人気の高いフライトナースのお仕事とは | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

人気の高いフライトナースのお仕事とは

ヘリで患者がいる場所に駆けつけるフライトナースの人気が高まっています。仕事内容、やりがいを見てみましょう。

フライトナースとは

ドクターヘリに乗り込む看護師。救急患者の看護活動などを行う。
フライトナースは、医師とともにドクターヘリに搭乗し、より緊急性が高い患者の救護活動を行います。

普段は院内の救命救急センター働いている方もいますが、出動要請がかかり次第、ヘリに乗り込み、時速200~250kmのスピードで患者の元へ向かいます。

 (4599)

医師と共に、患者の元にヘリで駆けつけます。

フライトナースの人気が高まっている

テレビドラマや医療特集など、メディアで取り上げられることが多くなってきた救急医療。中でも、ドクターヘリに乗って医師と一緒に遠隔地で救急医療を実践するという、フライトナースの人気が上昇しています。看護師を目指す学生の中にも、フライトナースに憧れて入学してきた人も結構いるみたいですね。
 (4603)

テレビで見る機会も増え、人気が高まっています。

フライトナースのお仕事は

フライトナースは、毎日ドクターヘリに乗るわけではないので、普段は救急で重症患者さんの処置を行うことになります。要請があった場合には、医師と看護師がペアになってドクターヘリに登場、緊急を要する患者さんがいる現場に向かって救命医療を行うことになります。
初期治療ののちに、病院へ患者の状態をもれなく伝えるのもフライトナースの役目です。
 (4608)

病院に運ぶまでの間に、救命医療を行います。
フライトナースといっても毎日ドクターヘリに乗るわけではありません。普段は救急で重症患者さんの処置を行っています。

フライトナースに求められる資質とは

フライトナースになるためには、救命救急の知識や経験が不可欠。
日々勉強を怠らない、講習会へ参加するなど、スキルを高めるための意欲も求められます。

そして、何よりも重要なことは自分の体調管理。
一刻一秒を争う現場でフル活動できるよう、常に体調を万全に保つ必要があります。

様々な症状及び重症患者さんに対応しなければならないフライトナースは、常に緊張感を持った仕事だと言えます。物事を瞬時に判断し先を見据えた行動が必要となるため、仕事をテキパキ熟せる人でないと難しい仕事と言えるでしょう。
 (4613)

とっさの状況で最善の選択肢を選ぶ判断力が求められます。
給与目当ての志願では、この過酷な仕事を続けていくことは難しいでしょう。
「フライトナースとして患者を救いたい」と強い意志を持つ人こそが、この仕事で輝ける人なのです。

フライトナースのやりがいは

“ヘリがなければ助からなかったかもしれない命を救うことができた”
現場において、患者の初期治療の補助及び処置を行うという、リアルタイムの救命を行うことができ、やりがいをより一層感じられます。
 (4618)

病院に着くまでに命を落としかねなかった患者を救うことが出来ます。

フライトナースの苦労する点は

フライトナースは、救急外来での業務に当たりながら、要請があれば数分以内に離陸して現場に向かいます。離陸後は限られた時間や情報から患者さんの病態を予測して、必要物品をヘリで準備したりするため、とっさの判断力を求められる瞬間が多くなります。
via http://看護師転職求人サイト比較.net/tenshoku-career/flight-nurse.html
フライトナースは、テレビドラマなどで取り上げられ人気が高まっています。
救急車で病院に運ぶまでの間に亡くなる患者もいます。
ヘリで駆けつけることでそれらの人を救うことが出来たら、これほどのやりがいはないことでしょう。
フライトナースへの転職を目指す人が増えるのもうなずけます。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |