【実装済み】新しいトレーニングバトルの方法と楽しみ方!! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【実装済み】新しいトレーニングバトルの方法と楽しみ方!!

ポケットモンスターといえば、図鑑埋めと同様の楽しみなのが『バトル』♪♪(/・ω・)/ポケモンGOのバトルには3つのシステムが存在しますが、正直最近のアップデートまで「低ランクお断り」のごとく猛者ばかりで遊べる感じが全くしませんでしたよね(笑)

ジムバトル

 (4752)

ジムバトルには、主に「敵チームのジムを攻撃」「無所属ジムの奪取」「トレーニング」の3つのシステムがあります。
戦い方 効果
敵チームのジムを攻撃  敵の名声を下げる
無所属ジムの奪取     自チームのジムにできる
トレーニング         ジムの名声が上がる
仲間チームのジムであなたのポケモンをトレーニングする

自分のチームカラーのジムは仲間によって防衛されている仲間チームのジムです。 仲間チームのジムでトレーニングバトルをすれば、XPを獲得でき、ジムの名声が上がります。トレーニングすればするほど、ジムの名声を上げられます。

仲間のジムでのトレーニングバトルは敵のジムでのジムバトルと似ていますが、1つ例外があり、対戦するポケモンのCPが自分のトレーナーレベルに合うように調整されます。 トレーニングバトル中に瀕死になったポケモンは、敵のジムでのジムバトル中に瀕死になった時と同じように、復活させる必要があります。

見事自分カラーの陣にして、防衛を22時間以上すると課金コインがもらえるシステムなのもあり、皆一生懸命だったワケですが…ジムを防衛するためには「名声」をあげて配置するポケモンを増やしていくしかないのにも関わらず、全くもって太刀打ちできる感がなかったんですよねぇ(笑)
ということもあり、ワタクシは図鑑埋めばかりしていました(笑)

さて、アプデ配信されましたよ☆

 (4754)

リリースノートによる変更点は次のとおり:

タイプの捕まえやすさ:捕まえたポケモンそれぞれのタイプのメダルがランクアップすると、そのタイプのポケモンが捕まえやすくなるボーナス効果を得られるようになりました。
トレーニングバトルのアップデート:仲間チームのジムで、プレイヤーの手持ちのポケモン6匹でトレーニングバトルを挑めるようになりました。トレーニングでは、相手のポケモンのCPがあなたの実力に合わせて調整される場合があります。
”たまご”と”ふかそうち”の画面に表示される、歩いた距離が定期的に更新されるようになりました
一部音声のバグを修正
進化のアニメーションを最適化
その他バグ修正

さまざまな機能が加わったり変更が起きた今回のアプデで
このジムトレーニングのシステムも変更…というか、改善されました♪♪(/・ω・)/

仕様が変更に☆

 (4738)

従来はジムのレベルにかかわらず一体のみでしか挑戦できませんでした。

高レベルトレーナーどうしが戦った結果、たたでさえ強力なポケモンが配置されていることが多いため、最高レベルに強いポケモンを持っているトレーナー以外は、一体で挑んでもろくな試合にならず、すぐに負けてしまいチームの名声にもあまり貢献できませんでした。

トレーニングバトルとは、仲間チームのジムで行うジムバトルのことです。今までは手持ちの6匹のポケモンのうち1匹だけしかバトルに参加できませんでしたが、これからは6匹全員で参加できます。
CPの調整に関しては、スクリーンショットの例をみると(下が調整前・上が調整後)、CP1208のカイリューがCP733へと変更されています。

トレーナーレベルが低い初心者にとって、これまでCPの高いポケモンが並ぶジムでトレーニングをすることは実質不可能でしたが、CPの調整が行われることで誰でも参加できるようになるようです。

がんばって名声をあげよう!

 (4753)

ジムレベルは最高「10」で、ひとつのジムには最大で10体のポケモンが配置できます。ジムに配置できるポケモンの数を増やすには、同じ陣営のトレーナーがジムでポケモンとバトルする「トレーニング」を行う必要があるのです
同じチームのジムで対戦して名声を上げよう

自分のチームと同じ色のジムで戦って勝つと、ジムの名声が上がる。名声が一定以上まで上がるとジムレベルが上がり、配置できるポケモンの数が増える。

やはりコインを入手するためには防衛をしなくてはなりません!
そして防衛のに効率的なのは、そのジムの名声をあげてたくさんのポケモンを配置することです♪♪
課金コインを無料で手に入れるための唯一の手段なので、
張り切って挑んでみたいですね!!(/・ω・)/

元のページを表示 ≫

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |