【人生をリセット】自己破産ができる人・できない人の違い | キュレーションメディア

【人生をリセット】自己破産ができる人・できない人の違い

借金でどうにも首が回らない、このままでは生活できない!そんな八方塞がりの状態から抜け出すひとつの手段が、自己破産です。全ての借金を帳消しにすることができますが、自己破産出来る人と、出来ない人が存在します。その違いをまとめてみました。

自己破産とは

 (9325)

自己破産とは、裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」というものをもらい、全ての借金をゼロにするという手続きです。
財産はお金に換えて、債権者に配当されます。裁判所で定める基準を超えない財産(20万円以下の預貯金など)は手元に残すことができます。
保証人になっていない限り、家族に迷惑がかかることはありません。家族がローンを組む時に悪影響があることもありません。
借金を全て免除してもらい、新しいスタートを切ることができます。
生活を立て直すための僅かなお金は手元に残しておけますし、家族に迷惑がかかることもないんですね。

ただし、誰でも自己破産できるわけではありません

78492754 (9326)

自己破産を申し立て、返済を免除してもらうためには、条件があります。
そう簡単に、借金はチャラになりません!
自己破産できるかどうかは、申立人に破産原因があるかないかで変わってきます。

つまり、破産原因がなければ、自己破産は認められないということです。

破産原因とはつまり、借金の支払いが不能であるということです。
ただ単に借金の支払いがキツいからと言うような事情では、まず認められません。

自己破産に必要な条件とは

 (9327)

借金返済に当てるための財産を有しない者
借金返済に当てる金銭を調達することが難しい状態にある者
すでに履行期にある返済が滞っている者
継続的かつ客観的に見て、弁済能力がないと判断できる状態にある者
この4つに当てはまっていれば、支払い不能であると見なされ、自己破産の申し立てが出来るということになります。
手持ちの現金がない状態であったとしても、自動車や不動産などの財産があるのであればまずは処分を行い、返済に充てなければなりません。

この点について明確な基準はありませんが、換金できる財産を換金し、その金額すべてを返済に充てて最後に残った債務が、
「収入から最低生活費を除いたあとの金額で3年以内に返済できる金額であるかどうか」
が焦点になることが一般的といわれています。

売れる物は売って、それでも多額の債務があると認められなければならないんですね。

では、自己破産が出来ない人って?

 (9328)

借金を負ってしまった原因がギャンブル(パチンコやスロット、競馬、競艇)などの場合には、自己破産の手続きをとったとしても、
基本的には免責が下りないことになっています。
買い物などの浪費も、基本的には自己破産できないとされています。
元々はギャンブルをするために借金をしてしまった、また負けこんでしまって借金をするしか無かった
という方が生活するためのお金も無くなってしまって消費者金融などから借り入れを繰り返し、気づいたら膨れ上がってしまっていたという場合などには、自己破産の免責がおりるというケースもあります。
ギャンブルや買い物などの浪費が原因で借金が嵩んだから、もうどうしようもないというわけでもないんですね。
ただし、きちんと反省し、生活を改めるという姿勢を見せなければなりません。
破産法上,すべての債権者は平等に取り扱われるのが原則です(これを,「債権者平等の原則」といいます)。これは親兄弟であろうと,貸金業者であろうと変わりありません。一部の方にだけ支払いをして,他の債権者の支払義務をなくすのは,上記の債権者平等の原則に反することになるので許されません
一部の債権者は例外、これからも返済していくということは出来ません。
消費者金融からの借金も、親友から借りたお金も、全ての借金が対象になるというわけです。
給与所得者等再生計画による返済の途中で、なんらかの事情により返済を続けていくのが厳しくなり、残高について免責(いわゆるハードシップ免責)受けた場合、その免責決定が確定してから7年以内の申し立てであること
これも、免責が下りない理由のひとつになります。
つまり、7年以内に自己破産などの債務整理を行なっていると、自己破産できないのです。
しかし中には例外もあり、7年以内であっても免責が下りることもあります。
裁判官の判断で免責を下ろすことで再スタートのチャンスを与えても良いと判断した場合に限り免責許可を出せるようになっているからです。これを「裁量免責」といいます。
裁量免責とは、どのような理由や経緯で自己破産の申請に至ったのかなどを総合的に判断して、止むえない事情や本人が真摯に反省している態度などが見受けられる場合に、特別に免責を許可することです。

例えば、一度自己破産していても、その後子供が大病を患い仕方なく借金をしたという場合や、夫が不慮の事故で怪我をしてしまい就業することが困難になり生活していく上で仕方がない場合などの借金というような場合に、この裁量免責が適応されるケースがあるのです。

職業によって、自己破産が出来ない場合もある?

 (9329)

自己破産の申立てをした場合、 警備員や生命保険募集人などの一定の職業・資格などに一時的に就けなくなります。 しかし一生その職業・資格などに就けなくなってしまうという事ではありません。 破産手続開始決定から復権を得るまでの間の資格制限です。自己破産の手続きが終われば当然に就業・資格制限はなくなります。
特定の職業に就いているからと言って、自己破産が出来ないことはありません。
ただし、弁護士や司法書士など、一時的に資格が制限される職業は存在します。
自己破産をしても戸籍や住民票に掲載されることはありませんので、通常であれば会社にばれることはありません。
もし、自己破産をしたことが会社に知られてしまっても破産を理由に会社をクビにすることはできませんし、辞める必要も一切ありません。
自己破産をしても、仕事を辞める理由にはなりません。
正社員、アルバイト、パートなど、雇用形態が違っても同様です。

まとめると…

 (9330)

財産と呼べるものがもう何もなく、必死で働いて得た収入を返済に充てても追い付かない場合、そしてギャンブルなどで作った借金ではない場合には、自己破産という道を選択できるようです。
逆に、いい加減な生活をしていたせいで借金が膨らんだ場合や、7年以内にも債務整理をしていた場合、一部の債権者にのみ返済していた場合などに当てはまると、自己破産は出来ないかもしれません。
自分のケースが当てはまるのかどうかは、弁護士事務所の無料相談などで聞いてみるのも良い方法です。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |