どうぶつの森でデザイナーになろう♪『どうぶつの森ハッピーホームデザイナー』 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

どうぶつの森でデザイナーになろう♪『どうぶつの森ハッピーホームデザイナー』

今現在どうぶつの森で住人として暮らすシリーズでは1番新しい作品のハッピーホームデザイナーですが、一体どんなことができるようになっているのか今までの作品との違いなどを紹介していきたいと思いますです☆

ハッピーホームデザイナーとは?

 (3448)

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』は『どうぶつの森』シリーズの大きな魅力のひとつである「家づくり」をとことん楽しむことができるゲームです。どうぶつの希望する家のイメージを聞いて、土地選びから始まり、家の外観や庭、インテリアまで、こだわりの1軒をコーディネート。どうぶつたちの家のほかに、学校やレストランといった大きな施設の設計にもチャレンジします。
『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』は、スローライフ的な要素は無いが、
自分が住む家づくりではなく、どうぶつ達が住む家を作るのに特化した内容です。

主人公は、たぬきちが運営している『たぬきハウジング』の新入社員となり、
お客である動物たちの接客やインテリアコーディネートを行うことになる。

数ある家具やインテリアの中から、住人の住まいを自由にコーディネートをしたり、
ゲームを進めていくと学校や病院などの公共施設のデザインもできるように。

お金や資材を集めたりするような要素は一切なく、
ホームデザインをしてコーディネートを楽しみつつ住人やカタログのアイテムを増やしていく、
のんびりとしたゲームシステム。

デザイナーとして村にやってきていろいろなデザインをする♪
好きなようにデザインできるのでそういうコトが好きな人には
向いてるゲームなんじゃないかと思いますです(^ω^)☆

amiiboカードが使えるようになった♪

 (3450)

ハッピーホームデザイナーではamiiboカードに描かれた住人をゲーム内に呼び出すことが出来ます。

NEW3DSの方はamiiboカードを本体にかざす、旧3DSの方はNFCリーダー/ライターが必要です。

amiiboカードでできること
・amiiboフォンで読み込めば、カードに描かれた動物が依頼にやって来る。
・完成した家や施設に、カードに描かれた動物を招待できる。
・カードに家具を記録させて、他人の3DSに読み込ませてカタログに家具を追加できる。
たぬきハウジングにある「amiiboフォン」を利用してamiiboカードを読み込み、
依頼を受けてホームデザインをすることで、そのどうぶつが住人として登録される。
誰かの家を訪問している際、下画面でamiibo用のアイコンをタッチすることで、
amiiboカードの読み取りが開始。読み取ったamiiboカードのキャラにその家を一時的に訪問してもらえる。
なんと!専用のamiiboカードが使える仕様になったのです!
DSでamiiboを使うようになった作品第一号です☆
スマ○ラが出たときはまだリーダーが発売されてなかったですからね。

今までの作品との違いは??

 (3452)

従来の「どうぶつの森シリーズ」とは趣向が異なり、どうぶつの部屋作りに特化したタイトルとなっている。プレイヤーはニュータウンの「たぬきハウジング」に入社し、どうぶつの希望に沿って、土地選びからインテリアまでトータルコーディネートを提案する。
セーブデータの数は一つ
自分の家は存在しない
釣り虫取りベル稼ぎショッピング等はできない。
一定の街でしか身動きを取れない。なお、島など等もない
家具は少し増量したが、過去のどうぶつの森にあった家具の大半は消えている
あなたはたぬきハウジングの社員として、この街にやって来ました。

自分のお城を夢見る住人たちのためにひたすらお部屋をコーディネイトします。

とにかく個性的などうぶつたち。
性格、趣味嗜好、ファッションセンス、ライフスタイルもみんな違います。

このゲームは、そんなどうぶつたちのお部屋をコーディネートしてあげる事。

今までは『たぬきちに借金を返済していくスローライフゲーム』でしたが
この作品は『たぬきちとタッグ組んで家をデザインやらコーディネートするゲーム』
となったようです(笑)借金生活からは回避できたようですね☆キラッ
今までのような生活を楽しむ感じではなくなってしまいましたが
デザインとかが好きな人にはイイと思いますし大人でも楽しめる作品です♪
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |