使用前に確認!ブルーベリーサプリの気になる副作用 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

使用前に確認!ブルーベリーサプリの気になる副作用

健康食品であるブルーベリーは抗酸化作用が強く、目の健康や美容に嬉しい効果があります。サプリメントで積極的に体内に取り入れたいところですが、それによる副作用はあるのでしょうか?調べてみました。

ブルーベリーに含まれるアントシアニン色素は、視覚に関係する物質の再合成を助けることで、視力の低下を防ぎ、目の機能を高めることになります。
目の疲れやドライアイが改善する人が多いです。

またアントシアニンには、強力な抗酸化作用を持ち、ガン、老化促進、心臓疾患といった生活習慣病を引き起こす原因となる「活性酸素」の悪い影響を消す働きがあるといわれています。

さらにブルーベリーには、若返りの効果の抗酸化作用があることも研究で分かっています。
他にもブルーベリーには、血行を良くし、毛細血管を強くする効果もあることが分かっています。

ブルーベリー中のビタミンAは、それほど多くはありませんが、体内に貯蔵されやすい成分です。
よって、サプリメントの過剰摂取でのみ、問題になると思います。
ブルーベリーは食品ですので副作用はありません。
サプリメントにした場合も同じでしょう。
ただ、何か調子が悪くなったときは、一旦、中止したほうがいいと思います。
効能を聞くと、サプリメントをたくさん飲んで、効果を上げたいと思ってしまいがちです。
しかし、必要摂取量以上を体内に入れても、それほど効果は上がりません。
むしろ、ブルーベリーに本来ないはずの副作用が出てきてしまうので、用法容量はきちんと守りましょう。
目の疲労回復に必要なアントシアニン量を得るには、ブルーベリーをたくさん食べる必要があります。
生なら60g~300g、ドライフルーツなら12g~25g、ジャムなら40g~90gと、けっこう多いです。
サプリメントなら1日数粒でいいですし、持ち運びも便利なのでお勧めです。
ブルーベリーのアントシアニン含量は野菜や果物の中でもトップクラスなのだそうです。
中でもビルベリーという北欧産の品種は、アントシアニン量が高いことで知られています。
サプリメントを選ぶ際に参考にしてみてください。
ブルーベリーは胃に刺激を与えるタンニンを含むので
空腹時に飲むと稀にお腹が痛くなることがあります。

ですが副作用という形で健康上に害が出る訳ではないので
食後に飲むようにすれば腹痛は起こらなくなります。

それとブルーベリーには相性が良くない薬があり
糖尿病や血栓症で薬を飲んでいる方は一応医師と相談して下さい。

妊婦さんはビタミンAに注意

稀にお腹が緩くなることもあります

ブルーベリーの有効成分のアントシアニンの1日の目安の摂取量は43mgから90mgとされていて、商品ごとに摂取量の目安があります。そして過剰摂取で特に注意しなければいけないのが妊婦や授乳中の人の場合で、ブルーベリーサプリメントに含まれるビタミンAは、一般の人には目のビタミンと呼ばれているおすすめの成分ですが、妊婦などがビタミンAを過剰摂取することには注意が必要となっているので、とにかくブルーベリーサプリメントは過剰摂取だけには気を付けて服用するようにして下さい。

ブルーベリーは手軽なサプリメントがお勧め

手軽さのリスク!サプリメントは過剰摂取に注意!

サプリメントで特定の栄養素を摂り過ぎると、からだが驚いて拒否反応となって現れ、副作用を引き起こしてしまうかもしれません。

過剰摂取によって副作用をもたらすとされる成分はたくさんあります。

一概にこれらの栄養素だけが各病気の原因だとは言い切れませんが、過剰摂取が何らかの影響を与えている可能性が非常に高いといわれています。

健康のために摂っているサプリメントでからだを壊してしまったら元も子もないですよね。

1日の摂取(目安)量をきちんと守って摂取するようにしましょう。

ブルーベリーの決め手はアントシアニン

毎日続けていくには、安定した量を継続して摂ることができるサプリメントがおすすめです。体に必要な栄養素を簡単に、そして確実に摂りいれることができます。なによりひとつの栄養素を摂るために、同じものばかりを毎日食べていては栄養のバランスが崩れます。そして何より飽きてしまいます。どんなにブルーベリーが美味しくても毎日300g食べるのは大変!サプリメントは、1~3粒ほどで一日の必要量を摂取できる優れものです。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |