融通の利く看護師の仕事は「献血センター(ルーム)」がオススメ?! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

融通の利く看護師の仕事は「献血センター(ルーム)」がオススメ?!

結婚、出産を機に仕事を辞め、転職を考えている方は多くいるでしょう。しかし育児しながらだったり、時間に余裕のできるところで働きたいとなった時、どの仕事がいいか悩むものです。そこで、比較的融通が利くといわれる「献血センター」というものを調べてみました!

献血センターでの看護師の仕事内容は?

 (7885)

献血センターで働く看護師の仕事は、献血に協力してくれる人から”善意による”血液の提供を受けることです。問診や検診の結果から、医師が献血の可否を判断し、可能であれば看護師が採血を行います。

具体的な仕事内容
献血会場での受け付け
問診
検診(献血できるかどうか)
採血(採血キットの穿刺)
採血中(献血中)の献血者の状態観察
採血後の抜針
献血者へ水分補給を促す など

採血が得意、好きという方にはもってこいの職場ですね。

まずまずの給料

 (7889)

献血のために採血するだけの仕事ってイメージがあるせいか、給料は低めというイメージがあるみたいピヨ。
でも、運営は日本赤十字社という公的機関だから、基本的には公的な病院に勤める看護師と同等の待遇なんだピヨよ。献血ルーム勤務だからといって、極端に低い給料とはならないピヨよ。
ただし、献血ルームに勤務する場合は夜勤が無いから、交代勤務で夜勤手当が出るような看護師と比較するとどうしても低い給料ということにはなるピヨ。
高給で勤務というのはまず無理な職場ではあるけど、夜勤無しでまずまずの給料と考えたらいいピヨ。
夜勤がなくてもそこそこの給料は頂けます。
自身の優先順位が何かで判断すると良いですね。

献血センターの特徴

 (7908)

福利厚生がよく、残業や夜勤がない
日本赤十字社が管理しているので、福利厚生がしっかりしています。
残業や夜勤もなく、子育て中などが理由で時間に制限のある看護師が多く働いています。
肉体的、精神的な苦労は少ない
病棟などに比べると、健康な方が対象なので、ストレスは少ないようです。
ただし、健康な方がボランティアで献血に来るので、お客様として対応しなければなりません。
そのため、採血や献血時に失敗しないようにするためのプレッシャーがかかります。
離職率が高い
採血や献血に対しての技術は向上します。
ただし、毎日同じ作業を繰り返すため、キャリアアップなどに繋がらないので看護師の離職率は高めです。
キャリアを積む目的では、献血センターは向かないようです。
仕事が単調なために、いろいろな経験が出来にくいという訳ですね。

夜勤がない!

 (7895)

献血ルームで働く看護師、メリットとしては、
【日勤のみ勤務で働く事が出来る】という事が挙げられますね。
やはり夜勤無しで働く事が出来るのは、大きな魅力と感じるナースの方は多いと思います。
日勤と夜勤とで生活リズムが崩れますし、いつまで経っても慣れることが出来ず体調が悪い・・・という看護師さんも多いのではないでしょうか。
看護師の仕事と家庭、育児の両立をするには夜勤は大きな壁。
子供が小さい間だけでも日勤のみで働きたい、という看護師から献血ルームの求人は人気がありますね。
やはり夜勤が無いという点が大きな特徴のようです。
前職で体調を崩した方が、心身ともに余裕のできる仕事として選ぶことも多いです。

子育てママでも出来る仕事

 (7893)

血液センターの仕事は、パートでの求人もあり、子育て中の看護師や家庭を持つ看護師には適している仕事です。仕事を残して帰宅するという不安な状況はない為に、安心できる理想的な勤務環境でもあります。
日勤ばかりで給料でも平均20万円近くあります。年間休日は122日間程あり、健康保険や雇用保険、労災保険や厚生年金、同基金や制服貸与など福利厚生の点もしっかりしている血液センターは多くあります。

どんな人が働いているの?

 (7904)

病院勤務が合わず退職した人や、家庭と仕事の両立を目指す人が次の職場として選ぶ場合がほとんどで、新卒の看護師はまず見かけません。10年以上のブランクがある方でも問題なく採用されますし、実際にブランクのある看護師が多く働いています。
圧倒的に既婚者が多く、20~50代まで年代は様々です。
転職先として選ぶ方が多いですね。
同じような境遇の仲間がいると心強いです。

献血バスという選択肢も

 (7900)

献血バスの仕事も育児休暇明けのママナースには向いている仕事と言えます。
その理由として挙げられるのは、正看護師ではなくて、准看護師でも募集していることがあるという点や、条件がよくなっていることが多い点ですが、他にも募集人数が多く、採血が得意であれば採用してもらいやすくなっている点です。また、短期アルバイトや単発アルバイトで募集をしていることが多いのも、育児休暇明けのママナースには適しているのですが、勤務時間はしっかりと決められていることが多いですし、出勤日も比較的多くなっているので、小さな子供がいて子育て中の場合、長期アルバイトや常勤として働くのにはあまり適していません。

向いている人材とは?

 (7911)

現在休職中で復帰に不安がある方。
家事や育児など、プライベートと仕事を両立させたい方。
このような方が実は向いていると言われています。
単調な仕事が得意
献血業務は、一連の流れがあり、自分の持ち場が決められていることが多く、行う地ごとは単調化します。その流れ作業的な業務を責任もって確実にこなせることが大切になります。
血液センターでは病院やクリニックで行われている検査目的の採血と違い、輸血が必要とされている人のために血液を確保する目的で採血が行われています。
つまり血液センターには「採血する」というよりも、「採血させていただく」というようにサービスとしての側面があるのです。
献血へ来た人に対しては安全で快適に過ごしてもらうことができるよう、看護師は言葉遣いや対応にも気をつける必要があります。
技術面はもちろんのこと、「採血させていただいている」という認識を持つことも大事です。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |