FXトレードで重要なリスク管理について語ろう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FXトレードで重要なリスク管理について語ろう

FXトレードで連戦連勝を誰もが狙いますが、毎回のトレードで勝ち続けるということはありえません。
プロの投資家や機関投資家も、相場の読みが外れることはあります。

FXでコンスタントに利益を上げるコツは、相場の読みを外した時に損失を抑え、気持ちを切り替えて次の勝負に向かう事です。

つまり、負けも勝負のうちであると考え、しっかりとしたリスク管理をしつつ相場を読める人が、勝ち組FXトレーダーなのです。

FXにおけるリスク管理には、自分で行なう部分と、FX会社によるロスカットがあります。

ロスカットとは

3
http://www.wxwindows.org/loss-cut-130.html

ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことをいいます。

FXには、株のように値幅制限いっぱいまで売買できる「ストップ高」「ストップ安」といった仕組みがありません。また、レバレッジを高くかけることができる反面、損失もかなり大きくなってしまう可能性があります。証拠金が全額なくなってしまうばかりか、不足金が発生してしまう可能性もあります。

http://www.fx-startup.com/losscut.php

ロスカットの目的はリスク管理です。

ロスカットラインはFX会社により異なります

1
http://www.central-tanshifx.com/risk/risk-management.html

FX会社ごとにロスカットの設定値が違うので取引前に必ず確認しましょう。

あくまでもロスカット機能は損失の拡大を抑えるための措置ですので、余裕を持った資金での運用をお勧めします!

投資家の資金を守るという観点から、日本国内の登録業者はどこのFX会社でも「ロスカット」という機能を設けています。

http://www.wxwindows.org/loss-cut-130.html

上の画像で表示している計算式が、ロスカット計算式です。
証拠金維持率の設定はFX会社により異なるので、口座開設時にしっかり確認しましょう。

ロスカットを防ぐ

0
 http://aichan6220.hatenablog.com/entry/2015/08/21/015022

ロスカットを防ぐには、マージンコールが来た時点で、証拠金を追加するなどの処置をすると良いです。

ほかに、損失の拡大を防ぐために、あらかじめ逆指値注文(損切り)をしておくことも有効な手段です。

また、レバレッジが高すぎると、リスクも同様に高くなります。

http://fx-web.jp/cont/beginner/losscut.html?keyword=1SCP

外国為替相場は急な値動きを見せる事があるので、レバレッジを低めにセーブしておくのはロスカット予防に有効です。

マージンコールを見逃すな

1
http://xn--fx–0y3e650cct5d8vq.jp/margin-call/

マージンコールとは、預け入れた証拠金(FX会社に入金してある元手)の金額が、現在の含み損(現在のレートで決済した場合に発生するであろう損失)を差し引いた時、損失が50%以上になるとメールと取引画面で知らせてくれる便利な機能です。

このマージンコールがあるおかげで、知らないうちに損失が重なっていくようなことを、防いでくれるようになっています。

 http://aichan6220.hatenablog.com/entry/2015/08/21/015022

マージンコールは相場の読みを外れた時のイエローカードにようなものです。
FXトレードでコンスタントに利益を上げるには、見過ごしてはならない重要な情報なので、取引画面に表示されメールでお知らせも届きます。

ロスカットが発生しやすい状況

米・雇用統計など市場での注目度や重要度が高い経済指標の発表値が市場予想と大きく異なった場合等は、発表直後に取引レートが急変動、乱高下することがあります。

その結果、お客さまの逆指値の設定レートを飛び越えて約定したり、強制ロスカットが発生し、想定以上の損失が生じる可能性があります。

http://www.central-tanshifx.com/risk/risk-management.html

ロスカットと損切りは意味が違います

■ロスカット:FX業者が損失拡大を防ぐために行う
■損切り:自分が損失拡大を防ぐために行う

そうです、ロスカットと損切りは実行する人が違います。ロスカットはFX業者によって強制的に実行されるルールです。それに対して損切りは、ある程度の損が出たら自分で取引を止めるためのルールです。ロスカットには自分の意思は関係ありませんが、損切りは自分で決められます。

そして自分の意思で決められるからこそ、「損切り」は難しいのです。損切りが上手いとFXで勝てる確率が高くなります。逆に損切りが下手だと、あっという間に資金が無くなってしまう確率が高いです。損切りができないままズルズル行ってしまうと、待っているのは「ロスカット」ということになります。

https://upin.jp/6897

オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |