オススメのアルガンオイルの使い方!知らない使い方もあるかもしれません。参考にしてください! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

オススメのアルガンオイルの使い方!知らない使い方もあるかもしれません。参考にしてください!

オイルと聞くとスキンケアの最後に使うと思いがちですが、アルガンオイルのパワーを最大限に生かすためには「洗顔後、すぐに」アルガンオイルを使用。使用量は1〜2滴で充分です。

知らなかった!アルガンオイルの使い方!

ネットで沢山アルガンオイルの使い方が見つかりますが、どの使い方がいいの?とか、さっき見た使い方どうだっけ?など、ちょっと面倒くさいものですね。今まで知らなかった使い方や、再認識の使い方。もう一度確認してみてください。自分勝手に使って失敗しないために。

クレンジングがつらいときにも、アルガンオイルを

 (4032)

お肌の乾燥がひどいときやピリピリとした刺激を感じるとき、いつも使用しているクレンジングがつらいことってありますよね。そんな時にもアルガンオイルは有効です。

クレンジング剤に1〜2滴のアルガンオイルを混ぜて、そっとやさしくクレンジングしてみてください。クレンジング後のお肌が、なんだかふっくら柔らかくなっていることに気付くはずです。またオイルですから、ポイントメイクのクレンジングにも使えます。お試しください。

マッサージクリームに混ぜるだけで、高機能化粧品に!

 (4033)

もしマッサージをする習慣があるのでしたら、お手持ちのマッサージクリームに1〜2滴アルガンオイルを混ぜて使用してみてください。リーズナブルなマッサージクリームも、アルガンオイルを混ぜるだけで高機能化粧品なみの効果を発揮します。このお得感はクセになりますよ。

アルガンオイルはブースターとして使えることが特徴です。

 (4034)

お風呂上りや洗顔後に何滴か手のひらにとって、やさしく顔に伸ばします。 リンパの流れに沿って軽くプッシュしたり、パーミング(まぶたを手のひらで覆う)したり、リラックスして伸ばしてあげると良いでしょう。 デリケートな目元の皮膚でも使えるオイルです(もちろん個人差がありますので、刺激を感じる人は使わないほうが無難)。

オイルの効果で皮膚が柔らかくなったと感じられたら、化粧水をつけて、乳液や美容液などのお好みのケアに移ります。

アルガンオイルとスチーム美顔器でセルフエステ

 (4035)

私はアルガンオイルをのばした上で、スチーム美顔器を使ったりします。 アルガンオイル+スチーム美顔器はとってもリラックスできるし、目に見える効果が出やすいので本当におすすめです。

私は1日5分の使用で毛穴が小さくなりました。 スチーム美顔器は使いおわってから収斂化粧水やアイスパックを当てるなどして毛穴を閉じさせてあげると良いそうです。

全身に使える・いつでも使える

 (4036)

アルガンオイルを使っていて驚くのは、「刺激が少ない」ことと「強い浸透力がある」ことです。

食用にもなるオイル(※皮膚用のオイルはそれ用に精製度が高くなっているので、食用を流用することはあまりおすすめしませんが)なので口の周りもOK。目の周りにも使えます。

髪の毛やつめの生え際に使ってもベタつかず、使用感が大変良いです。また、クオリティの良いオイルはにおいも気になりません。

顔の日焼け止めと一緒に使用するのもおすすめです。

 (4037)

まず、洗顔後すぐにアルガンオイルを一滴 ハンドプレスで軽く温めてから やさしく肌に塗り浸透させます。 その後、化粧水やオールインパックなど 日ごろ使用している基礎化粧品をつけます。 次に日焼け止めをいつも通りに塗っていきます。

するとどうでしょう! 日焼け止めがスーッと伸びていきます! 日焼け止めの後は いつも通りにメイクをしますが パウダーファンデーションを塗る前に 軽くティッシュを当てティッシュオフして 肌を落ち着かせます。

日焼けのケアに使われてきた

 (4038)

古来日焼けのケアに使われてきた歴史もあり、光毒性は低いと考えられています。ですから、いつでもどこにでも使えるんです。

※光毒性とは:日光に当たると反応して日焼けや肌荒れの原因となる性質です。柑橘系のオイルなどが有名で、そういった成分を配合した化粧品は朝使わないで夜に使うように、ということになっていたりします。レモンでパックをした後に日光に当たらないように、なんていう話が有名ですね!

オイルパックとして使う

 (4039)

①いつもの洗顔の後、アルガンオイルを500円玉位の量を手に取り顔全体に塗ります。

②下から上へ軽くマッサージを行います。

③お湯に濡らして絞ったホットタオルを顔にのせます。

④3分~5分たったら、軽くぬるま湯で顔をすすぎます。

ボディスクラブとして

 (4030)

①アルガンオイル5ml~10mlに粒子の細かい塩を30~40g加えます。

②しっかり混ぜます。お好みでオレンジやゼラニウムなどのアロマオイルで香りづけを行うとほんのり香るのでおすすめです。

硬くなりやすいヒザやヒジもつるんとした仕上がりになります。※保存には向いてないので、その都度使い切るようにしましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |