摂取しやすい!≪美味しい≫グルコサミンゼリーの魅力 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

摂取しやすい!≪美味しい≫グルコサミンゼリーの魅力

昨今グルコサミンがとても人気です。しかし、飲みにくい事や手間がかかる点から服用するのを諦めている方もおられます。そこで今回、食べやすいグルコサミンゼリーの魅力と利便性をご紹介します。ぜひ検討してみてくださいね。

基本的に、錠剤タイプは空腹時は胃が荒れるために避けなければなりませんが、
ゼリーはいつでもどこでも食べられます。それもメリットですね。
ただ、不安だという方は食後のデザートとして食べるのをおすすめします。

膝が痛い方はグルコサミンを!

高齢化にともない「膝の痛み」「膝関節の痛み」は老化現象の一つとしてあげられます。整形外科では、痛み止めの処方、筋肉トレーニング、関節にあのヒアルロン酸を注射(かなり痛い)で対応しています。しかし、これだけサプリが売れている状況を考えると西洋医学的なアプローチにも限界があるんじゃないでしょうか?

親孝行としてグルコサミンをプレゼントした、なんて話も聞きます。そのコンドロイチンを補給することが期待されている(効果はハテナ)グルコサミンが糖尿病で引き起こされる神経障害と似た症状を副作用的に引き起こすことが判ってきました。

いくらゼリーで食べやすくても、同じ味だと飽きてしまいますよね。
しかし今では、梅味やブドウ、リンゴ、グレープフルーツなどいろんな種類の味が販売されているので、
ローテーションで食べるのも良いですね。
ただ、味だけで決めずにきちんと成分も確認してください。

終わりに

錠剤やカプセルを飲むのが苦手な人も結構多いですよね。
他に飲んでいる薬があるので、沢山飲むことになるとか、飲む時に水ばっかり飲んでしまうとか・・・。
ゼリーのグルコサミンなら、おやつを食べるように美味しく食べられるで、簡単、お手軽です。

グルコサミンゼリー摂取量や摂取タイミング

膝や腰に不安のある方に人気のグルコサミンは、50代、60代以上の年配者に特に人気があります。
年配者ですと飲み込む力が弱くなっています。
錠剤では飲みにくいという人も多く、しかも何錠も飲まなくてはならないと、とても辛いものです。
変形性関節症を改善するためには1日1〜1.5グラムが基本です。
体重別にいうと、55キログラム以下なら1グラム、55〜90キログラムなら1.5グラム、それ以上の人は2グラムという数字が目安になるでしょう。
ゼリーが美味しくてついつい食べ過ぎ・・・というのはNGです。
基本的には「1日1包」というのが多いですが、
こうした情報は商品の成分表に細かく載っていますので、きちんと確認して容量を守ってくださいね。

「水がいらない」「持ち運びが便利」

グルコサミンゼリーって?

錠剤・タブレットはかまずに食べられるタイプを除き、基本的に水またはぬるま湯と一緒に飲用する必要があります。

そのため、外出時などは手近に水がないと飲むことができず、利用できる場所が限定されてしまいます。

一方、ゼリータイプはパウチ包装を開封したら、その場ですぐに食べられるので、水や食器などをわざわざ準備する必要はなし。

ゼリータイプとは、ゼリーの中に有効成分を凝縮したデザート感覚のグルコサミンサプリメントです。

これまで、サプリメントと言えば錠剤・タブレットや顆粒タイプが主流となっていましたが、近年は多様化する消費者のニーズに応えるため、ゼリータイプのサプリメントも広く販売され始めています。

ゼリーと言うとカップに入っている商品を想像しますが、サプリメントの多くは細長いスティック状にパウチ包装されているのが一般的で、スプーンいらずでそのまま食べることが可能となっています。

いろんな味を楽しむのも良いですね。

グルコサミンゼリーは食べやすい!!

このように、グルコサミンゼリーは気軽にも食べられるのでおすすめの商品です。
グルコサミンを摂取したけど錠剤が苦手・・・という方はぜひいろんな味を試してみてくださいね。

錠剤だと薬を飲んでいる気分になったり飲みにくいという方は、
ゼリーだとおやつみたいな感覚で摂取できるので魅力的ですよね。
ちなみに、冷やすと美味しいですよ。
いくら栄養価が高いものでも、毎日摂取しないと効果は出にくいです。
しかし、このゼリータイプは外出先でも忙しい時でもさっと食べられるので、
継続して服用するのにピッタリですよね。

いつ摂取すればいい?

どの位摂取すればいいか?

三色スイカ : 神戸あいけんミツケン日記

オススメの記事

このまとめのキュレーター

110

カテゴリ一覧

110

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |