【育毛剤?発毛剤?養毛剤?】それぞれ何が違うの? | キュレーションメディア

【育毛剤?発毛剤?養毛剤?】それぞれ何が違うの?

薄毛の治療について調べていくと育毛剤、発毛剤、養毛剤といった種類を目にすることがありますね。それぞれの特徴を把握して、自分に適した薄毛治療を行いましょう。

養毛剤とは?

発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い (932)

養毛剤は、脱毛を防ぎ、髪を健やかな状態に保ちます
「養毛剤」と呼ばれるものがあります。
これは、髪の毛や頭皮に栄養をいきわたらせることによって、髪の健康を維持することが目的になっています。
髪の毛や頭皮に適度な油分と水分を与えることにより、髪のダメージ(外部からのもの)から保護する役割や、痛みを修復する効果があります。
脱毛を抑えて、毛髪を保護するのを目的としています。 栄養成分や保湿成分、皮脂・フケを抑える成分などが主流に配合され、効きめがおだやかな化粧品に分類される商品が多いです。最も手軽に利用できるタイプのものになります。頭皮の環境を整えて今ある髪の毛の脱毛を防ぎ、髪を健康に保つ働きが期待できるのが養毛剤です。
養毛剤は、薬事法上は化粧品に分類されています。
頭皮と髪の毛に医薬品というよりも各種の栄養成分を補給し、頭皮と毛髪の健康を維持することで抜け毛の防止・予防と髪の成長を促進させます。

育毛剤とは?

育毛剤の副作用まとめ【こんなにたくさん....】 | ハゲラボ (934)

育毛剤は、フケや痒みを抑えながら、血行を促進し、毛髪の成長を促進させます。
育毛というのは、今ある髪をしっかりと育てていくことです。
育毛剤であれば、脱毛を予防したり、フケやかゆみをおさえ、丈夫な髪を育てることになります。
そして、頭皮環境を整えることになるため、薄毛部分からの発毛も期待することができます。
毛髪の成長を促す成分が主体になった製品です。 養毛剤と似ていますが、今ある毛髪の成長を促し、脱毛を予防する効果を主目的にしています。育毛剤には、医薬品や医薬部外品に指定された商品が多く、有効成分が配合されていることから、養毛剤よりも高い効果が期待できます。

発毛剤とは?

抜け毛・ハゲ対策の発毛剤・育毛剤|ムダ毛処理・抜け毛予防対策ネット (935)

発毛剤は、細胞に働きかけ、新たに生えてくる毛髪のサポートをします
効果が出やすい順に並べると、発毛剤ー育毛剤ー養毛剤となります。
じゃあ発毛剤が良いの!?となるかもしれませんが、効果が強い物には副作用がある場合もありますし、このような発毛や脱毛に関する物は、自分の状態や体に合っていなければ、
効果を発揮することは出来ません。
発毛剤は、毛母細胞の活性を働きかけ、新生毛の発育を助ける効果があります。ですので、発毛剤は、新しく生えてくる髪を大切にしたい方にお勧めです。
毛母細胞に作用し、脱毛後に新しく発毛させることを目的とした商品です。 養毛剤・育毛剤が既に生えている髪の毛の状態を維持するものであるのに対し、発毛剤は積極的に髪の毛を発毛させるために、毛母細胞の活性化や細胞分裂が期待できる成分が配合されています。 発毛剤は薬事法で医薬品に指定されたものが多く、医師から処方される医療用医薬品と、薬剤師がいる薬局等で購入できる第一類・第二類・第三類医薬品とがあります。

効果が最も高いのは発毛剤だけれど、副作用も出やすい

上司の性格を4つに分けて割り切ると気が楽になる―「自立」と「依存」/「ポジ」と「ネガ」で4種類|「マイナビウーマン」 (936)

発毛は、その名のとおり発毛です。
さまざまな原因により脱毛状態になってしまった状態から、髪の毛を増やすこと。
それが発毛と呼ばれるものです。
発毛剤であれば、毛髪の司令塔でもある毛母細胞の働きを活性化させ、休止期にある毛根から、再び発毛をさせるものとなります。
現在、日本国内で認可されている発毛剤は、
処方箋医薬品と一般医薬品(第一類~第三類)のものが該当します。

一般医薬品は薬剤師または認可を受けた販売者しか販売できないもの、
処方箋医薬品は医師の書いた処方箋がないと販売してはいけないもので、
効果が強い分、厳重に管理されていることがわかります。

代表的な発毛剤として広く使われているものでも副作用の可能性があり、
ミノキシジルは不整脈や血圧低下など、循環器系の副作用が、
フィナステリドは勃起不全など、性ホルモンに関係する副作用が多く報告されています。

育毛剤?発毛剤?養毛剤?どうしたいか目標を明確にして使用しよう。

薄毛が気になりだしたら、思わず育毛剤!と手にしてしまいそうですが、自分がどのように薄毛を治療していきたいのかを明確にしなければいけません。

抜け毛を防ぎたいのか?
ヘアーサイクルが乱れてしまった髪の成長を促したいのか?
髪を積極的に生やしていきたいのか?

どのようにしていきたいのか、自分で考えなければいけません。

写真だと不細工になる!鏡だと自分が美人やイケメンに見える理由4選 (937)

巷には様々な髪の毛に関する商品があります。呼び名も「養毛剤・育毛剤・発毛促進剤」と、それぞれ何が違うのか?と思われる方も多いでしょう。
●養毛剤:脱毛を防止し、毛髪を保護する。
●育毛剤:毛髪の成長を促す。
●発毛促進剤:毛母細胞の働きを活発にし、毛髪が抜け落ちた後に、新しい毛髪が生えてくる手助けをする。

「養毛剤」「育毛剤」に関しては、現存する毛髪に影響を与え、抜け毛の防止・予防を行い髪の成長を促進させる。
「発毛促進剤」になると、新しく生まれてくる毛髪に影響を及ぼすと、捕らえていいのではないでしょうか。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |