青汁を効果的に摂る正しい飲み方とは | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

青汁を効果的に摂る正しい飲み方とは

どうせ飲むならきちんと効果を得たいですよね。青汁の効果をもっと引き出すにはどうしたら良いの!?実は目的に合わせた飲み方があるんです。

いかがでしたか?
飲む目的に合わせて、ベストなタイミングで青汁を摂取しましょう(*'ω'*)
便秘解消にも青汁は効果的です。
ダイエットなら、食前に飲むべし!飲むべし!
青汁は実はダイエット飲料でもあるんです
栄養補給の方は朝に飲むのがいいんですね!
でも冷たいのには注意してくださいね。
青汁は栄養補給にピッタリな健康飲料です。
「やりすぎは禁物」なにごとにも通じることですね。
一度にたくさんとるのではなく、長期間「つづける」ことが健康に一番大切なようです。
もし薬を服用されている方は飲み合わせに注意してください。
お医者さんに止められてしまうような状況にも注意をしておきましょう。

つぎに、青汁を飲む目的別の飲み方を紹介します!(^^)!

基本的な飲み方と注意点

栄養補給が目的の場合

ダイエットが目的の場合

便秘を解消したい場合

青汁通の中でも意見が分かれるのが、便秘を効率的に解消するには朝食時と就寝前のどちらが適しているのかということ。

結論から言うと、私はどちらのタイミングで飲んでも便秘改善に大きな違いは見られませんでした。

ただ、個人的には「朝食時」に飲むことをオススメします。

というのも、就寝前に青汁を飲んでしまうと食物繊維で腸の働き(蠕動運動)が活発になってしまい、寝苦しさを感じる可能性があるから。寝不足や浅い睡眠は体調不良の原因となってしまいます。

せっかく健康のために青汁を飲んでいるのに、青汁の働きのせいで体調不良になっては本末転倒ですよね。

それならば朝食と一緒に青汁を飲んで、朝イチでスッキリお通じが来る方が精神的にも身体的にも爽やかな気分で1日をスタートできるのでオススメです。

朝起きてすぐがオススメです。睡眠中の身体は思っている以上に汗をかいたりエネルギーを消費しているため、目覚めたばかりの身体は栄養をとても吸収しやすい状態となっています。そのため、このタイミングに青汁を飲むと体内に野菜の栄養素が行き渡りやすいのです。

ただし、空腹時に冷たい飲みものを摂ると胃に負担がかかります。冷たい場合は少量を口の中でなじませるようにして、時間をかけてゆっくり飲みましょう。

ズバリ、痩せたいなら食前に青汁を飲みましょう!

食前に青汁を飲むと、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎ防止にもなりますし、
食べる順番ダイエットも実践できます。
桑の葉の青汁は糖の吸収を抑制してくれる作用もあるので、糖質の多い食事の前に飲むのも効果的です。

さらに、食前に青汁を飲むことで血糖値の上昇を抑えてくれる嬉しい働きもありますよ♪

毎日青汁を飲むことで体内に野菜栄養素が十分に補給されると、
カラダの巡りがよくなり、太りにくい体質に改善されていきます(*´ω`*)

青汁で置き換えダイエットをすることもできますが、リバウンドの危険性も高まるので、
毎日の食事を楽しみながらじっくり痩せていくことをオススメします。
置き換えダイエットのルールを理解している方なら、
青汁で短期集中ダイエットに成功できるかもしれませんね♪

青汁は、健康に良いものですが、だからと言ってたくさん飲めばいいというものではありません。

多くの量を飲むことよりも、長期間継続して飲み続けるということが大切です。

また、ワーファリンなどの血栓予防薬を服用されている方や、野菜を含めた食事制限を受けている方は青汁を飲むことができません。まれに、青汁を摂取することで便秘、下痢、発疹、アレルギーなどの症状が出てしまう方もいます。

体に合わない場合は直ぐに飲むのをやめて、医師に相談してください。

青汁と健康飲料の違いを徹底比較!栄養補給に最も良いのはコレ!

これならイケる!青汁のおいしい飲み方 | ヘルスケア大学

青汁の便秘解消効果!食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖が豊富な青汁は?

「青汁」といえば健康飲料ですよね。健康のために飲んでいる人も多いのでは。
お金と手間をかけているんだから、ちゃんとためになってほしいですよね。
それでは青汁の適切な飲み方をチェックしましょう。
便秘には、朝食時にのむのが効果的なようです!
「寝る前にのんではいけません」これは、どの目的でもいえることですね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |