なぜ20代で個人再生・・・借金を重ねてしまう理由とは? | キュレーションメディア

なぜ20代で個人再生・・・借金を重ねてしまう理由とは?

20代で借金を重ね、個人再生等の債務整理を行う方も少なくありません。若い時にどのような理由で借金を重ねるのでしょう。なぜ返済不能に陥ってしまうのでしょうか。20代の若者ならではの借金を重ねてしまう理由について調べてみました。

物欲に駆られて借金をする。

 (11458)

世の中には若者がほしがる物がたくさん有ります。

簡単に手に入れたものに対しては愛着も薄く、最新の変わるものが世に出てくれば興味はそちらに移行してしまう。新しいモノを持っていたい、人が持っていないモノを持っていたい、周りに自慢したい。そういう身の丈に合っていない生活に憧れる若者が、借金をしてでも買い物をしてしまうケースが増えているという。

お金に対する価値観をちゃんと教育されないまま、携帯電話やクレジットカードを持つ若者。彼らにとってそれはおもちゃの延長のような感覚なのかもしれない。なぜなら携帯電話を持っていて、壊れていなくても最新型が出たら買い換えてしまうも、旧型と新型の違いは?と問うたところでわからないという答えが多いからだ。ただ新しいから、皆が持っているからという理由で最新型に手を出す。

20代は人生で最も楽しい時かもしれません。
気力も体力も充実しており、人生を楽しむためのアイテムがたくさん販売されています。

お金さえあればそれらを手に入れる事ができますが、20代の給料では安く、ほしくても購入出来ない事もしばしば。

そんな時に借金をして購入してしまうケースが多いようです。
若いだけに「後で働いて稼いで返せば良いや」と楽観的に考えて借金をしがちです。

ギャンブルにはまってしまう。

競輪のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (11459)

パチンコや競馬競輪、ギャンブル天国の日本です。

パチンコやパチスロなどは大学在学中に覚える人もおり、新社会人となりこれまでにないまとまったお金を手にすることでギャンブルにハマってしまう20代も多いようです。勝ち負けのスリルやお金を増やす目的など様々としていますが、持ち金をはたいても止められず取り戻すための借入をすることで借金を抱える若者も存在しています。

20代で個人再生をする人の多くは、私利私欲のための借金としいつの間にか多額な負債となってしまったという人が多いようです。安定した収入が見込める人が条件としており、OL、サラリーマン、契約社員などとして働いている方が個人再生手続きを行っているようです。

ギャンブル依存症と言う病気がありますが、ギャンブルの魅力を知ると、なかなか抜け出せなくなります。

負ければ負けるほど熱くなるのがギャンブルなので、借金をしてまで賭け、負けを取り返そうとします。

取り返そうとすればするほど掛け金は大きくなりますので、気がついたら莫大な借金を背負っているのはパターンです。

20代の若い時は血気盛んですから、ギャンブルにもはまりやすい傾向にあります。

転職などで収入が減り、家計が厳しくなるケース。

転職を考えている男性会社員のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (11461)

転職のチャンスの多い20代だからこそ、上手くいかないケースも多いです。

約5年前にお勤めだった会社が倒産し、転職するまでの間、住宅ローンの支払いのために毎月10万円程度を消費者金融から借りておられました。住宅ローンの支払いは毎月10万円。折りからの不況で転職が難しく、借金も400万円にまで膨らんでしまったそうです。その後、転職は成功されましたが、毎月、借金の返済だけでも約20万円を支払っておられました。住宅ローンの支払いが残っているため、自己破産は難しい状態でした。
そこで、Mさんには個人再生をお勧めしました。その結果、毎月の支払い額は2万8,000円にまで減額。住宅ローンと合わせると、月々の返済額は13万円にまで圧縮することができました。

自己破産をすると、ご自宅などは手放さなくてはなりません。しかし、個人再生という方法で解決できる場合もあります

思い描いていた人生とは違う。
20代の時にはそんな事をよく思います。

20代ならまだ何の仕事でもできる年齢なので、やり直しが聞くだけに、安易に他の職業への転職を考えがちです。

転職がうまくいけば良いですが、転職してさらに状況が悪くなる事も少なくありません。むしろその方が多いでしょう。

会社が倒産した、転職に失敗した、退職してしまった。
収入が下がり、生活を維持するために借金を重ねるパターンは珍しくありません。

20代なら借金から立ち直るチャンスは多くあります。

応援する人のイラスト(男性) | かわいいフリー素材集 いらすとや (11462)

20代は若くて将来が有ります。裁判所も個人再生の計画を立てやすいです。

ただし、個人再生の制度を利用するには、いくつか条件があって、たとえば、安定した収入が将来も見込めることなどがあります。

サラリーマン(正社員)であれば、まず問題はないでしょう。自営業者でも安定した収入があることが証明できれば個人再生は使えます。

逆に、フリーターや派遣社員だと、この条件に合わないので、他の債務整理の方法を取るか、借金を返し終わるまでの数年間は耐える覚悟で、とりあえず正社員で働けるところに潜り込むかする必要があります。

ちなみに、個人再生の最低弁済額は、以下のように決められていますが、サラリーマンの場合は、2年分の可処分所得と比較して、多い方が弁済額になります。

20代で借金で首が回らなくなった場合、安定した勤め先さえあれば、裁判所で個人再生は認められるはずです。

若者が借金を理由に命を絶つケースも少なくありません。
そうした状況の若者を救う為にも、個人再生制度はあります。

個人再生で借金を減額する事が出切れば、十分にやり直しが聞きます。
20代で個人再生を行う事は、借金地獄で人生を破綻させるよりも、よほど賢明な判断です。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |