披露宴に振り袖を着付けてもらうことに。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

披露宴に振り袖を着付けてもらうことに。

めったに着物を着ない女性が、結婚式やパーティーで振り袖を着ることになると、いろいろと悩みが出てくるものです。どんな小物や下着がいるのか、レンタルで借りた時の注意点など、まとめてみました。動作ひとつでしぐさ美人になれます。

結婚式の披露宴や華やかなパーティーには、洋装で出かけることが多いと思います。しかし、親戚の結婚式や成人式など、知人と一緒に振袖で出かけることになった時、女性の頭をよぎることは着付けができるかな?という心配です。
衣装や小物はレンタルで借りることになっても、何を用意して行けば良いのか、女性達は悩んでしまいます。
やっとの思いで振り袖は気に入った柄を見つけることができたら、次は着付けには最低限どんな小物を用意すれば良いのか、着付けの時の心構えなど気になるところです。
誰もがまず心配する下着や肌着についてまとめました。

結婚式に振り袖をレンタルした女性の悩み!

結婚式に友人と振袖を着る約束をして、式場の貸衣装屋さんにレンタルで振り袖を依頼しました。式場は自宅から遠方なので、ほとんどをレンタルすることにしたのです。
そこの貸衣装屋さんでは、下着類からぞうりやバッグまですべて揃えて借りれることが分かり、電話で依頼しました。
しかし、当日用意するのはタオルのみと言われましたが、本当にこれでよいのでしょうか?
そこで悩んだことは、
1.タオルは普通のフェイスタオルでよいのでしょうか?色は白がよいですか?
2.下着は、普段から身に付けているブラジャーやショーツのままでもよいのでしょうか?。

貸衣装屋さんに確認すると、結婚式など成人式以外で振り袖をレンタルする場合は、
袋帯・帯締め・帯あげ・重ね衿・長襦袢・ぞうり・バック・衿カラーが含まれているそうです。
いわゆる下着(肌襦袢と裾除け)は自前で用意する必要があります。
それと、成人式のように可愛い和装小物などは含まれていないので、必要なものはご自分で用意するか貸衣装屋さんと相談する必要があります。

普段洋服を着て過ごしている人には、振り袖や着物を着るというプレッシャーが大きいと思いました。
貸衣装屋さんにより、用意できないものもありますので、十分に確認することが大事です。

タオルは何に使うの?ブラジャーは着けていいの?

和装ブラジャー
2.下着について
振袖は、肌襦袢+裾除け→長襦袢→振袖の順で着ます。
この、肌襦袢と裾除けというのが、着物の時の下着(肌着)にあたります。
肌襦袢と裾除けが一緒になった、ワンピースタイプの肌着もあります。振袖をレンタルする場合でも、これらの下着は自分で購入します。

昔は、この下には何もつけず、タオルやさらしで調整していましたが、人に着付けしてもらう以上、さすがに何もつけないといのは恥ずかしいです.
そこで、最近では着物用の肌着(肌襦袢、裾除け)の下に、ブラジャーやパンツを着用する方がほとんどです。

しかし、ブラジャーについては、注意が必要です。洋装とちがって胸を潰して着付けますので、バストが豊かな方ほどきちんと和装ブラジャーを着けるのをおすすめします。
そうしないと、「帯の上に胸が乗っかっている」状態で、見た目も美しくなくなるからです。
また、通常のブラジャーをして着付けると、後でワイヤー部分が痛くなることもあります。
代用としてスポーツブラがありますが、和装ブラを一つ持っておけば浴衣を着る時などにも使えます。
ショーツは普段のもので構いませんがヒップに線がひびかないようなものが理想です。
股上が深いものはトイレの際に不便ですから浅めのものが適しています。

普段は洋服で生活していると、いくつになっても着物を着ることは、やはり女性としては緊張するようです。

振り袖や留袖などフォーマルな着物の着付で、具体的には何が必要なのか

そこで、当日着付けに必要な小物を覚えておきたいので、必要なものをまとめてみました。
必要なものを分類すると
1.下着類
→足袋、肌着(肌襦袢)、和装ブラジャー、裾よけ、タオル(3枚~6枚)
2.肌着と振り袖の間に着る着物
→半衿(白)、長襦袢(白)、衿芯  
3.着物の小物
→腰紐(4本)、伊達締め(だてじめ)(2本)、枕(まくら)、前板(まえいた)
4.その他の小物
→髪飾り、草履、バッグ など
に分けられます。 
小物を分類して考えると、頭が混乱せずに準備できます。

下着にガードルやキャミソールを着けてもいいのか?

ガードルはトイレが大変なことと、圧迫するので止めた方がいいです。
自分で着られる人は直すのも楽なのですが、トイレではなるべく着崩れないようにしておく方が無難です。
ガードルは西洋型のでこぼこを形成するためのファンデーションです。和服はサツマイモのような真ん中をふっくらさせたほうがきれいにみえるので、細いウエストにタオルをまいたりするくらいです。ガードルやボディスーツの主旨とはまったく違います。
寒い時期は、5分や膝上、膝下までのパンツ(アクリルとかあったかそうなのありますよね)とか、もっと長いバッヂ型のあったかズボン下もOKです。
ブラジャーはソフトタイプ(和装ブラ)か、カップなしのタンクトップ(ネックラインが詰まっていないもの)がいいです。お手持ちがなければ、肌じゅばん(本来そのための下着です)だけでOKです。
グラマーな方なら、なるべく和装ブラを用意して下さい。(さらしでギュウギュウつぶされるより苦しくないと思うので)
キャミソールは、同じ役目をするのが肌襦袢です。キャミソールはトイレに行くと困るうちのひとつで、肌襦袢がおすすめです。
カップ付キャミソールでもOKですよ。これはある意味「和装ブラ」に似ています。 
着物用スリップなどもありますが、これを着た場合には肌襦袢を着ません。汗取りの脇パットもいているので、肌襦袢よりもフィットしていて、重宝しています。 また、あまりにも寒い日にはレギンスを履いてもOKです。
普段から身に付けている下着は、ついそのまま利用したいものです。和服をよく着ている人にアドバイスを受けることも必要です。

半衿について

半衿についてもう少し説明します。
半衿は、大きく分けますと礼装用と普段用があります。礼装用は白地が主で、刺繍の入った半衿も使われます。(訪問着などには淡いお色の刺繍半衿もあります)

半衿も季節によって衣更えをします。他のものと同じで、季節より一歩先のものを身に着けます。絽・麻など夏物半衿は6・7・8月に使用します。9月に入っても暑い日が続くと9月初頃まで絽の半衿でも差し支えないと思います。9~5月までは塩瀬や縮緬など、夏物以外の半衿を使います。季節や月によって色柄を楽しんだり、小物で季節感を出すのも 大変お洒落です。ビーズの半衿は、寒い冬よりも涼しさを演出したい時にお勧めです。披露宴やパーティーなどには華やかさが増して良いと思います。
礼装の時は特に注意し、周りに不快感を与えないような配慮が必要です。式場でレンタルの場合は、正装にふさわしい半衿を選んでもらえます。

半衿を縫いつけるのは少し経験がいります。普段洋服のひとり暮らしの若い人なら、経験者にアドバイスをもらうか、縫ってもらうことを考えますね。

着付師の前で、どんな格好になるのか

ブラとショーツ又はブラ付きキャミソールで着付ができます。着物が裏地のついた「袷」のものなら、ショーツのラインはほとんど響きません。
ショーツの上に裾よけ・長襦袢・裏地のついた着物と重ねますから、ぴったりしたパンツを履いているように、ショーツのラインが目立つことはありません。ラインが響くのが心配なら、Tバックをお持ちなら、それでも良いです
あとはユニクロとかムジとかにノンラインのタイプの下着ありますよね?あんなのも良いです。

着付けの時に美容師さんや着付け師さんにショーツ一枚の下半身を見られるのに抵抗があったら、ユニクロのヒートテックのハーフパンツみたいなものとか膝上丈の薄手のレギンスみたいなのを穿いても良いです。
あと蛇足ですけど、着物を着慣れない方なら、ショーツは股上の浅いのものを選んだほうがお手洗いに行くときラクだと思いますよ。
着付けの方にブラも着けてない胸を見られるのが抵抗があるなら、カップも何にもついていないユニクロの「サラファイン」みたいなシンプルなキャミを着ておきましょう。

着物が裏地の付いた袷(あわせ)であれば、下着のラインはほとんど気にならないようです。胸の豊かな人は、和服では着こなしが悪くなるので、和装ブラを使用しタオルで補整が必要です。

振り袖を着たら仕草も大切

振り袖を着た時に、ちょっと気を配ることがあります。
座り方、階段の上り下り、車の乗り降りなど、気をつけるポイントがたくさんあります。
長い袖の取り扱いです。
1.低い姿勢をとる時に、袖を引きずらないように。
2.しゃがんで立ち上がる時に、袖を踏んでしまわないように。
3.車に乗ったり、椅子に腰かける時の袖の持ち方。
振り袖を着ている時は、車のドアは自分で閉めないように、運転手などに閉めてもらいます。
振り袖の時は、レディーファーストで大事にしてもらいましょう。
4.股上の短いショーツ
披露宴やパーティー時は、できるだけ水気をとらないように気を付けますが、それでも必要な時のために、股上の短いショーツを着けておくことをおすすめします。
洋服と着物、特に振袖が大きく違うのは「袖」。袖の取扱いさえポイントを抑えればほぼ勝ったと言っても過言ではありません!
袖は思ったより長いもの。普段ないものがそこにあるわけなので、これに注意です。低い姿勢をとる時には引きずらないよう注意してください。
椅子などに座る時は、膝の上に袖を置き、床につかないようにします。また、物を落としたりして拾う時や、階段の上り下りのときにも両袖をまとめて片手で持ち上げます。イラストのように持つとキレイですよ。裾も踏んだりしやすいので、しゃがむ時などは少し裾を持ち上げます。
振り袖を着付けてもらったら、普段の洋服とは違う身のこなしが必要です。振袖が初めての方も、着物になれている方も、あの長い袖にはかなり手こずるのではないでしょうか。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |