育毛剤を使って発毛が実感できるまでの期間は・・・? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

育毛剤を使って発毛が実感できるまでの期間は・・・?

育毛剤をいざ購入し、使ってみるとすぐに効果が出ることを期待していませんか?髪の毛は生えるのに時間がかかります。育毛は思っている以上に長い戦いになるのです。

髪にはヘアサイクルというものがある。

ヘアサイクル - Google 検索 (731)

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、髪は成長期から退行期、そして休止期に至り、また成長期に戻るというサイクルを繰り返しています。
髪が抜け落ちる「休止期」が約3ヶ月あり、髪が成長し続ける「成長期」が約2~7年、さらに髪が抜ける準備をする「退行期」が約3週間というように、
このサイクルを繰り返して毛が生え変わっています。

ちなみに健康な髪の状態の人であっても1日に約50本から100本は抜けるのが普通ですので、その点の心配はなさらないでください。
いくら健康な髪であっても寿命はあるのです。
これはどの人間にもあるヘアサイクルです。

育毛剤の評価にこれほど時間がかかる理由はヘアサイクルにあると考えられています。

私たちの頭髪は、頭髪が育つ成長期、頭髪が抜ける準備をする退行期、頭髪が抜けおちる休止期のサイクルを繰り返しています。

各サイクルは、成長期が2年から6年程度、退行期が2週間程度、休止期が3か月から4カ月程度といわれています。

つまり、成長した毛が抜け落ちて新しく生え変わるまでに最低でも4カ月程度の期間が必要なのです。

この4カ月に加え、育毛剤により乱れたヘアサイクルを改善する時間、頭皮環境を改善する時間などが必要になります。

これらをトータルすると少なくとも半年以上の期間が必要になると考えられているのです。

育毛剤を使用している方の中にはこの期間を待たずして使用をやめる方がいます。

薄毛の原因にマッチした育毛剤を使用していたとしても、以上の理由から短期間ではその効果を確認することはできません。

育毛剤を使用する場合は長期戦になることを覚悟し、最低でも半年以上は使用し続けなくてはならないのです。

髪の毛が増えた!以外に育毛剤が効いているかもと思う症状は?

症状として、抜け毛の量が少なくなったり、新しく生えた髪にコシがありましたら、育毛剤の効果が表れているとして続けてみましょう。
完全なる結果が出るにはさらに3ヵ月、つまり半年の経過を観なければならないということになります。
ヘアサイクル - Google 検索 (732)

育毛効果のサイン
以下のような変化が現れたら、育毛効果のサインである可能性があります。

・髪の根元にハリが出る

・髪にコシが出る、髪に触れたときに手ごたえを感じる

・髪が硬くなる、強くなる

・髪型がつくりやすく、くずれにくくなる

・髪にボリューム感が出てくる

・分け目が目立ちにくくなる

・細い抜け毛が減る

先述したように育毛剤は効果が現れるまである程度の時間を有するもの。どんな育毛剤でも根気よく続けてみるということが重要です。
育毛剤は効果を保障するものではありませんが、自分合ってると思うものがもしあれば、続けて使用するのもいいのではないでしょうか。

あっ!髪増えたかも・・・と実感するまでの変化。

ヘアサイクル - Google 検索 (736)

1、髪に触れた時の感触に変化が現れる。
毛髪にコシやハリが出始めて、細かった髪がしっかりと立ち上がるほどに強く感じられるようになる。
また、毛髪にコシやハリを与えたい方には、頭皮を活性化させる脂肪酸であるアラキドン酸もお勧めです。

2、生えてくる毛が、今までよりも程よい太さで生えるようになる。
このころにヘアサイクルが整い始めている、というサインになってきます。

3、成長の停滞期になり育毛の効果が見られなくなる。
結果、見続けていることで、まるで薄毛が悪化してしまったかのような錯覚を覚える事もあります。

しかし、考え方はダイエットと同じだと思ってください。
ダイエットも順調に減ったと思っても、必ず停滞期が来るものです。
それと同じで、停滞期があることを忘れずに、根気良く続けてください。
必ずその先には再び成長期が訪れ、発毛や育毛の実感を得ることができます。

思った以上に時間がかかる。髪が伸びるのにかかる期間。

ヘアサイクル - Google 検索 (738)

個人差がありますが、日本人の男性の髪の毛は1日に約0.3~0.5mmくらいのスピードで成長します。1ヶ月で約1cmということですね。3ヶ月でもやっと3cm程度ですから、明らかに毛量が増えたと実感するためには、やはり数ヵ月はかかります。
さらにこれは、育毛剤を使い始めてすぐに発毛効果が表れた場合です。薄毛の症状が出始めている頭皮というのは、頭皮環境が安定していなかったり毛根が非活性した状態ですので、育毛剤を使い始めてもまずはこれを正常化させることから始まります。それを考えると、やはり効果が表れ始めるのには半年は必要です。

発毛の優先順位は低いということを覚えていきましょう。

人間の体の器官には“生命活動を維持するために重要か”という基準で優先順位が付けられています。例えば、脳や心臓は最重要器官に位置付けられます。その中で、髪の毛(他には爪)は、最悪の場合なくても生きて行けるため、最も優先順位が低い器官です。
そのため、育毛剤によって頭部に栄養補給や血行改善を行っても、分配される栄養・酸素は脳に近い頭皮に送られます。薄毛の進行した頭皮は傷んでおり、発毛への配給は頭皮の状態改善後になるため、発毛効果が表れるのには時間がかかるのです。
薄毛に悩む僕達からしたら、「頭皮は傷んでいてもいいから、早く髪の毛を増やしてくれ!」と言いたいところですが、そこは生物遺伝子的にどうしようもありません。

育毛剤を変えたほうがいいかも・・・と思うタイミング。

1年たっても効果がない時には効果がなかったと判断しても当然ですので、新しい育毛剤を試すようにしてください。
その際には同じような系列の育毛剤ではなく、違う作用がある育毛剤を試した方がいいでしょう。
効果が出ないかも・・・と思っても1年は使い続けてみましょう。

その間は抜け毛が減っているか。

髪にコシやハリが出たのではないか。チェックしてみてください。

現状維持のケースも効果が出ているケースもあります。

ヘアサイクル - Google 検索 (734)

・男性型脱毛症は進行性である

現状維持では発毛剤の効果が出ているとは思わない方がほとんどです。

しかし、AGAはどんどんと薄くなります。

現状維持ができている場合であっても、それは効果が出ていると判断できるのです。

髪の毛が増えていないからといって、発毛剤の利用をやめてしまわないで下さい。

維持をした後に、髪の毛が増えてくることだって十分に考えられますよ。

現象維持ではなかなか効果出ているとは思われない場合がほとんどです。

しかし、進行していないというのも効果のうちなんです。

効果がない!全然増えない!なんて思わずに、抜け毛は減っていないのか、

どうかもしっかり見てくださいね。

育毛剤の効果には個人差があります。

ヘアサイクル - Google 検索 (733)

育毛剤の使用をお考えの方の多くは、「本当に効果はあるのか」、「どれくらいの期間使用すれば効き目を実感できるのか」というところが、いちばん気がかりなのではないでしょうか。

結論から言いますと、それらには個人差があり、また、同じ期間で同じ効果・効き目が得られるとは限らないというのが、その答えです。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |