変えればいいとは分かっているものの、何から手を付けていいか分からないという方は、「ローヤルゼリー」を試してみてはいかがでしょうか?

日本人の10人に1人がなっている高血圧……

高血圧の90%以上が原因不明

高血圧は、原因により「一次性高血圧」と「二次性高血圧」に分類されます。「一次性高血圧」は、「本態性高血圧」とも呼ばれ、特に明らかな異常がないのに血圧が高くなります。ただし、血圧を上げる要因は明らかにされています。食塩のとりすぎ、加齢による血管の老化、ストレス、過労、運動不足、肥満、そして遺伝的要因などがあげられています。一方、「二次性高血圧」は、腎臓病やホルモン異常など、原因となる病気があるものを言います。

もしかしたら、様々な原因が複合的に組み合わさって起こる症状なのかもしれませんね。
高血圧の原因は、飲酒、喫煙、ストレス、塩分のとりすぎ、などが挙げられます。

この中で、飲酒と喫煙は自分でセーブもしくは、辞めるしかありませんが、あとの2つはローヤルゼリーでコントロールが可能です。

まずはストレス、ですが、ローヤルゼリーにはマグネシウムやカルシウム、アミノ酸、といったストレス軽減効果が大いに期待できる物質が含まれていますので、高血圧の原因になるストレスを排除できます。

また、高血圧の大きな原因である塩分のとりすぎも、豊富に含まれているカリウムによってコントロールが可能。

カリウムは体内の塩分を排出る働きがあるのです。

美容に効き目があると一般的なローヤルゼリーですが、体内に入ると、血圧に良い効果があります。

その中でも注目は、たんばく質が分解されて作られたペプチドです。
ペプチドの元はアミノ酸です。

タンパク質の食材を食べると体内で分解されて、アミノ酸になります。

単体でも栄養素として存在しますが、数個、数十個、数百個という塊になり、それぞれ機能を果たします。

そのうち、2~3個くっついたアミノ酸はペプチドとなり、血圧を上げるとされる酵素の活性化を抑制し、同時に降圧作用があることがわかっています。

さらにローヤルゼリーで見逃せないのが「アミノ酸」の効果です。
先ほど出てきた「ペプチド」の元であるアミノ酸が体内で高血圧の原因物質にくっつくことで、
血圧の上昇を抑える効果も見込めるというのです。

アミノ酸も効果的!

高血圧の代表的な原因である「ストレス」「塩分の摂りすぎ」を抑えられるローヤルゼリー!
とても魅力的ですよね。

塩分の摂りすぎやストレスははローヤルゼリーで緩和!

実は近年「ローヤルゼリー」に注目が集まっています。
健康に良いとされているローヤルゼリーが、高血圧にも効果があるなんて驚きですね。
ポイントは、ローヤルゼリーに含まれる「ペプチド」です。

ローヤルゼリーが高血圧に効く?

近年の研究で、血圧改善が期待できるペプチドがあることがわかりました。ローヤルゼリーにもペプチドが豊富に含まれているため、ローヤルゼリーの飲用が血圧に作用するかどうかを調べる試験が行われました。
予備検査で血圧が高めの人(最高血圧130~159mmHg 、最低血圧85~99mmHg )を、2つのグループに分けて試験を行いました。
一方のグループには、ローヤルゼリーペプチドを含む錠剤4錠(ローヤルゼリーペプチド250㎎/錠)を1日1回、もう一方のグループにはプラセボ4錠を1日1回、12週間飲用してもらいました。
その結果、ローヤルゼリーペプチドを含む錠剤を飲用したグループでは、プラセボを飲用したグループと比較して、最高血圧と最低血圧の両方が飲用開始10週間後と12週間後に低下しました
原因が分からないことはしばしばあるとはいえ、改善する方法はあります。
塩分の摂取を押さえる、適度な運動をする、良質な睡眠、バランスの良い食生活などなど・・・。

高血圧を改善するには?

次は高血圧の原因を見ていきましょう。
大抵は生活習慣が原因になっているというのは何となく分かりますが、
では、具体的には何が原因で血圧が高くなってしまうのでしょうか?
高血圧の原因は?|高血圧の基本|血圧ドットコム 高血圧に関する総合情報サイト ノバルティスファーマ株式会社

高血圧の原因は?

高血圧について|医療法人社団 生生会 生生医院

 厚生労働省が3年ごとに実施している「患者調査」の平成26年調査によると、高血圧性疾患の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は1,010万800人と、前回の調査に比べて約104万人増加しました。

 性別にみると、男性445万人、女性567万6,000人で、前回調査に比べて男性が63万人、女性が42万人の増加となりました。

もはや誰もが罹る可能性がある症状といっても過言ではありません・・・。
高血圧に悩んでいるという方、周囲に高血圧に悩んでいる人がいるという方は多いと思います。
実際には日本でどれだけの患者がおられるのでしょうか?

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |