育毛剤の成分「ミノキシジル」の効果と副作用について | キュレーションメディア

育毛剤の成分「ミノキシジル」の効果と副作用について

ミノキシジルという成分が発毛に効果的であるということが一般的に知られるようになってきました。しかし、このミノキシジルはちょっとしたクセモノです。副作用も懸念されているミノキシジルについて知っておきましょう。

実は別の治療から偶然に発見された、ミノキシジル

トレンドアフィリで初心者がねらう複合キーワード | トレンドアフィリエイトで残業やめました (235)

大正製薬のリアップ®が日本で発売されてから、発毛剤としてのミノキシジルは、日本でも急速に認知度があがりました。もともとはアメリカで、血管拡張作用がある降圧剤の飲み薬として開発された薬ですが、薬を飲んでいた患者さんの髪や体毛が濃くなったことで、発毛剤として使われる様になりました。降圧剤としての処方は、現在はされていません。
ミノキシジルは元々、血管拡張効果のある高血圧の飲み薬として、アメリカで広く利用されてきました。その副作用によって体の毛が濃くなる「多毛症」が多く発生し、そこから育毛剤としての研究開発が進められたという歴史があります。

今では経口薬だったミノキシジルを、外用薬の育毛剤として利用されることのほうが多いです。このミノキシジルを含んだ育毛剤として有名なのが薬局で購入できる「リアップ」になります。

ミノキシジルは当初、高血圧の方の為の血圧降下剤として開発されました。
その開発の過程において、発毛効果が発見されて、発毛剤として使われるようになったのです。

高血圧の方の血圧を下げるために、血管を拡張させ、血流を良くする働きがあり、それが二次的に発毛効果を生じたのです。

ミノキシジルはアメリカで1970年代に開発された経口降圧剤です。
副作用として、服用患者の毛髪や体毛が濃くなったため、頭皮への外用薬としての臨床試験が行われ脱毛に有効だと発表された経緯があります。
尚、ミノキシジルは現在血圧の薬としては使われなくなっています。

ミノキシジルの効果は?

ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけ、血流を増やす作用があります。血流を増やすことにより、毛根に栄養が多くいきわたり、髪の成長を促します。

ミノキシジルを単剤使用した場合は、すでにある毛根に対しては成長を促しますが、産毛を生やすという作用は多くありません。髪の成長を最も効果的に促進するには『ミノキシジル』と『フィナステリド』の併用することと考えられています。

ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、外用薬については薬局でも購入できますが内服薬については通常の医療機関では取り扱いをしているところは少なく、発毛専門の医療機関で取り扱うことが多いです。

ミノキシジルには副作用も懸念されている

受託開発するのに有利なプログラミング言語って? : 悠々自適プログラマーライフ!自由で楽しいプログラマー生活を (234)

血管拡張作用による様々な副作用が懸念されています。
日本で一番発毛に効果的といわれている成分が、ミノキシジルです。
多くの育毛剤に使用されている成分の一つです。
とても効果が強い分、副作用も多く出てしまう恐れがあります。
ミノキシジルは直接髪を増やす成分ではなく、血管を拡張し、間接的に髪を増やす効果を狙っているだけの成分です。

ですので血管を拡張することにより、発毛効果以外の効果が体に現れることがあります。

これがミノキシジルの副作用です。

血管を拡張するということは、つまり血圧が下がったり、心臓や血管に負担をかけることを意味しますので、体に様々な副作用を引き起こさせます。

ミノキシジルには少し危険な副作用があります。そもそもミノキシジルとは、直接毛を増やす成分というわけではなく、血管を拡張して毛を増やす成分です。

ですので、この際に副作用が現れてしまうことが多いのです。血管を拡張すると、心臓や血管に負担がかかって血圧が下がることで低血圧の症状が現れたりすることがあります。

その他の細かい副作用として、眠気や頭痛、倦怠感などが出てしまう人もいます。
ミノキシジルを外用薬として使用したときには、最も多く報告されている副作用には、「頭皮のかゆみ」です。さらに、頭皮の湿疹や炎症も確認されています。
ミノキシジルの副作用として推察されるものは、以下の症状になります。

使用してしばらくの間は、かえって抜け毛がひどい
体毛が濃くなってきた
動悸など心臓に負担がかかっている
頭皮が荒れてきた
頭痛がひどい
これらの副作用に共通するのは、血の流れや血圧が関係しているという点。栄養が全身に行き渡ることで体毛が濃くなる、皮脂の分泌が過剰となり肌荒れにつながったなど、すべてにおいて血行・血圧に関連する症状が見られます。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
授乳中や妊娠中の女性は使ってはいけません!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
この二つの成分にはとても注意をしてください。

ミノキシジル
フィナステリド
この二つの成分は、非常に高い発毛効果があると、以前のコラムでもお話しをしました。しかしこの二つの成分は、胎児に影響を及ぼす可能性があり、またミノキシジルに関して言えば、血中に溶け込む性質をもっているので、母乳にも影響を及ぼします。

ミノキシジル、不安のある人は医師に相談を

ミノキシジルは高血圧の治療薬として使用されていた過去があるようです。
心臓に不安のある人などが使用する際には、医師に相談することをお勧めします。
冷えを根治するホメオパシーの神秘|今見直される代替医療と統合医療 (232)

もともと心臓が弱い人、何らかの疾患を抱えて治療を行っている人は絶対に避けなければなりません。育毛対策はあくまで健康的に行ってこそですから、ミノキシジルの心臓への負担に関する注意点は必ず踏まえておきましょう。
ミノキシジル配合製品を使ってはいけない人として
ミノキシジルでアレルギーを起こしたことがある人
AGA(男性型脱毛症、壮年期脱毛症)以外の脱毛症の人
未成年
別の頭皮用塗り薬を使っている人
妊婦・授乳中の女性
その他、胸の痛みや動悸、めまい、虚弱、突然の体重増加、顔の毛が濃くなったなどの場合は医師に相談が必要です。
ミノキシジルを使用できない人

高血圧、低血圧の人
心臓、腎臓に障害がある人
むくみがある人
高齢者(65歳以上)
甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症)の人
※ミノキシジルを使う場合、他の育毛剤との併用は避ける。

ミノキシジル内服が使用できないケースとして
・褐色細胞腫の方
・不整脈、心疾患のある方
・代謝経路の関係で肝機能障害を引き起こす可能性
があります。

ミノキシジル内服を使用する場合、専門の医療機関で管理をしたうえで使用してください。
ミノキシジルには血管を拡張させる薬事作用があります。

ミノキシジルの副作用を知ったうえで

フィナステリドとミノキシジルは、ともに日本皮膚科学会が発表した薄毛治療のガイドラインで、クラスAの最高評価(最も薄毛治療に有効)を得ています。
リッチ男性はどこにいる? 出会いの探し方|ウーマンエキサイト コラム (233)

ミノキシジルやフィナステリドは薄毛の治療に効果的な成分として知られています。
ミノキシジルについては特に多くの副作用が報告されています。
使用を考えている人はこの副作用をきちんと把握したうえで購入しましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |