小児科へ転職する前に知ってておくべきこと | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

小児科へ転職する前に知ってておくべきこと

看護師が小児科へ転職する前に知っておくべきことをまとめました。小児科で感じるやりがいとその大変さにも注目します。

小児科で働くとは

小児科には成人科にはない様々な特徴がありますが、その中でももっとも代表的な違いは、「患者の子供だけではなくその親への対応も重要である」という点です。

治療方法などについても当然子供だけでは決められないことがほとんどなので、必然的に患者の親とのコミュニケーションが多くなり、患者への対応はもちろんですが、それ以上に親に対してしっかりとした対応ができるかという点もポイントとなります。

via http://看護師転職サイトランキング.jp/department/pediatrics.php
 (8126)

小児科では小児患者への対応に加えて、その親との意思の疎通が非常に大切です。
小児専門病院や大きな総合病院だと小児科と小児外科に分かれているところもありますが、一般的には小児科と一括りにされていていますので、小児科では内科の疾患も外科の疾患も扱っています。
via http://ナースの宝箱.com/%E5%B0%8F%E5%85%90%E7%A7%91%E8%BB%A2%E8%81%B7/

小児科に向いている人材とは

小児科に転職する看護師に必要なスキルの中でも、最も大切なのが子どもが好きだということ。小児科にはあらゆる子供が訪れます。我慢強い子もいれば、すぐ泣いてしまう子、あまのじゃくな子、口の悪い子など、ひとりひとりが本当に個性豊かです。

しかし、小児科の看護師として働く からには、どんな子どもでも可愛いと思えるようでないといけません。

 (673)

子供好きな人に向いている職場です。

小児科で求められる能力は

小児科に関してはより高度なコミュニケーション能力が必要になります。

親は子供のこととなると冷静さを失ってしまうことが多いためです。よって、言葉遣い一つ間違えるとクレームに発展することもあります。
当然ながら子供とのコミュニケーションも難しいため、全体的に高度なコミュニケーションスキルは必要なのです。

小児科は採血や注射、点滴が成人と比べると難しくなっています。単純に血管が細いことが理由ですね。

更に親が近くにいるケースが多いため、プレッシャーを感じながら行うことになります。これも小児科特有の特徴と言えるでしょう。

 (674)

子どもへの注射は大人にするよりも高い技術が必要です。

小児科で働く楽しさとは

子どもも優しい看護師さんにはなつくことが多いので、怖いイメージを持たれがちな病院でリラックスさせるために、看護師は非常に重要な役割を果たしていると言えるでしょう。ハードな職場でも、子どもの笑顔を見ると疲れが吹き飛ぶという看護師も少なくありません。
 (675)

小児科で働くやりがいとは

大人よりも数段細い腕の血管に注射をするのは難しく、嫌がって暴れる子どもに点滴をするのは至難の業です。実際、小児科から内科などへ移動すると、そういった処置が簡単に感じる人も多いとか。
しかも、小児科の場合は内科も外科も皮膚科もすべて診ることが多いので、幅広い知識が身に尽きます。今後のスキルアップのためには、小児科を経験するのは非常にプラスになるでしょう。
 (676)

小児科では難しい処置を多数経験できるので、スキルが高まります。
子供の回復力は目を見張るものがあり、薬に対しての感受性も高いので疾患や怪我によってはみるみる内に回復して行きます。他の科ではあまり目に見える回復が分かりにくい場合もありますが、子供は特に回復が分かりやすく看護師のやりがいの一つでありメリットでも有ります。
via http://看護師給料アップ.com/nurse-salary/pediatrics-nurse.html

小児科で働く大変さとは

子供の病気や怪我は本人以上に保護者である親が心配しているケースも少なくありません。そいうった親に対して不安を取り除くことは仕事の一つですが、中には過干渉な親も多く、必要なまでに病気や怪我の責任を病院側に押しつけられる場合もあります。
via http://看護師給料アップ.com/nurse-salary/pediatrics-nurse.html
 (8127)

愛する我が子の一大事で動転している親への対応は大変です。
子供の容体が急変することはそのまま死に繋がってしまう場合もあり、子供が好きな人にとってはそのような場面に直面した際に、精神的に受けるダメージが大きくなることもあります。
大型病院にある小児科は、どこも厳しい状況にあることから、極端なレベルにまで人材が不足していますので、一人当りの看護師さんの負担がハンパではありません。
via http://www.看護師転職企業.jpn.com/article/413390287.html
 (8128)

人手が足りず、仕事量が多くなりがちです。
子どもは大人のように自分の症状や痛いところなどをしっかり説明してくれるわけではないので、顔色などの様子から体の状態を読み取って判断しなければなりません。
小児科で働くには子供好きである必要がありますが、それだけでは務まらない仕事です。
子どもが体調を崩していると親は非常に焦りますし、その焦りを周りの人に向けてしまうときもあります。
子どもに加えその親と上手に向き合える人に向いた職場と言えそうです。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |