脳神経科で活躍する「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師」とは? | キュレーションメディア

脳神経科で活躍する「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師」とは?

脳神経科のお仕事の一つは、脳卒中患者を助けることです。この分野のスペシャリスト「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師」の仕事内容や、働き甲斐を考えます。

脳卒中は「手術の後」も大変

脳卒中は日本人に多い病気で、重い後遺症を残し寝たきりになる原因疾患となっています。
他の病気と異なり脳卒中は、一命をとりとめてもしばしば身体の麻痺や言語障害などの後遺症が残ります。
 (962)

脳卒中では手術が成功しても、後遺症が残るケースが多いです。

脳卒中の後遺症を緩和するには

重篤化の予防ケアを行うほか、機能障害を最小限に抑えるために早期からリハビリテーションを進めていくことが重要です。
 (965)

早いうちに始めるリハビリが大切です。

そこで活躍するのが「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師」

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は脳卒中急性期の病態や治療を理解し、重篤化の回避、合併症の予防に努め、リスク管理を行いながら安全に離床を進めていく役割を担っています。

「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師」が必要な理由

脳外科の患者さん、特に脳卒中の患者さんは、リハビリ過程で看護師がどれだけケアをしたかによって、今後の生活の機能が違ってきます。
 (981)

「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師」は2010年に新設された資格です。
脳卒中リハビリ看護が認定看護師として新たに加えられたのは2010年、これは高齢化に伴って脳卒中患者が増加したこと、また寝たきりになる原因の第1位が脳卒中であることから、この分野で看護のエキスパートが必要と認められたことによります
via http://www.oceanindian.com/看護師のキャリアアップ/認定看護師へ看護師の資格でキャリアアップ/脳卒中リハビリテーション看護認定看護師になるには/
 (989)

脳卒中で寝たきりになるのを防ぐことが期待されています。

「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師」の仕事内容は

脳卒中急性期において脳組織が受ける影響に関する的確な臨床判断、重篤化を防ぐためのモニタリング、ケアに必要な知識と技術が第一に必要です。また、患者さんの各期を通じて一貫した生活再構築のプロセスについて管理し、セルフケア能力を向上させるための計画的なサポート能力も大切です。
看護師の役割は、病態も含めた全人的に患者を把握し、リハビリテーションが行える判断と行える体を作っていくこと、24時間の日常生活の看護ケアを、生活再構築に向けての関わりが計画的にできるかが重要となります。

「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師」のやりがいとは

脳へのダメージの大小にもよりますが、看護師の努力次第で、患者さんはしゃべれるようになったり、歩けるようになったりする場合もあります。看護師の力量を実感できる領域なんです
 (986)

脳にダメージを負って話せなくなっていた人が、もう一度話せるようにお手伝い出来たら大きなやりがいを感じます。

「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師」になるには

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師となるためには、看護師として通算5年以上、脳卒中リハビリテーション看護関連分野での通算3年以上の実務経験のある者が、615時間・約6ヵ月の研修を受けて、日本看護協会認定看護師認定審査に合格し、資格認定を受けることができます。
寝たきりの原因No1である脳卒中をケアできる資格が、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師です。
看護師のリハビリ次第で、寝たきりにならずにすむ患者さんもいます。患者さんの生活の質を大いに高められる仕事でやりがいも大きいです。
今後も必要性は高まっていきますので、転職にも有利な資格と言えます。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |