【ゴースの巣】噂の水元公園の雰囲気はシオンタウンばり。精神的にも肉体的にもご注意を( ゚Д゚) | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【ゴースの巣】噂の水元公園の雰囲気はシオンタウンばり。精神的にも肉体的にもご注意を( ゚Д゚)

ポケモンGOのトレーナーとしては『〇〇の巣』と聞くと気になりますよね?しかもそれが、普段なかなか出会えないポケモンだと特に!!(`・ω・´)今回の『ゴース』も複数捕獲するには少々骨の折れるポケモン。。。(´・ω・`)『ゴーストタイプ』といわれれるポケモンの『ゴース』…その巣ははたして生易しいものなのでしょうか?(笑)

数少ない希少なゴーストタイプの『ゴース』

 (4227)

ゴースの総合評価

ゴースは最大CPが低く、ジム戦には使えない。ゲンガーになれば、攻撃力が大幅に強化されるので、アメを集めて進化させよう。

ポケモンタワーに現れる「ゆうれい」はだいたいがこれ。このゆうれいはポケモンの墓場に現れるだけあって見た目がたいそう不気味であり、あらゆる攻撃・ボールが通じず、シルフスコープがない限りは逃げるしかないため、多くのプレイヤーにトラウマを植えつけた。
気体(ガス)が意思を持ったかのような容姿をしている。
ガスに包まれるとインド象も2秒で気絶するという記述はあまりにも有名。
初代はかなり抽象的なデザインで、細々としたガスの中に目と口だけが浮き出ているように描かれ、ちょっと怖い。
現在は黒色で球状の本体に紫色のオーラが覆うように描かれ、分かりやすいデザインになった。
正直、ゴース自体は強いワケではありません(´・ω・`)
ただ、ゴース⇒ゴースト⇒ゲンガーと進化させることで、第一世代唯一の最強ゴーストタイプポケモンを入手することが出来るのです(*'ω'*)
本家ポケットモンスターとは異なり、ポケモンGOでは「こうかがないようだ」が、無いから
不戦勝を飾ることはできないけど、唯一のタイプを所持しておくことはコレクター心としても満たされるハズ♡(笑)

水元公園はゴースの巣?

 (4214)

コチラは画像は9月26日にP-GO searchで検索した水元公園の出現情報♪♪
時間は真昼間☆(∩´∀`)∩
「夜の方がよく出現する。」と、いわれているけど
昼間でもワリとイイ勢いで出現してますね(゚∀゚)
この画像から察するに、やはり『水元公園はゴースの巣』といえそうです|д゚)

ゲンガー作るまで帰れません【ポケモンGO】ゴースの巣 さとちん水元公園

パウワウの巣からゴースの巣になった水元公園
日が暮れてからのポケモンゴーは街灯が少ないからめっちゃ怖かった
虫の鳴き声も大きい
都市伝説で有名なゲンガー

相棒ポケモンの機能が実装されて、アメを入手しやすくなったのは事実だけど
やはりゴースからゲンガーに進化させて更に強化していくためには
トンデモナイ数のアメが必要。。。やっぱり捕獲するのが一番早いし満足度と実感も高い!!
そんな、『ゴースの巣』ともいえる水元公園は以前はパウワスの巣といわれていました(・∀・)
やっぱり、都会は違いますな(笑)
が、いつの頃からがゴースの巣といわれるようになって、今もまだ通っている人が多くいるらしいけど
ある意味それはちょっとした修行ともなるらしい。。。(笑)

心して向かいましょう(・∀・)ww

 (4216)

開園面積
963,013.00平方メートル(平成28年2月1日現在)
・広すぎ
まず第一に、公園が広すぎる
罰ゲームかと思うほどに、広すぎる。
──聞けば水元公園は23区で最大規模の広さを誇る水郷公園らしく、もはや公園と言うよりただの湿原&林。大自然そのものだ。
 (4218)

体力的なことに関して言うと、ロケーションの問題。私が最寄り駅のJR金町駅に降り立って案内標識を見ると、「水元公園、2000m」ときた。

バスでも行くことができるが、都内にある公園の中ではアクセスが良いとは言い難く、地元の人でない限り行くこと自体が結構な手間である。そうやって辿り着いた先が、先述の通りの広大な湿原&林だったなんて……。

ちょっとした癒しがあればガンバレルかなって。。。(笑)

さまざまなユーザーの声を聞いてみると
「とにかく広い」「ハンパなく広くてシンドイ」という声がガンガンに見られました(笑)
しかも、夜は場所によっては暗くて肝試しレベルとのことなので。。。
女の子だけ、とかは避けたほがイイかもしれない(´・ω・`)
チャリ部隊も多いようなので、気をつける点はゴースの撮り逃しだけじゃなくて
リアルで物理的なトコロまで及びます( ゚Д゚)

肉体的にも精神的にもナカナカの体験をすることになるであろう水元公園。。。
トレーナーの墓場と、ネットでは揶揄されているけど、ご自身もそのうちの1人とならないように
楽しんでください(´◉◞౪◟◉)(笑)

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |