社会医療法人財団石心会 川崎幸病院の看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

社会医療法人財団石心会 川崎幸病院の看護師転職求人のご案内

社会医療法人財団石心会 川崎幸病院は、神奈川県の川崎市幸区にある病院です。社会医療法人である財団石心会が運営している病院です。

基本概要

病院:外観

病院:外観

社会医療法人財団石心会 川崎幸病院は、地域に根ざした病院です。当病院は、急性期機能に力を入れています。

地域医療支援病院や生活保護法指定医療機関、川崎市がん検診医療機関などに指定されています。

院長あいさつ

 (14631)

川崎幸病院は昨年6月に新築移転をし、新たな機能を担いました。その一つは203床から326床への増床により地域中核施設としての責任を負ったことにあります。特に重症患者救急対応病院としての指定は、地域住民の期待に背くことなく365日、24時間「断らない救急」を実践する義務があり、職員はこの方針を守り抜く意欲が求められています。また、各診療部がセンター化されていることにより、高度な先進的医療を提供する環境が保持されています。包括的がん医療、脳、心、大動脈の循環器疾患の超急性期医療は、当院が最も評価を受けている分野でもあり、この大きな柱をさらに発展させていかなくてはなりません。
我々がこれから進むべき道は、これまで40年間に築かれた堅固な歴史からさらに「品と質を担保した急性期医療」へ向かうことだと考えています。医療における質とは、患者さんの安全性重視に他なりません。Patient firstの精神、量から質の追求への転換が求められます。手術件数が多くても合併症を引きおこせば、手術の意味が問われます。多くの専門職員に機能分散をはかることで、より透明性のある医療を確保することも質の向上に繋がります。医療における品とは、無駄を排除した効率性の中に見いだされます。短期間での社会復帰、退院後の良好なQOLの獲得、また、地域医療機関との連携も治療経過に品をもたらします。
さて、この目標の達成には、職員一人ひとりが自らの価値を高めていく意識改革が必要です。存在だけが評価の対象となった時代は終わり、自らが自らに価値を付加することで存在価値を高める努力が必要とされています。組織、チームのなかで同一の価値観を共有し、高い目標を掲げて効率性のある、患者第一主義を貫くことが、各個人が医療人として成長し、さらに病院全体が発展していくものと思います。
このような考えを基に地道により良い病院となるよう努力を重ねて行きたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

病院の理念/基本方針

・病院の理念
1.断らない医療
2.患者主体の医療
・病院の基本方針
1.救急患者さんはいかなる時も断ること無く受け入れます。
2.入院を必要とする患者さんは全て入院を受け入れます。
3.迅速診断・迅速治療・早期退院を心がけます。
4.常に向上心を持ち、医学知識、医療技術、診療態度のレベルアップに努めます。
5.医療事故の発生や院内感染を未然に防ぐために、医療の安全管理を徹底して行います。
6.患者さんに対し迅速で的確な情報を提供し、十分な説明と同意を心がけ、患者さんの意思と人権を尊重した医療サービスを提供します。
7.患者さんの病気についての個人情報の保護について万全を期します。
8.地域の声に謙虚に耳を傾け、地域住民が望む医療を行うとともに病気を未然に防ぐため、保健・予防知識の普及に努めます。
9.地域の医療・福祉施設、行政機関との連携を密接にして患者さんにとって最適な医療を行うと共にその能力の向上に貢献します。
10.国、地方自治体、NGO等に協力して災害救援活動を行います。
11.医師臨床研修指定病院として総合的診療能力を有する医師の育成に努めます。
12.医療のみならず地域文化の向上のために貢献します。

看護部

 (14637)

看護配置は基本的に7:1で配置しています。2交替制で24時間体制でチームナーシングを行っています。

看護部長あいさつ

 (14638)

川崎幸病院の魅力はスピード感。新しいことへのチャレンジ精神、そして実行力。それが当院の大きな魅力ではないでしょうか。そうできるのも、スタッフ1人ひとりの声を聞くことができるから。誰が何を望んでいるのかを聞き入れ、質の高いケアのために、働きやすい環境をつくるために、いいものはどんどん取り入れていきます。
また、スタッフ同士のコミュニケーションを取りやすいのも、当院のいいところ。他職種の仕事について知ることは、質の高いケアをするうえでも、スムーズに仕事をするうえでもとても重要なこと。勉強会や研修会、サークル活動などで知り合いになる機会は数多くあります。そこでできた仲間を大切にしてほしいですね。

新病院への期待
建物がきれいになり、働く環境も快適になります。ゆとりある空間、心地よいデイルームなどアメニティにも配慮した病棟、救急外来も広くなり、オペ室も手術台が増えます。看護師にとっては導線が縦になることもあり、最初は戸惑うこともあるかもしれませんね。病院が新しくなることで、今までよりも患者さんの要望もさらに高まるでしょう。働くスタッフにとってはさらにやりがいのある病院になっていくことと思います。

できることから少しずつ
地域の救急医療を担う当院。また、高度医療を担う当院では看護師に求められるものも多様です。その中で働くスタッフとして、まずは色々なことにアンテナを向けていてほしいですね。病院のことだけでなく、世の中のことについても知っていること。一社会人としてバランスのとれた人であってほしいと思います。チーム医療において仕事をするうえでは、それがとても大切です。
時にはつらくなって辞めたくなることもあるでしょう。しかし、人はそんなに何でもできるものではありません。「こうあるべき」という考えに固執する必要はなく、自分の思いを大切にしてください。自分のできることから少しずつ一緒にがんばっていきましょう。

看護部の理念/目標

・看護部の理念
患者の意思を尊重し、看護技術の向上・知識の獲得・円滑なコミュニケーションをめざす。
・看護部の目的
1. 看護の対象をあらゆる健康レベルにある自立した人としてとらえ、患者の立場に立ち全人的ケアを提供する。
2. 臨床の場は常に教育の場と考え、看護職員の知識・技能・コミュニケーションの向上を目指す。
3. 看護の視点が患者のニーズと合致できるよう、自己啓発に努め研究に取り組む

教育制度について

 (14645)

川崎幸病院は、“断らない救急”を理念に年間延べ10,000台近い救急搬送を受け、高度かつ専門的な急性期医療と看護を提供する地域の中核病院です。
そのため看護師教育は“急性期看護のプロを育成する”ことをコンセプトにし、卒後2年間で救急看護の実践能力を身につける研修プログラムを組んでいます。
 (14648)

 (14646)

自分を磨くことの大切さ

質の高い看護、個別性のある看護、そして患者さんの立場に立った看護。
それを実践するためには、知識や技術はもとより柔軟性や行動力、意志伝達能力といった資質も求められます。
さらに、人を相手とする看護職は患者さんとの関わりやチーム医療において高いコミュニケーション能力が必要とされます。徹底的に基礎を学ぶ、幅広い知識を身に付ける、指導者として勉強する… 看護師としてのスキルを磨く方法はさまざまです。専門性の追求もその一つ。専門看護師や認定看護師として学び、活動していくことは看護師としての能力を高め、さらに院内における看護の質を高めます。どのように学んでいくかは、人それぞれ。
川崎幸病院は、学ぶ意志に応えるための環境を整えるとともに、キャリアアップを目指す貴方を全力で支援します。

看護部の教育では、当病院が急性期機能に力を入れていることもあり、2年間で急性期看護のプロになれるように教育を行っています。

クリニカルラダーを採用しており、1年目だけではなく何年間にも渡って教育が続きます。そのため、看護師は、継続して、看護師としての知識やスキルを学ぶことができます。

また、クリニカルラダーは段階ごとに研修を準備しているので、看護師のスキルアップを段階を踏んで学んで行くことができます。

中堅以降の看護師は、看護師チームの中でのリーダーシップであったり、看護師としての専門性を学んでいきます。そして、将来的には師長や専門・認定看護師を目標として、学習していきます。

先輩看護師の声

1年目:循環器内科

1年目:循環器内科

新人研修を振り返って・・・
4月に1ヶ月間かけて行った集合研修はありがたかったです。特に、採血や胃管挿入など看護技術の実技研修の内容はいまでもずっと頭に残っていますし、病棟での看護に役立てているのがありがたいです。
集合研修のもう一つの良さは同期とのつながりが強くなったことです。各病棟に分かれた後も、月に1回集合研修で同期全員と会うことができ、情報交換をする機会を持てることは嬉しいです。
また、救急看護の教育も充実しています。BLSを2ヶ月に1回のペースで繰り返し研修してもらえることは、技術の定着につながっています。
3年目:整形外科

3年目:整形外科

川崎幸病院を選んだ理由
合同就職説明会に参加し、当院のブースを訪問したことがきっかけです。急性期・救急看護を基礎からしっかりと学ぶことができる教育プログラムが充実していること、断らない救急を病院の理念として掲げ取り組んでいること、2012年に新築移転となるためその立ち上げにかかわれることなどの説明を聞き、関心を持ちました。また、担当の人がわたしの質問や疑問に対して親身になっていろいろと教えてくれたことも当院を選んだ理由のひとつです。また、プライベートの環境も充実させたいと考えていたので、福利厚生が充実していて、都心や横浜へのアクセスが便利な川崎駅から近い病院だということも選んだ理由の一つです。
2年目:HCU

2年目:HCU

新人研修を振り返って・・・
川崎幸病院の研修の特徴は、急性期看護を身につけるための教育が徹底されているというところです。特に、1年目にBLSを繰り返し研修していただけたことが役立っています。「またBLSの研修か」と思うくらい繰り返し研修しました。
しかしそのおかげで、今では患者さんが急変した時に身体が自然と動くようになりました。ここまで急変時対応の研修を行う病院はなかなかないのではと思います。
4月の1ヶ月間の集合研修も看護技術の習得の面でありがたかったです。病棟配属前に学校で学んだことを実技研修を通じて振り返ることができるのは助かります。当院には看護技術をしっかりマスターできる教育体制があると思います

看護師求人のご案内

・募集人員看護師20名

・採用日随時

・基本給
看護師 230,364円
保健師 235,164円  ※経験加算あり

・手当て
住宅手当 10,000円
夜勤手当 48,000円(夜勤4回分)
別途、通勤手当・家族手当支給

・勤務
所定労働時間  37.5時間
二交替制
日勤 8:30~17:00
夜勤 16:30~9:00

・賞与年2回(7月・12月)
・休日
4週8休(年間休日104日)、夏季休暇2日、有給休暇(初年度12日、2年目15日、3年目以降20日)

・昇給年1回(4月)

・加入保険健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険

・福利厚生寮(通勤徒歩圏内に個室マンション完備)、24時間保育所、保養施設(リゾートトラスト他)

・応募書類履歴書(写真添付)・健康診断書(3ヶ月以内)・看護師免許のコピー
エントリー後、上記書類を採用試験日の10日前までに当院必着にてご郵送ください。

【郵送先】
〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町31-27
川崎幸病院 看護部 採用担当 宛
※期限までに書類郵送ができない場合は、事前にお電話にてご相談ください。
※応募書類は原則返却いたしませんので、予めご了承ください。
  当院で責任をもって対応致します。

・応募締切各採用試験日の2週間前

・応募書類面接・作文

福利厚生には、看護師寮が完備されています。全室個室になっております。看護師寮からは、東京や横浜へのアクセスもかなり良いです。

子持ちの看護師のために、託児所「さいわいほいくしつ」を用意しています。この託児所は、24時間体制で行っているので、夜勤で仕事が入ったとしても、安心して仕事に行くことができます。他にも短時間職員制度などを設けており、子持ちの看護師の方でも、仕事と育児が両立しやすいように福利厚生を整えています。

アクセス

 (14658)

周辺地図

周辺地図

・JR川崎駅西口から徒歩10分
広域地図

広域地図

・JR川崎駅西口下車:タクシーで約3分、徒歩10分
・東京駅より:JR東海道線(下り)川崎駅下車 – 約20分
・横浜駅より:JR東海道線(上り)川崎駅下車 – 約10分
・羽田空港より:京浜急行線・京急川崎駅下車 – 約40分
最寄り駅はJR川崎駅です。川崎駅西口より病院までは、徒歩約10分圏内のところに病院があります。

また、JR川崎駅からは、病院と駅とを繋ぐシャトルバスが運行しています。
歩くのが面倒という方は、シャトルバスをご利用ください。
シャトルバスは、川崎幸病院だけではなく、川崎幸クリニックにも運行しています。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |