青汁を飲んだらどんなメリットがあるの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

青汁を飲んだらどんなメリットがあるの?

一日に必要な野菜の量は350gと多いので、飲み物として飲んだ方が時間的にも短縮できておすすめです。今では青汁といっても、お子様でもジュース感覚で飲めるものが販売されています。

①ビタミンやミネラル、食物繊維の補給

どんなに効果がある健康食品だろうが、摂取しすぎてはまったくの無意味!
何事もバランス良く、ほどほどが肝心ってワケです。

1日に必要な栄養分は体に吸収されますが、過剰に取り過ぎると体の外に出されてしまうので飲んでも無駄に。

1日の摂取目安量を守ってくださいね。
商品によって摂取量は異なりますが、1日2~3杯が平均です。

体内リズムを身につける

飲み物だと吸収・消化も早いです。
生野菜にしかない成分もあることを覚えておきましょう。
とにかく、毎食野菜を食べられるのが理想ですね!
青汁は、製造の段階で原料の野菜の食物繊維がばらばらに分解されています。
ビタミンやミネラル、酵素と言った栄養素は可能な限りそのまま含まれています(時間経過とともに壊れる場合もあります)。
生野菜と比べても、消化、吸収はスムーズに行なわれると思われますね。

ただ、新鮮な野菜にしか含まれない水溶性のビタミン群(ビタミンC、ビタミンBなど)は青汁だけで摂取するのは不足するかもしれません。
やはり普段の食事で栄養を摂るようにして、青汁はそれ以外の不足するものを補うと考えるのがよいでしょう。

青汁に含まれる食物繊維やミネラル類で、毎朝快適に排便ができるようになります。

体内のリズムが整う事で、毎日精神的にも身体的にも快適に生活を送ることができます。

そして、青汁に含まれる眠気を誘う成分であるメラトニンは、体内時計に働きかけ、スムーズな入眠と深い眠りそしてすっきりとした目覚めに導いてくれます。

睡眠の質が高くなると、健康の増進や美肌、そしてストレスの緩和にも大きな影響を与えます。

青汁に含まれている成分の多くは、人間の身体では生成することができないビタミン類やミネラルです。

青汁の野菜の成分には食物繊維とビタミン類やミネラルが多く、例をあげますとビタミンB1は精神を穏やかにしイラ立ちを鎮める効果が、ビタミンCは免疫力を上げたり美肌効果のコラーゲンの形成に役立ち、ビタミンEは血管の緩和による動脈硬化を防いでくれます。
もちろん、他のビタミンも身体に多くの影響を与えてくれます。
そのため青汁ダイエットはリバウンドしにくいのでおすすめです。

またミネラルは人間の身体の元素の中の4%を占める成分であり、身体をつくる手助けをしたり、生命機能の維持に働きかけるなどの効果があります。
カリウムという成分も、ナトリウムとのバランスを取って血圧を安定させるだけではなく、身体の余分な水分や老廃物の排出というように幅広い効果があります。

食物繊維は直接な栄養素にはなりませんが、腸を活性化させて老廃物を排出してくれます。
つまりは便秘の解消です。
便秘の原因はいろいろありますが、やはり野菜不足による原因が多く、青汁を摂ることで解消されたという人もいます。
便秘は感覚がマヒしがちですが、食べて排出するという当たり前のことができていない証でもあるのです。

腸に老廃物が溜まっていますと、ビタミン類やミネラルが身体に摂取されにくいため、老廃物を排出することは二重の意味で重要です。

これらの栄養成分を、効率よく摂れるのが青汁なのです。

睡眠がしっかりとれるのは大事ですよね。

夜の22時から午前2時までのゴールデンタイムには成長ホルモンがでます。
成長ホルモンは何歳になってもでるそうです。
青汁を飲むだけでなく、そのゴールデンタイム内に出来るだけ眠るよう心がけましょう!

一日に何杯も・・・・と飲みすぎでは、せっかくの栄養分も体外に流れてしまいます。
それはもったいないです! ですので、決められた量を飲むようにしましょう。
また、極端に野菜は青汁だけから摂取するというのも、
栄養が偏ってしまうので、バランスの良い食事を心がけましょう!

生野菜との違い

何事も継続することが大切です。
ですので「飲み忘れ」がないように、飲む時間を決め習慣づけていきましょう!
無料の写真: メトロノーム, テンポ, 目盛り, スイング, リズム, サウンド - Pixabayの無料画像 - 812679

青汁にはとても多くの成分がはいっていますね。
野菜を計画的に毎日食べるのが難しい方に青汁はおすすめです。
今では、野菜が苦手なお子様でも飲みやすい青汁もありますよ。

また、便秘は野菜不足が原因なのですね。
多くの女性が便秘で悩んでいると思いますが、それだけ野菜不足の方がいる証拠でもありますね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |