「振袖の着付け」についての基礎知識と帯の結び方 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

「振袖の着付け」についての基礎知識と帯の結び方

成人式や結婚式の礼装として未婚の女性が着る振袖。その着付けには何が必要でしょうか?また、振袖をより華やかに見せるための基本的な帯の結び方についても知っておきましょう。

振袖とは?

★振袖
未婚女性の礼装です。大振袖、中振袖、小振袖(コレは諸説さまざま)があり、普通は中振袖を指します。大振袖は今は花嫁さん位しか着ません。
小振袖(袖がちょっと長い小紋と言う人もいる)は卒業式の袴に合わせることが多いです。袖丈60cm位。昔の訪問着や小紋はコレくらいの袖丈がありました。
色や柄は様々。訪問着と似た柄行が多いようです。(訪問着が振袖に準じているのですが)又、上半身に柄が無く、袖を切ると色留袖になるものや、袖の柄に工夫があり、袖を切って訪問着に出来るものなど色々です。
※いくらミスの礼装とは云え、30台半ば以降は演歌歌手以外は余り着ないです。
振袖に大中小があることを始めて知りました。振袖は日本の大切な文化ですよね。
振袖は成人式だけでなく卒業式や結婚披露宴、パーティなど様々なシーンで着ることができます。
ぜひ振袖や着付け方法を学んで、着てみませんか??
小袖の袖丈を長くして仕立てた長い袂 (たもと) のある袖をつけた和服をいい,近世には元服前の男女が着用したが,今日では主として未婚の女性が正装の際に用いる。一般に袖丈3尺 (鯨尺で1尺は約 38cm) のものを大振袖,2尺5寸前後のものを中振袖というが,時代によって袂の長さや,袂の形に丸みをつけたり,角形にしたものなど流行がある。

振袖の着付けに必要なもの

◆振袖の着付けに必要なもの

・振袖
・袋帯
・長襦袢(振袖用)
・帯揚げ
・半衿
・伊達衿(重ね衿)
・帯板2枚(後ろ用は小さ目がいい)
・帯枕
・帯締め
・伊達締め2本
・腰ひも4本
・肌着(肌襦袢と裾避けでもいい)
・足袋
・補助用品(タオル・ガーゼ・ヒップパッドなど)
・便利小物(ダブル紐・トリプル紐・きものベルト・クリップなど)

振袖用長襦袢

振袖用長襦袢

振袖用長襦袢は振袖の袖の長さに合わせているので、訪問着など他の着物より袖が長いです。また、襦袢地の柄が大き目のものが多いようです。
半衿・伊達衿・帯揚げ・帯締め

半衿・伊達衿・帯揚げ・帯締め

衿回り、帯回りのこれらの小物は、振袖や帯の雰囲気とマッチしたものを選ぶことになります。

振袖をより華やかに見せる帯結び

振袖の帯は何帯ですか?袋帯?半幅帯?丸帯?なごや帯?つけ帯?お願いします。

10代後半から20代前半のお嬢さんが着るのだとすると、袋帯か丸帯が一般的だと思います。
振袖だと帯を変わり結びにすることが多いですから、その点でも袋か丸になるでしょう。
但し、振袖は礼装なので「お洒落袋」と呼ばれる遊び着用の袋帯は合いません。

振袖には主に礼装用に使用される袋帯を使用します。
袋帯

袋帯

袋帯とは、表の生地と裏の生地が分かれており、主に正装用の帯結び、二重太鼓が結べる長さのある帯を指します。
文庫系帯結び

文庫系帯結び

左右に大きな羽根がふんわり下がるのが特徴の文庫結び。羽根の大きさや特徴をアレンジすることで多彩な印象となります。
ふくら雀

ふくら雀

ふくらみのあるお太鼓とたれが特徴のお太鼓系変わり結びです。古典的で女性らしい優しさあふれる印象となります。
雅子様、紀子様など皇室の女性の多くがこの帯結びを好まれるようです。
ここでは家で出来る振袖の着付けや帯結びの方法の動画をご紹介します。
着付けの心得がある人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

振袖を着せてみよう.mp4 – YouTube

手塩にかけて育てた大切な娘、 20歳のお祝いに自分の手でお振袖を着せてあげたい! そんな思い出考えてみました。 是非貴女もチャレンジしてください。 さあ一緒に着付けてまいりましょう。

まとめ

振袖は若い女性の礼装として昔から愛されています。
最近では自分で着付けをせず、美容院などで着付けをしてもらう事が多いですが、
それでも着付けの時に揃えるべきものや方法にについて一通り頭の片隅に入れておいた方が、
より美しくより華やかに振袖の着こなしを楽しめるのではないでしょうか。

ここでご紹介したのは振袖についての基礎知識ですが、
その歴史や流行の変遷をもっと深く掘り下げて調べてみると中々奥が深いものです。
まずはぜひネットや市販の書籍などをチェックしてみてください。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |