初心者さん必見、アルガンオイルとは? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

初心者さん必見、アルガンオイルとは?

アルガンオイル、初めて聞く人はまずその魅力について知りましょう。フェイスケアだけではなく全身に使え、赤ちゃんのばびーマッサージにも使える万能オイルなんです。

アルガンオイルとは

アルガンオイルとは、モロッコにのみ生育するアルガンの樹の実から採油された希少なオイルです。

アルガンオイルは「モロッコの黄金」と呼ばれ美や健康に役立てられており、その効果についての研究も進められています。

 (95)

アルガンオイルは手間暇かけて生成される、希少価値の高いオイルであることがわかります。
アルガンオイルは、砂漠のあるモロッコの南西部に生育するアルガンツリーの実の種の核から採取されるオイルです。 約30キロの果肉から1リットルしか採取されない大変貴重なオイルです。
アルガンオイルは、砂漠のあるモロッコの南西部の乾燥地帯に生育するアルガンツリーの実の種の核から採取されるオイルです。

約100キログラムの実からわずか1リットルしか採取できない希少価値の高い植物油で、現地では病気や治療薬としても使用されていたことから「生命の実」として大切にされてきました。

アルガンオイルは、モロッコのアガディール地方にしか自生しないアルガンツリーの実から搾油され、100gの実から、わずか1gしか採れないという高級オイル。
アルガンオイルの実

アルガンオイルの実

オリーブオイルのように木の実自体を搾って作るオイルではなく、その木の実の中の種(核実)の中の小さな仁から搾油されるため、大量生産が不可能なのです。
(オリーブオイルは、5~10kgのオリーブの実から1リットルのオイルを生産しますが、アルガンオイルは1リットルのオイルのために、約100kgの木の実を必要とします。)
アルガンオイルはオリーブオイルと同様に植物性オイルですが、オリーブオイルよりも希少価値の高いことで知られています。
原産国モロッコでは「生命の実」と呼ばれ、美容だけでなく治療としても用いられてきた歴史のあるオイルです。

アルガンオイルは栄養豊富

アルガンオイルの特長は、オレイン酸の割合が多いことビタミンEの含有量が多い事です。
アルガンオイルの成分 | そらのアルガンオイル | そら株式会社 (103)

体にいいと有名なオリーブオイルよりもビタミンE含有量は多いようです。
その差は3倍!
アルガンオイルには、ビタミンEがオリーブオイルの2~3倍以上も多く含まれています。ビタミンEには抗酸化作用があり酸化防止剤としても用いられています。ビタミンEは老化の要因であるフリーラジカルに働きかけ、アンチエイジングに役立つとされています。
アルガンオイルには、オリーブオイルの約2~3倍多くビタミンEが含まれています。

抗酸化作用があるビタミンEには、肌の酸化を抑え、アンチエイジング効果があると考えられています。また、必須脂肪酸やトコフェロールも多く含まれており、こちらも老化防止効果があるといわれています。

ビタミンEはオリーブオイルの約2~3倍といわれ、オレイン酸やリノール酸、ステロールなど栄養分が豊富。
アルガンオイルの成分 | そらのアルガンオイル | そら株式会社 (105)

人が体内で作ることができない必須脂肪酸であるリノール酸が豊富に含まれていることが知られています。
アルガンオイルの特徴としてオリーブオイルの約2~4倍のビタミンEを含み、オレイン酸が豊富に含まれているという点があります。
オレイン酸は酸化に強いため、加熱調理に向いています。また、肌に使用することにより、肌の水分と油分のバランスを整え乾燥から肌を守ります。さらに、活性酸素を除去する力が強く、日焼けなどで受けたダメージを軽減し、ターンオーバーを正常に整えます。
必須脂肪酸とは、体内で合成することができない脂肪酸で、不足すると代謝が乱れて体調を崩す原因になる。アルガンオイルにはこの必須脂肪酸であるリノール酸が豊富に含まれている。
アルガンオイルは必須脂肪酸の含有量がオリーブオイルの10倍以上といわれています。
必須脂肪酸というのは、お肌の潤いに効果的とされている脂肪酸のこと。
これがオリーブオイルの10倍以上もあるというのですから、驚きですね

アルガンオイルは全身に使える万能オイル

アルガンオイルは身体全身どこでも使えてしまうマルチオイルなんです!
アルガンオイルを簡単にスキンケアに取り入れる7つの使い方 - スキンケア部 (122)

モロッコでは身体のケア、ニキビ、水痘の治療、乾燥肌、シワ、髪、頭皮のケア―に利用されてるそうですよ。
朝から夜のお手入れ、すべての季節、全身に使える特別なオイルです。
ヒトの皮脂に近い成分が角質層に浸透するので、驚くほどさらっとした感触で、お肌にみずみずしい潤いを与えます。
水分を蓄える機能を高めてバランスを整え、なめらかなお肌に導きます。
長い間、アルガンオイルはモロッコ・ベルベル族の女性のなかで美と健康のために用いられてきました。モロッコの女性の美しい肌の秘密は、アルガンオイルにありました。

ひとつのオイルで、全身に使うことができます。ピュアだから、用途を選ばず、フェイスケア、ボディケアにお使いいただくことができます。

アルガンオイルにはアンチエイジング効果があるとされるオレイン酸やビタミンEが多く含まれていることや、ヘアケアに利用することによって、保湿成分や細胞を活性化させる作用によって、枝毛などのダメージを修復し、髪の毛の状態を改善させることができることもあり、一つ持っていれば、全身のトータルケアができるため利便性も高いオイルとなっています。

アルガンオイル、食べてもいいの?

美味しそう食べる女は好感度アップ!モテる食べ方教えます | 女性の美学 (135)

違いは、食用の場合には精製途中で豆を一旦グリルすること。そのままではあまりに苦くて食べられないからなのだそうです。実際に食してみましたが……(>_<) 無理!
アルガンオイルにはローストタイプとノンローストタイプがあります。製法が異なるのはもちろんのこと、香りや用途もそれぞれ特徴があります。美容オイルとして使用されるのはノンローストタイプが多く、食用はローストタイプが多い傾向が見られます。
ローストでもノンローストでも美肌に良いとされるアルガンオイルですが、食用としても大変な人気です。とくに健康志向が強いセレブのためのレストランなどで活用されています。ローストタイプの方が食用としては利用されているようですが、ノンローストタイプの食用もあります。
焙煎せずに搾油しているので、料理素材の香りを活かしたい時に良い黄金色のオイルです。
(オイルは、ほぼ無臭です。)
アルガンオイルに豊富に含まれるビタミンEなどの天然成分が、よりそのまま保たれています。
オイルは浸透性が高く、食後の胃の重い感じ・不快感などが気になる方にも好評です。
ナチュラルなスキンケア商品素材として使用されることも多いノン・ローストタイプは、内側から外側からカラダにやさしいオイルです。
ノン・ローストタイプでも食べられないことはないようですが、
食用にはローストタイプが向いているようです。
焙煎(ロースト)することによって香りが出て、苦みも軽減するようです。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |