看護師さんの転職先<小児科>は、求人募集が少なくて探すのが大変です。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

看護師さんの転職先<小児科>は、求人募集が少なくて探すのが大変です。

入院施設のない小児科医院や小児科クリニック・診療所も少子化の影響や、小児科医を希望する医師が少なくなっているため減少傾向にあるようです。

子供好きだから小児科に転職したいと思っている看護師さんも多いと思います。でも求人も少なく、他の科への転職も難しくなると言う事で、ちょっと敬遠されている面もあるようです。どうしても小児科へ転職と思っている方、参考にしてください。

小児科勤務が敬遠される理由と転職の注意点

 (6955)

小児科が敬遠される理由を挙げてみました。

・患児は急変しやすく激務になる
・こどもが苦手
・患児だけでなく親とのかかわりが難しい
・悪性疾患など、患児が死と向き合う現場は精神的にきつい
・医療事故などで訴えられる可能性が他より高い
・他の科への転職が難しい

小児科が敬遠される理由は、そのまま初めて小児科に転職する場合に気を付けるべき点とも言えます。小児科ではすべてにおいて細やかな対応が必要になります。

募集が少ないこども医療センター

 (6957)

小児科への転職の特徴として「離職率の低さ」があります。

小児科を希望する看護師や准看護師は、できればずっと小児科で看護を続けたいと考えている方も多いため、結婚や出産後も続けていくことが多く離職する看護師が少ないのです。

特に、こども医療センターのように専門に特化しているところでは、退職する方も少なく希望者は多いため競争倍率はとても高くなります。

好きな科?嫌な科?

小児科は、好きな科に挙げる人もいる一方で、嫌だという看護師が多い科でもあります。子どもが苦しんでいるのを見るのが辛いという人や、モンスター的な親との関わりが苦手という人などその理由はさまざまです。

最も大切なスキルは子どもが好き

 (6958)

小児科に転職する看護師に必要なスキルの中でも、最も大切なのが子どもが好きだということ。小児科にはあらゆる子供が訪れます。我慢強い子もいれば、すぐ泣いてしまう子、あまのじゃくな子、口の悪い子など、ひとりひとりが本当に個性豊かです。

しかし、小児科の看護師として働く からには、どんな子どもでも可愛いと思えるようでないといけません。我慢強い子は病院では確かに扱いやすいのですが、そんな子ばかりをかわいがって、やんちゃな子にはイラっとした態度を見せてしまうのはプロ失格。どんな子供でも上手く対応して、治療や処置がスムーズにできるようにするのが看護師の仕事なのです。

手先が器用なスキルが必要

 (6959)

小児科の看護師は手先が器用な方が仕事しやすいと言われます。もちろん看護師の仕事は大人のケアでも子供のケアでも器用に越したことはないのですが、小さな子供用の器具は大人用に比べて小さく、扱いづらいケースも多いのです。

また、点滴や注射の後に貼るテープにキャラク ターの絵を描いたり、病院内を可愛く飾り付けたりと、保母さんのような仕事をすることもあるので、そういった作業が好きな人にも向いています。

必要な資格条件

 (6960)

・看護師の資格のみで勤務が可能です。

看護師の資格があれば誰でも勤務が可能です。 しかし問題があります。それは小児科が人気の診療科であるということです。「小児科に勤務したい」と思っている看護師は非常に多いので、小児科病棟に勤務する看護師の欠員が出るのを待つことになる場合があり、すぐに勤務が可能になるわけではありません。

さらに少子高齢化にともなって子供の数が減っているため、小児科を設けている病院が減少傾向にあります。求人の件数自体が少なくなっているので「激戦区」とも言えるでしょう。

小児病棟の求人を探す具体的な方法とは?

 (6961)

やることはとても簡単。 看護師専門の転職支援サービスに無料登録を行うだけです。

その上で押さえておきたいポイントは2つ。 『看護師専門』の転職支援サービスに登録すること 転職支援サービスは世の中にたくさんありますが、看護師専門でなければ意味がありません。 なぜなら担当してくれるコンサルトが、看護師や病院の事情や要望をとてもよく理解してくれているからです。

看護師の転職しか取り扱わないのですから、他の転職支援サービスのコンサルタントと看護師転職に関する知識や経験が圧倒的に違います。そのため意思疎通が容易かつ、こちらが希望する条件に大きなズレが生じにくいというのはとても大きなメリットです。

小児科の看護師求人が見つかりにくいのは何故?

 (6962)

求人情報を検索するときには、希望する条件を入力していきます。 「小児科」や「小児科 看護師 求人]などですね。 しかしそれでヒットしてくるのは小児科の求人情報ではありません。 病院やクリニック、診療所の診療科目に「小児科」があるところが表示されるのです。

検索の絞り込み機能に小児科という項目があっても、「小児科の看護師を募集しています」という求人掲載が表示されるのではなく、病院ごとに何名の看護師を募集しているという情報がわかるだけということです。 これが個人で小児科の看護求人を探しても、見つけられない理由です。

小児科のメリット

 (6963)

小児科で働いている看護師の方から聞くことが多い小児科の代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

・小児科は成人の全ての科が集まるので、とても勉強になる
・子供の笑顔を見ると、どんなに辛く大変でも、元気がでる

小児科の場合は「小児」というカテゴリで子供のあらゆる症状に対応する必要があるため、様々な科目について学ぶことができるという点は魅力的です。 また、実際に小児科で働いている看護師の方々からは、「仕事自体はとてもハードで親との関わり合い大変だが、子供が元気になり笑顔になるのを見ると、とても元気が出てやりがいを感じる」という声をよく聞きます。

子供が好きな方にとっては、大変な面も辛い面も含めてやりがいがある職場だと言えそうです。

小児科のデメリット

 (6956)

・親との関わり方、対応が難しい
・患者自身と意志疎通が図れないことも多い

小児科の一番の難しさは、何と言っても患者である子供だけではなく、その親とも深く関わる必要があるということでしょう。親にしてみれば、自分の大切な子供を預けるわけですから、看護師に対して厳しい目を向けるのは当然のことです。厳しい要望やクレームを受けることもあるようです。

小児科を転職した看護師の方々の中には、子供はとても好きだったのだがその親への対応が辛くて辞めたという方も数多くいます。

そして、小児科の難しさは、患者自身と意志疎通が図れないことも多いと言う点にもあります。子供はそもそもなかなか言うことを聞いてくれませんし、理性的な行動をとってくれるわけではありませんから、内服だけで何時間もかかってしまったり、泣き喚かれてしまったり、自分で点滴を抜いてしまうことなども頻繁にあります。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |