青汁の魅力はこんなにたくさん!! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

青汁の魅力はこんなにたくさん!!

CMなどではお馴染みの青汁ですが、魅力はこんなにたくさんあります。料理法や成分などを中心に紹介していこうと思います。

美肌に嬉しいビタミンがたっぷり

青汁が美容目的に利用される理由は、お手軽に様々なビタミンを補給できるからといえるでしょう。

青汁には、肌の酸化を抑えコラーゲンの生成を促すビタミンCや肌の血行を促しハリを保つビタミンE、肌を強く健康に保つビタミンA(βカロテン)などが豊富に含まれています。

もちろん、使用する原材料や製法により含まれるビタミンの量は異なりますが、青汁がこれらを効率よく補うのに優れた方法であることは間違いありません。

チャーハン

チャーハン

混ぜて出すのが基本のようですね。
子供の好きなハンバーグやからあげ、豆腐などのものと野菜を一緒にするだけでも食べてくれることがあります。
更にカレー味やケチャップ・マヨネーズなどを使って慣れた味や好きな味にすることで、野菜への意識が薄れグッと食べやすくなります。

また食感を変えることでも食べてくれることも。
とろみのあるものが好き、しゃきしゃきが好き、それぞれ子供の好みがあります。
うちの子は何が好きなのか、よくよく観察して、野菜を好みな食感に変えるだけでも食べてくれることが多いです。

豊富な栄養

料理にもOK

さあ飲んでみよう!

そんな青汁の魅力といったら野菜不足を補える、
食物繊維やミネラルが豊富といった面ではないでしょうか。
またお子さんの野菜嫌いで悩んでいる
お母さんにとってもまさにナイスな健康飲料なのです。
青汁といえば漠然と健康にいいとはご存知でしょうが、こうしたミネラルの存在を知らな人は多々いらっしゃるようで、今回はこうした様々な側面から青汁の魅力に迫ります。
ピザ

ピザ

見た目的にも綺麗ですよね。
その中でも私たち日本人が親しみを持って【明日葉(あしたば)】と呼ぶのには、
実はちょっとした背景があります。

そもそも、名前の由来は「今日摘んでも、また明日生えてくる」というこの植物の生命力の強さにあり、
実際には4日程度の期間を要しますが、それだけの強いエネルギーを持っています。
この生命力の強さからもわかるとおり、非常に豊富な栄養素がぎっしり詰まっています。
これが名前の由来なのです。

これは明日葉を使っている青汁ですが、こうやって強い草の力を借りた青汁なら健康に悪いわけはありませんよね。
青汁に使われる葉っぱの一つの明日葉

青汁に使われる葉っぱの一つの明日葉

ダイエットにもいいと注目されていますね。
飲んでもいい青汁ですが、中には苦手な方もいらっしゃるかもしれません。そんな方の為には料理にして食べさせてあげるのも一つの手です。いくつか紹介しましょう。
一口に青汁といっても使われる原料によって食物繊維の量は異なります。
青汁に使われる主な原料はケール、明日葉、大麦若葉が一般的ですね。

それぞれの100gあたりの食物繊維はケールが約3.7g、明日葉が約5.5g、大麦若葉が約50.0gとなっています。
この数値をみると青汁で出来るだけ食物繊維を摂りたいなら大麦若葉がメインの青汁を選ぶのが良さそうですね。

これだけ食物繊維があって、ビタミンも豊富なら美容にもなんでも行けそうですよね。
簡単なレシピですと、http://xn--fswr23g.name/02yasai.htmlでも紹介されていますが、
味噌汁やスープなどに混ぜる方法があります。
そのほかには、フルーツ系のジュースに混ぜるなど飲み物との相性は比較的良いようです。

また料理好きな方は、ケーキやクッキーなどのお菓子の材料に使ったり甘い料理に混ぜる方法が好まれています。

このように料理には様々なバリエーションがありますので、ぜひ挑戦してください。
このように、色々述べましたが、なるべく飲める人は飲んでみる事がいいのではと思います。やはり自然の味わいをしっかりと受け止めると、なんとなく栄養が吸収出来る気がしますからね。昨今は飲みやすいものが多いので是非挑戦してください。そして魅力的な青汁の効果を享受していこうではありませんか。そして、気が向いたら料理をしてみるという感じで行きましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |