ローンが組めないってホント?《過払い金請求のデメリット》 | キュレーションメディア

ローンが組めないってホント?《過払い金請求のデメリット》

過払い金請求を行うと、ブラックリストに載ってローンなどが組めなくなると聞くこともあります。それは本当でしょうか。過払い金請求を行う上で注意すべき事は何でしょう。過払い金請求のデメリットが存在するかどうかについて、調べてみました。

過払い金請求後に借金が残る場合、事故情報になります。

多重債務者は「おまとめローン」と「自己破産」のどちらが良いのか | はじめてキャッシング (10398)

信用情報機関に事故(債務整理)の情報が載れば、その後の審査に影響します。

返済中の過払い金請求でも、過払い金で借金が無くなるような事案であれば、ブラックリストには登録されません。
しかし、残債が残る場合は、債務整理として登録されてしまうので要注意です。

また、過払い金請求をした業者がクレジットカード会社だった場合、キャッシングは完済したと思って安心していたけれど、ショッピング返済が少額残っていたことで、残債残りと判断されブラックリストに登録されてしまったという事例もありますので注意が必要です。

返済中の過払い金請求は債務整理扱いでブラックリストに登録されてしまう。(還ってきた過払い金で借金を完済できればブラックリスト情報は削除されます)
過払い請求をかけた消費者金融からは二度と借りることができない。
過払い金請求をしても残債がある場合は、過払い分は債務を減らした形で処理されます。それが事故情報として掲載されるわけです。

過払い金請求後に借金が完済しない場合、ブラックリストに載ると考えましょう。

払いすぎた利息を取り返すのが過払い金請求ですので、過払い金請求は絶対に行うべきですが、請求後に完済するタイミングで行うのが利口です。

もちろん請求権が時効にさしかかる場合は、急いで行うようにしてください。

債務が残る形での過払い金請求は、ブラックリストに載ります。

過払い金請求と過払い金計算方法 (10399)

納得できませんが、現在そのようになっています。

債務残がある状態ですと、過払いの請求だけということは
出来ません。
債務をまずは債務整理をして債務の減額ということになります。
債務整理をしてプラスにでるようであれば別な形で
過払い金返還請求ということになります。
債務整理をするとブラックリストに登録されてしまいます。
そうなるとクレジットカードなどが使えなくなってしまう
デメリットはあります。
完済後の過払い金返還請求ですとブラックリストに登録
されてしまうということはありません。
完済後の過払い請求については、信用状況に傷つきません。

ご存知かもしれませんが、完済後、クレジット会社は個人信用情報に
追記できませんので、基本的には傷がつくことありません。

ローンなどを申し込む時に、民間の信用機関の情報を参考にしますが、そこに事故情報が有ると警戒されます。

どのような内容の事故かは他社にはわかりません。
過払い金請求である事が分からないわけですから、何かのトラブルによる債務整理かもと判断されるわけです。

そうなるとローンの審査は通りにくくなります。
不本意ではありますが、現状そのようなシステムになっています。

事故情報が残れば、ローン等の審査は通りにくくなります。

信用情報機関について|日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関 (10400)

事故情報は5年残ります。

返済中に過払い金請求する

現在も貸金業者に借入がある状況で過払い金請求をして、戻ってきた過払い金が借入している金額より少なくて残額が残ってしまった場合、信用情報機関に事故情報が登録(ブラックリストにのる)されます。ブラックリストにのることによって、過払い金請求をした貸金業者だけでなく他の貸金業者からも借入ができなくなる、クレジットカードの審査に落ちる、クレジットカードがつかえなくなることがあります。

ただし、ブラックリストにのることは恐れる必要はありません。ブラックリストにのると新たなローンや借入、クレジットカードの作成の審査が通りにくくなると言われていますが、5年程度で事故情報は削除されます。

過払い金請求は行うべきですが、残債が残る形での過払い金請求の場合、そのデメリットもしっかり把握しておくべきです。

事故の有り無しだけの情報が残りますので、内容が分からないだけに審査には致命的なダメージになります。

完済になる過払い金請求なら問題ありません。
できる限りそのような形を取るようにしましょう。

将来は、過払い金請求での事故情報は載らないようになるかも。

Free stock photo: Document, Agreement, Documents - Free Image on Pixabay - 428338 (10780)

過払い金を請求して事故扱いは納得出来ません。早急に改善されるべきです。

平成22年1月14日,金融庁が「改正貸金業法」の完全施行に向けて,信用情報から過払い金返還請求の記録を削除することが,「指定信用情報機関」認定(※)の条件としていることを発表しました。

 債務整理を伴わない,過払い金返還請求のみの場合,金融庁には「返還請求は顧客の正当な権利で,信用情報と直接関係しない」との見解があります。それに比べて貸金業界は過払い金の返還請求をする人は貸し倒れのリスクが高いとして,業界の信用情報機関である日本信用情報機構(JICC)ではコード71(契約見直し)という区分で5年間登録されます。こうなれば何も落ち度はないのに,5年間新たなローンを組むことを制限される,クレジットカードが使えなくなるという事態も起こります。

金融庁と改正賃金業法により、今後は民間の信用情報機関の記録に、過払い金請求の情報が掲載されなくなる可能性が高いです。

近い将来そうなるはずですが、いつ完全にそうなるかは分かりません。
現在過払い金請求の情報が事故情報として掲載されている事から見ても、過払い金請求の情報の消去には業界は消極的と言えます。

それだけに、過払い金請求を行う時にはしっかりとブラックリスト対策を行いましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |