【美容】青汁がもたらす効果!肌を美しくなる【アンチエイジング】 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【美容】青汁がもたらす効果!肌を美しくなる【アンチエイジング】

青汁は美容やアンチエイジングに効果的であることが知られています。ここではそんな青汁のどんな成分が、美容やアンチエイジングに良いのかを調べてみました。

メラトニンが睡眠にいいとは知っていましたが、アンチエイジング効果まであったとは驚きです。
夜の10時から深夜2時までが、もっともメラトニンが生成される時間だそうです。
夜更かしが美容に良くない理由は、このメラトニンが関係していたと思います。
味のわりにケールの青汁が未だに人気な理由がよくわかりました。
青汁に含まれる栄養素は各種ビタミンとミネラル。ビタミンCやβカロテンは美肌ビタミンとも呼ばれ、美容効果に優れた栄養素。ビタミンCは、たんぱく質やコラーゲンを作るために必要となります。

βカロテンは600種類以上ある、カロテノイド系の1つ。βカロテンの性質として、体内に吸収されるとビタミンAに変換されます。ビタミンAは体内で発生する活性酸素を除去して、身体の酸化を防ぐ抗酸化作用に優れた栄養素。

青汁に含まれるビタミンEも抗酸化作用に優れていて、活性酸素の発生を抑え、老化防止やシミ・そばかすの出来にくい肌にします。女性ホルモンの分泌も助けるのでホルモンバランスも整います。

青汁に含まれるビタミンCやβカロテン(ビタミンA)、ビタミンEはアンチエイジング効果に優れているだけでなく、美肌効果、白髪予防、抜け毛や薄毛予防、毛穴ケアにも効果的な栄養成分。

野菜の食物繊維には整腸作用がありますが、青汁の場合はカルコンという成分まであるんですね。
カルコンのデトックス作用で、便秘が改善されれば、老廃物や毒素が排出されます。
つまり、体の内側からキレイになれるんです。
種類によって多少の違いはありますが、どの青汁も基本的にはビタミンが豊富です。
しかも、美肌効果の高いビタミンが摂取できるので、女性に人気があるんですよね。
1日に必要な野菜の摂取量は350グラムもあります。
毎日食べるのは量的にもお財布的にもかなり厳しいです。
そこで利用したいのが青汁でしょう。
飲むだけで手軽なので毎日続けられるのだと思います。

なぜ美肌のために青汁なのか?

青汁は美肌にいいビタミンが豊富

青汁には若返りの成分メラトニンもある

青汁のカルコンがデトックス効果を促す

豆乳青汁で美肌の相乗効果

イソフラボンは大豆に含まれる成分であり、青汁との組み合わせを考えれば豆乳に混ぜるのがいいでしょう。
飲みにくい青汁をマイルドにして飲みやすくすることで、よく例にも挙げられる飲み方です。

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあるので、女性らしい体をつくり、バストアップや生理不順の改善、美白効果や保湿性向上の肌になりやすくなります。
青汁にも美肌効果がありますので、美容におけるケアもしてくれるでしょう。

デトックス効果の秘密は、『カルコン』という成分が含まれている事。
豊富な食物繊維・ビタミン・鉄分・ミネラルなどが体内を健やかに保ちます。

特に明日葉の青汁には、他の青汁よりも何倍にも多くのカルコンが含まれています。
このカルコンと、『食物繊維』の相乗効果で、強力に毒素を排出する効果もあります。

青汁には様々な栄養素が豊富に含まれていて、
中でもアンチエイジングの観点で最も有効だと言われているのがメラトニン。

メラトニンには良質な睡眠を促進する効果がある他に身体をサビつかせる活性酸素の働きを阻害する作用があります。
年々増えていく体内の「活性酸素」は、肌細胞を酸化させて肌の老化を進行させる元凶。
この作用を阻害してくれるメラトニンは、「若返りの成分」として美容業界でも高く評価されているんですよ。

青汁の代表的な原材料であるケールには、このメラトニンがキャベツの約5倍も含まれています!

健康食品として有名な青汁は、野菜不足になりがちな現代女性にとって、手軽に栄養を補給できる手段としても選ばれています。また、美容目的で飲んでいる女性もいると言われています。それは、青汁にはビタミンやミネラルなど、美肌を維持するのに必要な栄養素がたっぷりと含まれているためです。
豆乳青汁は、まさに美容飲料という感じですね。
飲み辛いときは、ハチミツを加えたり、豆乳スープにするといいと思います。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |