【現実的に可能?】和解後に再び任意整理はできる? | キュレーションメディア

【現実的に可能?】和解後に再び任意整理はできる?

任意整理は、我々の重要なライフラインの一つです。これによって大幅に借金の苦労が減るのですが、それでも借金返済で苦労するという事があり得ます。その場合に、再び任意整理が出来るかが気になるわけで、今回はそれについて述べていこうと思います。

任意整理は重要な約束事

しっかりと

しっかりと

書面などを通して細かい約束をしたわけですから、それを裏切ってしまうと中々再任意整理には応じてくれないと思われる方もいらっしゃいます。
貸金業者は、任意整理後の返済が滞ったら、裁判を起こすことがあります。そうなると、自宅などに裁判所から通知が届くことになります。
対応しなければ相手の言い分が全面的に認められることとなり、最終的には、銀行口座や給料などの差し押さえがなされる可能性があります。
任意整理は裁判所を介していませんが、こうした場合ですと法的拘束力があるので、最悪差し押さえの危険も出てきますので、対応したいところです。
通常、任意整理の和解書には「○回以上返済を怠った場合は、残債務に損害金を付して一括して返済する」といった条項が定められています。

上記の条項がある場合、和解書に定められた回数以上返済が滞ったときには、債権者から一括返済を求められることになりますが、多くの場合、一括返済をすることは困難です。

業者さんに少し無理を言って、減免してもらったわけですからそれに問題が生じれば、全額支払ってほしいというのは当然の話です。とはいえ、支払う事が出来ないので払わないわけですから、やはり任意整理が必要になってくるのは自明の理です。

依頼した弁護士の信用まで無くしてしまう?

特に任意整理では、和解契約の締結後も、支払いの延滞などがあるとまずは債務者本人ではなく弁護士事務所などに連絡がいくことも多いから、2回以上の延滞が続くと辞任されてしまうことが多いね。
任意整理後の経過が上手くいかなかった場合は、お願いした弁護士に見捨てられ、一括請求までされることになります。絶体絶命と言える状態ですが、2度目の任意整理をするしかありません。出来るのでしょうか?

しかしその和解案では辛くなる

小規模の修正なら応じてくれますが…。

「期限の利益を喪失する」とは、それまでのような分割払いではなく、全額を一括払いしなければならないということです。さらに、期限の利益喪失後は、残額について利息を加算して払うとなっている契約書もあります。

この2回分というのは、たとえば支払い月額が1万円だったとすれば、不足金額が2万円以上になった場合のことを指します。仮に約束の支払い日を何度も過ぎているとしても、不足金額が2回分以上にならなければ、契約上は期限の利益を喪失しないことになります。

この場合ならば、応じてくれる可能性は大きいです。しかし、更に悪化すると長期化の恐れがでてきます。
任意整理は、債権者と交渉して借金返済方法を決め直す手続きですが、その際利息をカットして借金返済額を減額出来るので返済が楽になります。

返済を遅延して、電話や葉書で督促(催促)が来ていたり、遅延損害金(延滞損害金)の請求が来ている状態でも任意整理は可能です。

しかし、任意整理では手続き後支払いが残ってしまうので、この支払いが途中で苦しくなることがあります。

そこで再和解という手段を模索したくなります。

難易度は高いものの出来ないわけではありません。

人によっては

人によっては

両方の意見が出てきますが、しっかりと熟知しておけば出来ないはずはありません。
1度,任意整理をしたからといって,もう1回任意整理をすることはできないという制限はありません。したがって,もう1回任意整理を行うということは不可能ではありません。
実は2度目をしてはいけないというルールは存在しません。
一度和解が成立した後の交渉を「再和解」といいますが、実は再和解というのは困難を極めます。

貸金業者からすれば2度目の契約破棄をされたことに変わりありませんので、交渉にも慎重にならざるを得ません。ただでさえ信用を失った状態ですので、個人による交渉では積極的に応じてもらえない可能性が高いです。

しかし、任意整理を専門家に依頼していた場合、再和解であっても貸金業者側もある程度は柔軟な対応をしてくることが多いです。

相手からすれば、2度も裏切られたわけですから、個人では難しいという事です。しかし、その道のプロならばなんとかしてくれることはあるのです。

具体的にはどうやるか?

1つの選択肢としては、新しい弁護士をもう一度、選任して任意整理の交渉にあたる、という方法です。
こうした二度目の任意整理を得意としている弁護士の方は、意外にいらっしゃるそうです。ですから、探してみるのも一考です。
借金返済が出来ずに任意整理した後、その返済が苦しくなって再度債権者と話し合って和解することを再和解と言います。

再和解自体は可能ですが、再和解に応じない業者も多く、収入に比して借金額が多すぎる場合には再和解は不可能です。

任意整理の再和解で解決出来ない場合には、個人再生や自己破産で解決することが有効です。

しかし、自己破産をちらつかせる場合は、相手が応じる可能性がありますからそこはプロと相談しておきたいものです。
常識的な計画を立てましょう。

常識的な計画を立てましょう。

状況を下方修正するにしても、相手が納得できそうな着地点があります。そこを弁護士と相談したいところです。
弁護士でしたら、門外漢ではできるはずもない借入金整理手法だったり返済プランニングを提示してくれるでしょう。尚且つ法律家に借金相談するだけでも、気分的に緩和されると想定されます。

尽きることのない催促に困っている場合でも、債務整理を専門とする弁護士事務所に頼れば、借金解決までそれほど日数は掛かりませんから、いつの間にか借金で困惑している暮らしから逃れることができるでしょう。

ちょっと難しいけれども、相手が納得できるような計画を立てる事が出来れば完璧です。

終わりに

このように、再和解は簡単にできるものではありません。しかし、得意としている弁護士の方や、綿密な計画を立てる事によって、その道は開ける事がありますからあきらめてはいけません。それでもだめなら自己破産などの対策を採りましょう。しかし相手も最大限お金が手に入る事が重要な目的ですから、最後まであきらめてはいけません。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |