副作用ってあるの??知っておきたいグルコサミンの話 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

副作用ってあるの??知っておきたいグルコサミンの話

加齢とともに減っていくけど、健康的に生活している上で欠かせないのがグルコサミン。サプリメントで簡単にとることが出来ますが、それって副作用やデメリットなんてものはないのでしょうか。

グルコサミンは関節・軟骨に必要な成分。

グルコサミンって何?

グルコサミン、ご存知の方もいるかもしれませんが、カニの甲羅やエビの殻などに含まれている成分です。ムコ多糖類の一種。

このグルコサミンは軟骨を含め、私たちの全身の組織に存在しています。

そしてグルコサミンはもともと私たち人間の体内にある成分です。

しかし、年齢とともに体内でグルコサミンは作られにくくなります。

グルコサミンの健康食品やサプリメントは、カニ や エビ の殻などから 取り出したキチン質を原料にした製品が多いため、甲殻類にアレルギーがある方は グルコサミンの製品の原料をしっかり確認するなどの注意が必要になります。

また、グルコサミンの過剰摂取により、ごくまれに 胸焼け や 胃痛、吐き気、 消化不良などの胃の不快症状が現れるという報告があるようです。

そのため、グルコサミンを摂取する場合は、過剰摂取にならないように健康食品や サプリメントなどの製品の表示、ホームページなどを確認した方がよろしいでしょう!

グルコサミン自体に副作用が出るというケースはほとんどないようです。

何らかの副作用が出る可能性として高いのはアレルギー反応です。

グルコサミンは甲殻類から抽出することが多いので、甲殻類にアレルギーを持つ人はフカヒレや植物由来の

グルコサミンを摂取するようにしましょう。

グルコサミンを多く含む食品は・・・?

グルコサミンを多く含む食品には大きく分けて動物性と植物性のものがあります。まず動物性のものですが、カニやエビの殻、桜エビ、鶏・豚・牛の軟骨やフカヒレ、うなぎなどに多く含まれます。一方、植物性のものとしてはオクラやヤマイモ、なめこなど、ネバネバ成分からグルコサミンを摂取できます。とはいえ、どれもふだんから常食できる食材とはいいがたいため、足腰や関節の痛み、悩みなどを本気で改善したいということであれば、サプリメントでしっかり習慣づけることが大切です。
上記の食品を食べることでグルコサミンを摂取できると言ってもなかなか必要量を毎日摂ることは難しいでしょう。

桜エビや軟骨にグルコサミンがふくまれていると言ってもその量はほんの少し。なかなか食生活から

満足な量を得ることは難しい成分なのです。そんなグルコサミンを手軽にとることが可能なのはサプリメントです。

しかし、何事にもデメリットはつきものです。

サプリメントでグルコサミンをとるうえで注意すべきことは何でしょうか。

加齢とともに気になってくるのが関節の痛みです。歩くと関節が傷む・・・何てことになったら、毎日の生活に

支障が出てしまいます。この原因が【グルコサミンの減少】だったんです。

毎日元気で活動的でいるためにもグルコサミンは体内に絶対必要なのです。

グルコサミンはアミノ糖ともよばれる物質で、私たちの身体の中でもブドウ糖を原料にしてつくられている健康成分です。身体の中でつくられたグルコサミンも食べ物から摂ったグルコサミンも、軟骨の成分であるヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸の原料になります。軟骨の成分にはそのほかに、コラーゲンなども含まれます。軟骨の健康を維持するには、グルコサミンはもちろんですが、多様な健康成分を摂取することが重要です。
 最近では、グルコサミンがどのようにして関節・軟骨に作用するのか、そのメカニズムについて詳しく研究が進められています。それによるとグルコサミンは、単純に軟骨成分の原料となるだけではなく、軟骨の代謝を調節して軟骨修復を促したり、痛みがある部位で起こっている炎症を鎮めるはたらきがあることなどが確認されています。
カニの成分を毎日摂取 | やわたグルコサミンは安心して飲める~安全安心ヘルスサプリ~

やわたのグルコサミンの効果や成分、副作用の有無、通販情報など

生活していると軟骨は少しづつすり減ってしまいます。

グルコサミンはそんな軟骨を修復するために必要な成分なのです。

加齢とともに体内で作られにくくなってしまう【グルコサミン】

それって私たちの体の中のどこに必要なものなのでしょうか。

国産グルコサミン | やわた【八幡物産】

グルコサミンの危険性はほとんど報告されていません。稀に腹部の不快感や皮膚反応、頭痛等があるとされていますが、基本的に無害な成分と考えられています。ブドウ糖と同程度の血糖値上昇の可能性はあるため、糖尿病の方は注意してください。また高脂血症や高血圧の場合も注意するように、とされています。

過剰摂取しない限り問題が起こる事はほとんどない成分ですが、原料にカニやエビ等を使用する為、甲殻類にアレルギーがある場合は使用を控えた方が良いでしょう。また妊娠中や授乳中の使用に関する安全性は確かではないため、使用を避けた方が良いでしょう。

原料にアレルギーを持っていると副作用がでてしまうので注意が必要。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |