【相続放棄】残された借金から解放される方法とその仕組み | キュレーションメディア

【相続放棄】残された借金から解放される方法とその仕組み

相続人が残していった借金はどのようにすれば良いのか気になりますね。そんな時に知っておきたいのが、相続放棄という手段です。相続放棄とはどういった仕組みになっているのでしょうか?借金整理は出来るのかについて調べてみました。

遺産の中に債務があるとき

Free illustration: Debt, Finance, Money, Credit, Loan - Free Image on Pixabay - 1157824 (14965)

父親の残した借金の支払いが困難な場合に、任意整理で解決できないかと考えるかもしれません。父親の借金を相続してしまったのであれば、債権者と話し合いをして任意整理で解決するという方法もあります。

けれど、相続放棄すればそもそも借金を相続しないことになりますから、借金の返済義務が発生することもありません。つまり、相続放棄するのであれば、任意整理を考える必要もないということです。もし債権者が取り立てに来ても、相続放棄した旨の証明書を見せれば、それ以降返済を要求されることはなくなります。

相続を行った際に相続人に借金などがある場合は、任意整理をして債務の返済をしていくという方法もありますが、相続放棄をして債務整理を行うという方法もありますね。

相続放棄について

Free illustration: No, Negative, Many, About, Signs - Free Image on Pixabay - 1532843 (14966)

遺産(相続財産)を相続する場合,被相続人(亡くなった方)から受け継ぐのは,プラスの財産(資産)だけではありません。マイナスの財産(負債)も受け継ぐことになります。

そのため,相続人は,相続によって被相続人の借金を引き継いでしまうという場合もあります。しかし,これでは,相続人にとってあまりに不測の出来事です。

そこで,法律上,相続人には選択権が与えられています。つまり,相続を受けるのか相続を受けないのかの選択権です。

相続を受けるという意思表示を相続の承認といい,相続をしないという意思表示を相続の放棄といいます。

相続はプラスの資産だけを相続するという方法は出来ません。
プラスもマイナスも全て含めて相続する方法を単純相続と言います。
そしてどちらも相続しないという方法を相続放棄と言いますね。
この間に限定相続という方法もあります。この中から選ばなければいけません。

相続放棄の行い方

相続放棄の手続きは、家庭裁判所でします。

届出先:被相続人(亡くなった人)の死亡当時の住所地を管轄する家庭裁判所。

必要物:相続放棄申述書(裁判所で入手)
    除籍謄本(亡くなった人の本籍地で取得)
    戸籍謄本(放棄を希望する人のもの)
    印鑑(放棄を希望する人のもの、実印でなくても可)
    収入印紙

届出:相続開始(亡くなったこと)を知った日から3ケ月以内

相続放棄をする場合は、お近くの家庭裁判所に申立を行う事で完了します。
期間は相続を知った日から3ヶ月以内となっていますね。

期限の判断

相続財産がある場合に、借金があることは知らなくて、3か月の期間が過ぎてから初めて多額の借金があることを知った場合はどうなるでしょうか。この場合、いろいろな要素がありますので、具体的に弁護士に相談した方がいいと思いますが、相続財産を処分していなければ家庭裁判所は借金の存在を知ってから3か月以内は相続放棄を認めることが多いようです。
3ヶ月というのは厳粛に守らなければいけない期限では無く、借金がある事を知った日から3ヶ月となっていますので、全ての相続資産の精査を終えてから3ヶ月以内でしたら問題は無いですね。

保険金は受け取れる

父(被相続人)は、借金5,000万円、預金4,000万円と生命保険金2,000万円を残して亡くなりました。

仮に相続した場合、単純に計算すると

4,000万円+2,000万円-5,000万円=1,000万円

なので、相続してもプラスになり、相続すべきと考えるかもしれませんが、相続放棄をすれば、生命保険の2,000万円のみを引き継ぐことが出来ます。

相続放棄をすると預金や借金は放棄となるのですが、生命保険金は受取人固有の財産と考えることから放棄の対象になりません。結果、2,000万円の現金が残ります。

相続放棄をしても、生命保険に関しては放棄しなくても問題ありません。
相続税の支払いの際に生命保険は、控除もしてもらう事が出来ますので、生命保険は受け取れるという事は知っておきたいですね。

相続放棄する前に

Free photo: Office, Notes, Notepad - Free Image on Pixabay - 620817 (14967)

相続放棄をする前に借金について取引履歴の取り寄せをして頂くことを提案しました。
なぜなら、履歴を取寄せた結果、過払い金が発生していれば、相続人からも過払い金の返還請求することができるからです。
「過払い金返還請求権」も立派なプラスの財産です。
したがって、
過払い金が発生しているのであれば、相続を承認債務が残る場合には相続放棄を選択することができるのです。
相続放棄をする前に、過払い金があるのかどうかはチェックしておきたいところです。
あまりにも多額の債務でしたらすぐにでも相続放棄した方が良いですが、そのラインが微妙なときはきちんと精査をしてから相続放棄を行いましょう。
残された借金は相続放棄で無くす事が出来ると言う事が分かりました。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |