≪摂りすぎ注意≫妊娠中【安心】して飲める青汁ってあるの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

≪摂りすぎ注意≫妊娠中【安心】して飲める青汁ってあるの?

青汁には健康にいい栄養素が豊富に含まれています。妊婦さんはお腹の赤ちゃんのために通常よりもたくさんの栄養を必要しなくてならないので、青汁は気軽に栄養素がとれる便利な飲み物です。今回、妊婦さんが安心して青汁についてご紹介します。

自分だけじゃない!胎児にも及ぶカフェインの影響

カフェインは胎盤を通過し赤ちゃんの血液中にも溶け込みます、すると腎臓がまだ発達していない赤ちゃんには大変な負担になってしまいます。
研究報告によると1日10杯程度のコーヒーを飲み続けることで死産や流産の危険性が高くなるといわれているのです。

カフェインの取りすぎはお腹の赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があるのです。

妊婦は青汁を飲んでも大丈夫なのか?

妊婦に必要な葉酸とは?

少し難しくなりますが、葉酸というのは細胞の伝達情報が集まっているDNAの合成に必要なビタミン。DNAの合成が正常に行われることで、細胞が正確に分裂して増え、赤ちゃんは十分に成長することができるんですね。ところが、赤ちゃんが脳や神経を作る時期は妊娠3ヶ月目まで!この間に葉酸が不足すると、脳や神経の先天性異常、障害のリスクが高まることがわかっています。
お腹の赤ちゃんが健康に育つためにも葉酸が重要です。
上記にも書いておりますが、妊娠初期から摂取したいビタミンです。

妊婦に必要な葉酸の量

妊婦が1日に摂取したい葉酸の推奨量は「480μg」です。非妊時の場合は240μgですから、通常の2倍もの葉酸が必要ということになります。(※μg=マイクログラム)
妊婦におすすめする葉酸の多い食べ物は「うなぎの肝」や「納豆」、「 焼きのり」などですが、
通常の2倍の量を普段の食事で摂取するのは大変ですから、青汁を活用するのがオススメなのです。

ケールにも葉酸が豊富に含まれている

ケールには100グラムあたりおよそ120μgの葉酸が含まれています。

これはキャベツの1.5倍もあり、他の葉物野菜と比較しても多くの葉酸が含まれていることが分かります。

青汁などのように粉末に加工されたものなら、更に栄養成分が凝縮しているため簡単に摂取することができます。

このように、ケールには葉酸が多く含まれているのでおすすめです。

カフェイン入りの青汁は避けた方が安心

青汁の中には妊娠中授乳中の方は医師の相談が必要という青汁があります。
健康食品なのでおそらくそのような記載がされている会社もあるというくらいで
飲んだからと言って特に問題はないかとは思いますが、
そのような青汁の場合は、購入前に医師に確認してから購入されるか
もともとそのような表記がされていないものを購入されると良いかと思います。

青汁を飲んでもいいのか不安になったら医師に相談

青汁にはビタミンや鉄分、カルシウム、葉酸などの妊娠中に貴重な栄養が摂れますし、
野菜の食物繊維によって便秘解消にもつながりますので、積極的に飲んだ方が良い飲み物です。

飲む時期は特に関係ないですが、できれば妊娠初期は葉酸の摂取が勧められていますので、妊娠初期から飲み続けるようにしたいですね。

つまり、妊婦におすすめの青汁とは?

聴診器を使う医師|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ

無添加であること
妊娠中授乳期はお控えくださいと書いてないもの
栄養バランスが良いもの
続けるために飲みやすく美味しいもの
できればカフェインが入っていないもの
ダイエット用ではないもの

これらの条件が揃ってる青汁がお勧めと言えます。

青汁の中には飲みやすくするために糖分を多めに使用しているものや抹茶や緑茶が入っているものがありますので、妊娠糖尿病の気がある方やカフェインを気にされる方は、少々注意が必要なものもあります。
青汁を買う前に、まずは成分の確認が必要です。 カフェインにはご注意を!
妊婦さんは特に栄養バランスには注意しなければなりません。
また、妊婦に必要な葉酸が含まれている青汁を積極的に飲みたいですね。

余計な添加物が含まれていない青汁なら妊婦でも安心して飲むことができますよね。
また、味も重要です。 美味しい青汁のほうが飲み続けやすいからです。
ぜひ自分の好みの合う青汁を選んでみてくださいね。

青汁ならどれでもいいというわけではありません。
妊娠中に飲んでも大丈夫かどうか不安だという方は、事前に医師に相談してくださいね。

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |