個人再生をしてもクレジットカードは使用できるの? | キュレーションメディア

個人再生をしてもクレジットカードは使用できるの?

個人再生をしてもクレジットカードを作成もしくは利用する事はできるのでしょうか。とても気になる問題ですね。個人再生後のクレジットカードの使用に関して、クレジットカードが利用できる状態についてなどを調べてみたいと思います。

個人再生とクレジットカード

Free photo: Plastic Card, Payment, Money - Free Image on Pixabay - 1647376 (13813)

1円でも残債が残っているクレジットカードは強制的に整理対象となり、使えなくなります。
全く使用していなかったクレジットカードなら、手元に残りますが、これも前述したように、「与信のタイミング」もしくは「更新のタイミング」で解約されることになります。
そして、使っていないクレカが手元に残っていたとしても、自己破産の免責が下りる前や個人再生の申し立てが通る前に、買い物などで使用してしまい、裁判所にバレてしまうと最悪の場合、詐欺罪となりますし、免責や申し立てが通らない可能性もあるのです。
個人再生を行ってもクレジットカードを利用することが出来るのかと言うのは、個人再生を行う方にとっては気になる事ですよね。
実際には、個人再生を行えばクレジットカードの利用はすることが出来ません。
そして、個人再生を行うと決まっているのにも関わらずにクレジットカードを使用すると問題になります。

与信について

どういうものかと言いますとキャッシングなどの決められた枠の範囲内であれば自由に借り入れできる契約のことを包括契約と呼んでいまして、1ヶ月の貸付が5万円以上であり、かつ貸付残高が10万円以上ありますと、毎月途上与信を実施しなければなりません。。

また当月の貸付が無い時でも、貸付残高が10万を超える場合は、3ヶ月ごとに途上与信を実施しなければなりません。

当然のことながら、与信管理の過程で個人信用情報機関に異動情報(延滞などの事故情報)があれば更新されない。

Free photo: Business, Card, Credit, Debit - Free Image on Pixabay - 15721 (13815)

与信とは、クレジットカードの利用先である金融機関が、信用情報を照会すると言うことです。
これは、借入金額により異なりますね。

与信のタイミング

途上与信のタイミングはクレジットカード会社によってまちまちです。
銀行系カードは2~3か月おきに利用状況の情報開示をされているようです。
特に、枠いっぱいまで使っている利用者については過剰に与信枠を設けすぎではないかということで途上与信が行われます。
あまりないケースではありますが、ずさんな管理を行っているクレジットカード会社も少なからず存在します。限度額いっぱいまで使っている利用者がカード更新できたり、利用履歴のない人が会員を強制解除させられたりといったケースが存在します。
私は毎月イベントのように自分の個人信用情報を開示してますが、どうやらステータス性の低いクレジットカードほど途上与信を頻繁にかけてきてます、やる所は3ヶ月に一回その痕跡があります。
Free vector graphic: Card, Credit Card, Credit, Business - Free Image on Pixabay - 1673581 (13814)

与信のタイミングというのは、金融機関によってまちまちのようです。
毎月きっちり行う所もあれば、そうで無いところもある可能性もあります。
個人再生を行うと決めていればこの与信までの期間は利用出来る可能性もあります。
ですが、冗句の通り詐欺罪に問われかねない使い方は控えましょう。

使用出来るまで

Free illustration: Clock, Time, Holidays, Sand - Free Image on Pixabay - 1592964 (13816)

① 個人再生を申し立てようと考えている段階ではクレジットカードを作るべきではありません。
② 個人再生の手続き中にも、クレジットカードを作るべきではありませんが、そもそも作ることができないと思われます。
③ 弁済期間が満了し個人再生の手続きが終わった場合に、またクレジットカードを作成したい場合でも7年から10年官報に基づく情報を信用情報機関は保有していますので、クレジットカードを作成したい場合のクレジットカード会社からの照会には個人再生した旨の情報が回答されるものと思われます。
個人再生を行う際には、カードに関する事も全て報告しなければいけませんので、利用している金融機関には、通知が行くことになります。
通知が来れば信用情報機関に事故情報として記載されることになります。
そうなると借入も使用も、新たに作成するのも難しくなります。
そして個人再生の返済が終了しても7年程度は新たなクレジットカードの作成は難しくなります。

短期間で作成出来る可能性

Free photo: Credit Card, Bank Card, Theft - Free Image on Pixabay - 1591492 (13812)

一般的には、個人再生の事実が信用情報機関に事故情報として登録されている間は、新規でクレジットカードの作成をすることはできません。ただし、申請者の勤務先や勤続年数、年収等によっては、個人再生後2~3年でカードを作れるケースもあります。クレジットカードの審査基準は各クレジットカード会社によっても異なりますので、個人再生後、早めにカードを作りたい場合にはカード会社に確認してみましょう。
個人再生の返済義務が終了すれば、金融機関もしくはご自身の仕事内容等では短期間でクレジットカードの作成が出来る可能性もあります。
ですので、個人再生をしたからクレジットカードが一生利用できないわけではありません。
クレジットカードを利用することは出来なくなりますが、個人再生はとてもメリットの多い債務整理方法ですので、クレジットカードだけでの判断で個人再生を行うかどうかの判断は止めておきたいですね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |