淀川キリスト教病院の看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

淀川キリスト教病院の看護師転職求人のご案内

淀川キリスト教病院は、大阪府大阪市淀川区にある病院です。地域医療支援病院に指定されています。

病院概要

理念

 (11292)

キリストの教えを根幹とした「全人医療」を掲げています。

基本方針

 (11301)

キリスト教精神に基づいた「全人医療」を実践し、患者さまならびに地域医療機関に最も信頼される中核病院であること。そのために、「生命の始まり=周産期医療」「存続への危機=急性期医療、救急救命医療」「生命の終末=ターミナルケア」において高度であたたかな医療を提供することが淀川キリスト教病院の基本方針です。
地域医療支援病院として、患者さんをはじめとする地域に信頼される病院を目指して、周産期医療、急性医療・救急救命医療、ターミナルケアに力を入れ、高度かつ温かな医療を提供しています。

病院長あいさつ

 淀川キリスト教病院は1955年(昭和30年)に米国長老教会の医療宣教師フランク・A・ブラウン初代院長により創立されました。創立の理念は「全人医療」、すなわち「からだとこころとたましいが一体である人間(全人)にキリストの愛をもって仕える医療」でした。その理念に基づいて、当院は創立から今日まで、周産期医療、ホスピスをはじめ、ソーシャルワーカーやボランティアの創設など、日本の医療の場でパイオニアとしての働きをしてまいりました。
医療宣教師である初代院長により設立されて以来、全人医療の名を掲げ、さまざまな医療の場で活躍してきました。
 現在は医療だけでなく、介護・福祉の分野にも、その働きを広げています。その基本は、「わたしの兄弟である最も小さい者の一人にしたのはわたしにしてくれたことなのである」<マタイによる福音書25章40節>の聖書のことばどおり、すべての働きが最も小さい者に向けられている事です。
淀川キリスト教病院は聖書の言葉を受けて介護・福祉分野に進出しています。
 今後の働きは、このパイオニア精神を生かし、理念である「全人医療」を守り育てる事です。さらに、私たちに与えられた使命は、全人医療をもって地域の方々にお仕えすると同時に、米国長老教会とともに海外の恵まれない人々にお仕えすることです。すなわち地域に根差し、世界に目を向ける病院でありたいと願っています。
世界を視野に入れ、地域の方々だけでなく、海外の恵まれない人々をも救いたいと語りました。
 2012年(平成24年)7月には中心に礼拝堂を配し、最新鋭の設備機器を備えた新病院を開設しました。揺るぎない理念を胸に、職員一人ひとりがその使命を果たすべくチームワークを組んで、患者さま、ご利用者さまお一人ひとりにお仕えしていきたいと願っています。
2012年には最新機器を配備した新病院を解説し、一人でも多くの患者さんを救うために職員が一丸となって医療に取り組んでいます。
病院長 柏木哲夫さん

病院長 柏木哲夫さん

「地域に根ざし、世界に目を向ける病院でありたい。」

創立のこころ

 淀川キリスト教病院は、いやしの奉仕により神の栄光と人の救いのためにささげられた病院です。この病院は、人がキリストの愛を通して神と健全な関係におかれたとき、はじめていやしの業が全うされるという信念に基づいて建てられた病院です。そして愛の力と現代医学の最高の知識と技術が、身体的、精神的、社会的、霊的必要を持った病める方々に向けられています。
 当病院はチーム医療を通じて、総合的全人医療を提供する非営利的病院であり、日本における一般病院のなしうる最高の医療で、近隣や他の地域社会の中で活動しています。開設当時は米国長老教会より援助を受けていましたが、現在では自立して運営されています。この病院を訪れられるすべての方々に対して、健康な生涯を送っていいただけるように支援するとともに、当病院の活動や職員によって示された愛と思いやりとわざを通して、キリストにある生きた信仰へと導かれるように願うものです。
人の救いのために作られた病院として創立された淀川キリスト教病院。
開設当初は米国長老教会の援助を受けて運営していましたが、今では自立して運営が可能なまでになりました。
初代院長 フランク・A・ブラウンさん

初代院長 フランク・A・ブラウンさん

看護部概要

 (11315)

理念

理念は「全人医療」。

それは、からだと こころと たましいが一体である人間(全人)に、キリストの愛をもって仕える医療のこと。
この病院をおとずれるすべての方々が健康な生涯を送っていただけるように全職員が高度であたたかな医療の提供に努めています。

看護理念は、全人医療に基づいた
Tender Loving Careの実践。

具体的には、一人ひとりがその人らしい日々を過ごすことができるように、その方の存在や個別性を尊重し、共にあることを大切にしながら、科学的技術と的確な知識をもってやさしくゆきとどいた看護を実践することを目指しています。

「全人医療」に基づいた「やさしく行き届いた看護」を看護理念として、的確かつ温かい看護を目指しています。
理念/方針|淀川キリスト教病院看護部 (11321)

方針

 (11324)

看護部長のことば

看護部の特長は、すべての看護師が「全人医療」に基づいたTender Loving Care(やさしくゆきとどいた看護の実践)という目標に向かって力を合わせていること。そして、自分が目指す看護をカタチにできる、自由で活発な風土が根づいていることです。ここには看護師として、人として成長できる環境があります。私たちの理念に賛同し、患者さんのために創造的に看護を発展させたいと思う人は一緒にがんばりましょう。
看護師全員が看護理念を目標に、力を合わせていることが特徴と語る福田さん。
看護師として、人として成長できる。そんな環境で創造的に看護を発展させてみてはどうでしょう。
看護部長 福田峰子さん

看護部長 福田峰子さん

――ここには看護師として、
人として成長できる環境があります。

教育プログラム

一緒に成長できる仲間や先輩がいます。

1年目は「患者さまとしっかりお話できるだろうか」「技術を身につけられるだろうか」「病棟に馴染めるだろうか」…など不安がいっぱいでしょう。でも安心してください。当院にはあなたを全面的にフォローする体制が整っています。

はじめての病院でも不安になることはありません。匠ナース、プリセプターと呼ばれる先輩ナースがしっかりとサポート・フォローしてくれます。
 (11343)

先輩のこえ

 (11354)

私は別の総合病院で看護師として7年間経験を積んだ後、老人ホームに勤務していました。やりがいをもって楽しく働いていたのですが、一時的な関わりではなく、もっと患者さんに寄り添った看護をしたい、自分自身のスキルアップを図りたいと思うようになりました。そして、病院が新しくなり、設備や教育体制が充実している当グループでなら成長していけると、入職を希望しました。入職当初は異なる環境に戸惑うこともありましたが、まわりのスタッフがサポートしてくださり、スムーズに馴染むことができました。今は看護の仕事がとても楽しいです。

他院を経験した者として感じるのは、当グループの看護部が教育に力を入れていることです。経験者である私も自分のレベルの能力に応じた教育プログラムを作成していただき、目標をもって取り組めています。部署内の勉強会も盛んで、医師の先生が講師を務めてくださったり、看護師が学習したことをみんなで共有したりしています。専門看護師や認定看護師の方々からアドバイスをもらえることもうれしいですね。これからも患者さんとの関わりや研修から多くのことを吸収して、自分の可能性を広げていきたいと考えています。

経験者の目にも教育体制に力を入れていると感じさせるほど充実した教育プログラムが用意されているので、現在のスキルに不安がある方でも大丈夫です。
レベルに合わせた教育プログラムと先輩たちのフォローの中で着実に成長してゆけます。
 (11360)

手術看護は主に、手術をする医師への器具の手渡しや、疾患部への直接援助などを行う「直接介助」と、バイタルサインの測定や患者さんに術前術後の説明などをする「外回り」があります。どちらも患者さんに負担がかからないように手術の時間を短縮するため、的確・迅速なサポートが求められます。ミスを防ぐために、医師や看護師への声かけも欠かせません。

私はもともと整形外科の病棟に所属していたのですが、去年から手術室で看護をさせていただくことになりました。手術室独自の知識や技術に加え、さまざまな医療機器をおぼえなければならず、最初は大変でした。また、患者さんと話す時間が限られているため、「これが自分のやりたかった看護だろうか」と悩んだ時期もありました。 技術面に関しては先輩方がサポートしてくださったおかげで、少しずつ身につけることができました。これまでの看護とのギャップに関しても、「声なき声を聞きとることが手術看護」というアドバイスをいただいたことで看護を捉える視野が広がり、手術看護への関心も高まりました。今も研修や勉強会でたくさんのことを吸収し、レベルアップに努めています。

希望とは違う部署でも、経験してみることが重要です。まだまだたくさんの発見が待っているものですね。

募集要項

常勤看護師の募集について(中途採用)

1.応募資格
看護師免許を取得されている方

2.配属部署【2016年春】
 ◆一般病棟・・・・・若干名
 ◆手術室・・・・・・若干名
 ◆老人保健施設・・・若干名

3.備考
詳細は担当者までお尋ねください。
0120-111-839(看護統括室・今中)

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |