《ポケモンGO》近日配信予定のアップデートで『相棒ポケモン』が追加☆アメが集めやすくなる!? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

《ポケモンGO》近日配信予定のアップデートで『相棒ポケモン』が追加☆アメが集めやすくなる!?

ワリとちょこちょこアップデートが配信されている『ポケモンGO』で、このほど近日配信予定の内容で『相棒ポケモン』という機能を実装することをNintendoの開発チームが公言したそうですよ(=゚ω゚)ノで、ソレがどういった内容かと言いますと。。。

新しく実装される『相棒ポケモン』(∩´∀`)∩

 (2812)

米NianticのPokemon GO開発チームはこのほど、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」に、お気に入りのポケモンを「相棒」として連れて歩ける「相棒ポケモン」機能を近く実装すると発表した。
Pokémon GO に新しく登場するのは「相棒ポケモン」機能です。トレーナーがお持ちのポケモンから、お気に入りのポケモンを「相棒」として選ぶことができます。
相棒ポケモンに選んだポケモンはトレーナープロフィール画面でアバターの横に表示され、その相棒ポケモンと一緒に歩くことでアメをボーナスとしてゲットできます。
今度配信されるアプデの内容を公式が発表したそうで、
その内に設けられた『相棒ポケモン』(・∀・)
ポケモンを設定して歩いて距離を稼ぐと『アメ』を手に入れることが出来るそう♪♪
なかなか求める野生ポケモンやタマゴに出会えれないユーザーからすると
“神アプデ”となりそうな予感(笑)(∩´∀`)∩

ナイアンティックが発表した際のスクショ

 (2826)

ナイアンティックの予告で公開されたスクリーンショットでは、フィールド画面左下のプレーヤーアイコン横には相棒ポケモンの画像があり、おそらく歩いた距離を示すゲージがあるものの、マップ上を並んで歩いているようには表示されていません。

実際に相棒ポケモンが後をついてくるように表示するには、少し想像しただけでも「フィールドに出現したポケモンと区別がつきにくそう」「スケールをどうするのか」「ただでさえ誤操作しやすいタップの邪魔になりそう」「出現グラフィックは用意されていても、一緒に「歩く」には明らかに不向きなポケモンが結構いる」などなど課題がありそうです。

なぜか、国内向けのプレスリリースではヒトカゲしか掲載されていませんが、英語圏向けのものでは、ゼニガメのほかジム戦には不可欠とも言えるレアポケモンのカビゴンも、相棒としてアメを稼げるポケモンの例として掲載されています。このことから相棒はすべてのポケモンが対象になるとみていいでしょう。
 (2883)

ちょっとコレはできそうにないww
アニメ版ポケットモンスターを観たコトのある人から『ポケモンで相棒』と聞くと、
主人公の肩や腕に乗ったり足元をチョロチョロしている姿を想像しますが、
残念ながらこの度の相棒ポケモンは我々のイメージする恰好とは異なります(´・ω・`)
でも、自分のアイコンの横にちょこんとポケモンのアイコンも載るのは少し可愛いからいいか(笑)

アメが手に入る♪♪

 (2817)

相棒ポケモン機能は、一緒に連れて歩けるお気に入りのポケモンを選ぶことができるのです。ほらアニメでサトシがピカチュウをモンスターボールに入れずに一緒に手なづけて歩いているのと同じく。ただしフィールド上には相棒ポケモンは現れないので、あまり一緒に歩いている感じはないのですが、設定の見た目的にはこうなります。
上の画像を見ると、2km連れて歩くと、そのポケモンのアメがもらえるように見える。
という仕様のようですね(*’ω’*)
恐らくタマゴ同様,ポケモンによってアメを獲得できる距離は異なるそう(゚∀゚)

ザックリまとめると。。。

連れて行けるポケモンは一匹のみ

一度に何匹もポケモンを連れてはいくことはできない。たくさんのポケモンに囲まれながら街を歩く、ということは叶わないようだ。

アメを拾ってきてくれる

連れて行ったポケモンがアメを拾ってくるようだ。入手できるアメの個数は1日に一定数のみと決まっているので、例えばカビゴンのアメを1日で大量に集めるということはできないようだ。

ラプラスやラッキー,といったレア度が高くて滅多に出会えないポケモンの育成に
大きな影響を与えてくれそうですね♡(∩´∀`)∩
外に出るのが億劫になっていた夏ももぅ終わって、
散歩やレジャーが楽しい時季になってきましたね(*’ω’*)
さて、外出のお供にポケモンGO☆(∩´∀`)∩
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |