助産師の資格があると転職に有利になる | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

助産師の資格があると転職に有利になる

産婦人科で働く際に助産師の資格があると、有利になるようです。助産師の仕事内容や資格を取る方法について考えます。

助産師とは?

助産師は女性がお産をするときのサポートや妊娠・出産・産後の女性と赤ちゃんに対して健康に関する教育や相談を行う専門家で、正常妊娠の妊婦であれば医師の指示がなくても処置をすることができます。
 (647)

助産師の仕事をするには?

助産師として働くためには看護師の国家試験に合格していることが必須条件なので、「看護師の免許はないけど助産師として働いてます」という助産師は存在しません。
via http://産婦人科看護師.jpn.org/josanshi.html
助産師の仕事をするためには、「看護師免許」に加えて、「助産師免許」が必要です。
 (651)

看護師免許+助産師免許が必要です。

助産師の資格を取る前にしておくといいこと

将来的に取得をしたいと考えている方も、一度看護師として産婦人科の現場で業務経験を積んでみる、というのもよいでしょう。助産師の資格を取得すると、基本的には産婦人科で働くことが前提となりますし、病院側もそれを求めます。

そのため、本当に産婦人科でキャリアを積んでいくのが自分にとってよいのかどうかを検討するために、助産師資格を取得する前に看護師として実際に働いてみる、というのもよいでしょう。

via http://看護師転職サイトランキング.jp/department/obstetrics.php

助産師と産婦人科看護師の違いとは

 (650)

看護師、助産師ともに、保健師助産師看護師法(通称:保助看法)により定められた国家資格で、決められた教育機関で教育を受けた者は国家資格の受験資格を得ることができ、看護師、助産師の国家試験に合格した者が『看護師』『助産師』の免許を受けることができます。
via http://産婦人科看護師.jpn.org/josanshi.html
看護師は看護師国家試験に合格し、看護師免許を得ますが、助産師は、看護師の免許取得者が、更に指定の養成期間で1年以上の教育と実習を行った後、助産師国家試験に合格しなければ資格を得ることができません。

簡単に言うと、看護師の免許を取った後、更に専門的な知識を身につけた+αの資格です。

看護師と助産師の実際の業務の違いは、助産師が助産行為(お産を助け、子供をとりあげる行為)を(正常分娩に限り)医師の指示なしに行えることに対し、看護師はたとえ医師の指示があった場合でも助産行為は認められていません。

助産師の資格を取るには

助産師になるには、看護専門学校または看護系の短大を卒業後、看護師国家試験に合格し、看護師の資格を有してから、さらに指定されている助産師養成校で一年以上、助産師に必要な知識を学び、臨床実習で実践的な技術を身につけた者に「助産師国家試験」の受験資格が与えられます。
助産師指定養成校の認可を受けた看護大学では、卒業と同時に看護師と助産師の両方の国家試験を受けることが可能なカリキュラムも組まれています。
 (648)

助産師の待遇は

助産師には助産手当がつくのでその分だけ看護師より平均すると年収で70万円以上UPするといわれています。
via http://看護師求人サイト口コミ.jp/josanshi/meri.html
 (8132)

看護師よりも年収アップ

助産師不足で転職に有利

助産師不足は現在の医療現場において深刻な問題となっています。助産師が不足してしまう原因は、助産師を増加させようという環境が出来ていないためなんですよね。助産師になりたい、助産師を目指している女性はたくさんいるのに、実際助産師になれている人、助産師として働いている人はほんのわずかしかいないのです。
助産師は看護師の資格を持っている人が取得できるものです。
正常なお産の場合は、医師の手を必要とせず自分で助産を行えるのが看護師との違いです。
助産師は、看護師の仕事+αの仕事で、そのやりがいもより大きいと言えるでしょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |