看護師さんにとって十分な知識が必要な転職先<リウマチ科>挑戦してみてはいかがですか? | キュレーションメディア

看護師さんにとって十分な知識が必要な転職先<リウマチ科>挑戦してみてはいかがですか?

単科の病院は部署の移動もないので、転職しない限りずっとリウマチ患者の看護を続けることができます。安定した職場としてはいい転職先だと思います。

リウマチは年々増えてきているようです。患者さんのメンタルヘルスケアをするということがリウマチ科においてとても重要な役割となる訳です。看護するという仕事としてはとてもやりがいがあると思います。リウマチの痛さに対しての看護は、看護師としての大きな役割を果たすと思います。

リウマチ科

 (7163)

リウマチ科とは、関節やその周囲に腫れや痛みを伴うリウマチを中心とした自己免疫疾患(外部から侵入した異物を排除する免疫システムが自己成分に反応し、抗体やリンパ球を産生することで、それらが細胞や組織を傷つけることで起きる疾患)の診察・治療をおこなう診療科です。

治療には、薬物療法や外科的治療、リハビリテーションなどが行われます。

リウマチの中でも代表的なものが関節リウマチですが、関節リウマチは高齢者の病気と思われがちですが、30歳代でも発症の可能性があり、比較的若い女性に多い病気です。

全身の関節に腫れや痛みを伴い、放っておくと日常生活に支障をきたすことがあります。しかし、現在では治療法も進歩し、血液検査やレントゲン、MRIなどで早期に診断・治療を開始することで、通常の生活が送れるようになってきています。

リウマチ科の仕事・役割

 (7164)

リウマチは、筋肉や関節の痛みをともなう病気のことで、特に年配の方が診療に訪れることが多い診療科です。リウマチ科での看護師の仕事は、医師の指示に従い尿検査や血液検査などの検査、注射や点滴などがあり、主な治療法は薬物療法です。


リウマチは生命に直接かかわる症状はほとんどありませんが、完治することが難しく、そのことからも長くリウマチの病気と闘っている患者が数多くいます。リハビリを長期にかけておこなっていくことは、患者の心身にとっても大きな負担となるため、リウマチ科の看護師は患者の心身のケアをおこなっていくことも求められます。

リウマチ科で働く看護師に必要なスキル

 (7165)

リウマチ科の看護師は、患者さんが少しでも痛みを感じないようなサポートを全力で行うことが大切です。痛みのある疾患は、患者さんにとって辛いものですし、その中でもリウマチは完治することがないとされている病気ですから、一生病気と付き合っていかなければなりません。

将来的なことを考えると不安も感じるでしょうし、手の関節などが変形することによって思うように動かせなくなる不自由さもあります。そんな患者さんのストレスに寄り添い、コミュニケーションを取りながら看護していくことが必要です。

また、体を動かすことに支障がある患者さんについては、食事や排せつの介助を行う場合もあります。

十分な知識が必要

 (7166)

リウマチ科で働く看護師には、まずリウマチに関する十分な知識が必要です。リウマチという言葉が指すのは2つのケースがあり、まずひとつは関節リウマチを差す場合。そしてもうひとつは、関節リウマチも含めて関節や筋肉、骨などに起こるリウマチ性疾患を差す場合です。

この場合は関節リウマチ以外にも、痛風や膠原病などが含まれており、リウマチ科ではこれらの治療を行うことも少なくありません。関節リウマチというのは、関節の内側を覆う滑膜に炎症が起こり、それが軟骨、骨にまで進行していく免疫性の疾患で、根本的な原因や治療方法が確立されていない難病です。

患者さんは、関節の変形や痛みと戦いながら、長い治療を続けていくことになります。

リウマチ科では看護師のケアがとても重要!

 (7167)

リウマチ性疾患というのは、原因がはっきりわからないことや、昔に比べると治療の選択の幅は近年では大分広がってはきているもののやはり完治は難しいということがあり、難治性の慢性疾患であると言われています。

そのような慢性患者さんが多くいる中、リウマチ性疾患の慢性的な痛みや苦痛、関節のこわばりなどといった症状からくる動きの制限などが日常生活への支障をきたしている、長いスパンで薬を使い治療をしても全然良くならない、治療が長期間になるということから治療費が大きくなり負担になってくる、など多くの精神的負担もとても大きくあり、患者さんのメンタルヘルスケアをするということがリウマチ科において看護師のとても重要な役割となります。

働く場は総合病院が◎

 (7168)

リウマチ科は単独で診療科を持つ病院よりは、外科やリハビリなどといった他職種との連携が重要になることから連携が取りやすい診療科目を複合的に機能させることのできる総合病院の中の一つとして機能しているケースが多いと言えます。 中には内科などと合わせてリウマチ科を扱うクリニックなどもありますが、リウマチ科だけに特化した職場となると探すのは難しくなると思います。

都心部では内科などと合わせてリウマチ科を機能させているクリニックを見つけることも視野に入れて就職先を探すこと、都心部以外の地域では総合病院などを中心にリウマチ科を機能させている病院を探してみることをオススメします。

リウマチ科の看護師求人

 (7169)

リウマチ性疾患の治療は主に薬物療法です。骨の代謝や免疫の異常が発症に関係していると言われていますが、まだまだ解明されていない部分も多く、消炎鎮痛剤やステロイドによる対症療法により症状の緩和がはかられます。また免疫力を弱め、体質を改善することで病気の進行を抑える治療も行なわれています。

患者さんの多くは高齢者で、長期間薬物療法を続けている慢性患者さんが多いのもリウマチ科の特徴の一つです。よってリウマチ科で働く看護師は、長い間痛みや愁訴のある患者さんに寄り添い、その痛みを理解し、日常生活を少しでも安楽で質のいいものにするための働きかけができる人が向いていると言えるでしょう。

また服薬指導、リハビリの奨励など、患者さんが病気と上手く付き合っていけるよう説明をしたり、励ますことができる温かなコミュニケーション能力も欠かせません。

合併症のある患者さんも多い

 (7170)

リウマチ性疾患は単独ではなく、他に合併症のある患者さんも多いため、内科やその他の診療科で総合的に治療することがよくあり、医療機関も内科との併設、総合病院の中の一診療科として機能していることが多いようです。ですから看護師の求人もリウマチ科単独のものを見つけるのは簡単ではありません。

どうしてもリウマチ科だけに絞り込みたい場合は選択肢が少なくなると思った方がよいかもわかりません。リウマチとその背景に潜む基礎疾患の治療を総合的に行うことができる医療機関で、内科、リウマチ科、整形外科などの知識と看護技術を身に付けていくのも自身の経験を積む上でとても役立つのではないでしょうか。

リウマチ科で働く看護師の声

リウマチ専門の病院で働いている看護師です。リウマチは、体の一部が動かなくなったり変形したりして、激しい痛みが伴います。なので、患者さんとお話ししてコミュニケーションをとることは欠かせません。痛みに耐えて治療に取り組む患者さんを励ますことも大切なお仕事のひとつです。

私は今、登録リウマチケア看護師の取得に向け勉強しています。これは、リウマチ治療の中で他職種とのチーム医療が重要視されている中、リウマチ性疾患のケアに優れている看護師を育成し、協働することによって患者さんへ高い水準の治療を提供することが目的で作られたものです。もっとスキルアップして、患者さんに寄り添えるような看護がしたいです。

リウマチ科で働く看護師のメリット

 (7171)

リウマチ科で働く看護師のメリットは、患者さんに寄り添った看護ができるということでしょう。リウマチは辛い病気であり、入院が長期に及ぶことも少なくありません。患者さんは痛みがある中で不安に感じることも多く、看護師はそんな患者さんをサポートする必要があります。

リウマチは患者さんによって症状や痛みの程度がかなり違いますので、ひとりひとりに合わせた細やかな看護をすることが大切です。じっくり患者さんに向きあった看護をしたいという看護師には、メリットのある職場だと言えるでしょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |