看護師の小論文の書き方やテーマと例文について。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

看護師の小論文の書き方やテーマと例文について。

看護師の転職時の試験について小論文を出題する病院も多いものです。書き方や出題されるテーマとその例文についてまとめました。

小論文の試験勉強の仕方について。

勉強している女性|「マイナビウーマン」 (7290)

小論文や作文を上達させるには・・・

何度も書く練習をする
ということしかありません。
文章力などのスキルは、練習を重ねることによって上げていくしかないと思います。
そして、出題されたテーマにしっかりと沿った内容で、自分なりの主張なり感想なりをしっかり入れていくことが重要となります。

そのためには・・・
・日頃からのニュースなどを見て、しっかり理解しておくこと
・そのニュースなどに関して、自分はどう思うのか、を考えておくこと

を行うといいと思います。

看護師の小論文の特徴は?

看護師の転職でお悩みなら!転職サイトに登録しよう (7315)

看護系の小論文は、特に「正確な事実認識とその伝達能力」が求められる点で一般の小論文と異なる。
看護職は、職務上受け持ちの患者の容態や治療の経過を正確に把握し、勤務交代の際に伝達する義務と責任を負う。つまり、迅速で適切な判断力と誰にでも理解できる平易な表現が求められるというのが特徴である。

小論文の評価のポイントについてまとめました。

 (7293)

1.文章の内容がテーマに沿っており、テーマに対する自分の意見・考えがきちんと示されている。
2.課題に対する自分の意見や理由が筋道立てて説明されており、説得力がある。
3.知識や経験を基にした自分なりの問いや具体例、発想がある。
4.丁寧に書かれており、文の構成も簡潔で読みやすい。
5.自分の考えが表現されており、読み手にきちんと伝わってくる。
6.誤字・脱字、送り仮名や文法の誤り、熟語や慣用句の誤用がない。
自分の考えを読み手にわかりやすく伝える技術を身に着ける必要がありますね。

テーマ型の小論文の出題テーマについて。

Javaエンジニアが語る、初心者におすすめの書籍 | プロスタ (7296)

①.一般的な社会問題について
「環境問題」「少子高齢化問題」「虐待問題」「インターネットの功罪」など

②.医療について
「健康」「医療ミス」「臓器移植」「再生医療」「出生前診断」「看護師の役割」など

③.時事問題について
「東日本大震災」「iPS細胞(再生医療)」「エボラ出血熱(感染症対策)」など、入試の年もしくはその前年に大きくニュースになったテーマ

④.自分について
「今までで感動したこと」「私の長所」「私にとっての学び」「私の家族」「看護師志望理由」など

⑤.その他、抽象的なテーマ
「豊かさ」「自由」「思いやり」「人間らしさ」など

医療分野以外のテーマが出題されることもあります。

小論文が「理想の看護師」というテーマの例文。

看護師になろうとする時に、看護師になってみたけどという時に | 看護師になりたい人のための看護学校進学情報ブログ (7299)

理想の看護師とは何か。私が考える「理想の看護師」は三つある。第一に、人の気持ちを汲み取ることができる看護師。第二に、周囲を見渡し、その場の状況に適した行動ができる看護師。最後に、患者さんに頼られる責任感のある看護師である。
なぜならば、私が患者という立場になったときに、先に挙げた三つを持っている看護師に看護をしてもらいたいからである。
たしかに、看護師の仕事は大変かもしれない。だが、とてもやりがいのある仕事であると私は考えている。看護師の大変なところは、医師の補助をしたり、患者さんのケアをしたり、処置や点滴などをいたりとたくさん仕事を抱えることが多い。大変だからといって、態度に表したり、顔に表したりするような看護師には、私はケアをしてほしくないと考える。
したがって、私は人の気持ちを汲み取ることができ、周囲を見渡しその場に適した行動ができ、患者さんに頼られる責任感のある看護師になりたいと強く思う。看護師は専門的な知識や技術があることが前提になる。目の前に処置をしなければならない患者さんがいれな、的確な処置が出来なければならない。一つ一つ目の前の仕事をこなし、さらに。理想の看護師で挙げる三つの点を兼ね備えてこそが看護師である私は考える。

小論文が「チーム医療」というテーマの例文。

病棟紹介 : 医療法人山紀会 : 看護師募集サイト (7302)

チーム医療において、看護師が最も心がけるべきことは、他の医療スタッフとの意思疎通である。そして、この意思疎通は欧米のチーム医療のように、全ての医療スタッフが同等の立場で行われなければならない。

 確かに、緊急の場合などは常に患者と接している看護師が、他の医療スタッフとの意思疎通をする前にいち早く行動することは重要だ。看護師の臨機応変な対応で救われる患者もいるだろう。しかし、看護師一人が行ったことで医療ミスも起きている。
 実際に、2人の患者を取り違えて別々に手術が行われたという事故もある。大きな原因は1人の看護師が、この2人の 患者を手術室まで運んだことであった。また、看護師が機器に蒸留水と誤ってエタノールを入れ、患者をアルコール中毒で死亡させるという事故も発生した。これらはチーム医療の連携不足で生じた結果であろう。他の看護師や医療スタッフがダブルチェックなど確認をしていたら、妨げたはずである。つまり、チーム医療の連携不足であり、もっと医療スタッフが意思疎通を行うべきであったのだ。確かに、この背景には医療スタッフの圧倒的人手不足や過酷な労働形態もある。しかし、このような状況でも医師や看護師が意思疎通をしようと、日々努力している病院もある。例えば、大阪のある病院では患者さん1人につき1カル出てを枕元に起き、みんなでカルテを共有しているそうだ。こうすることで、患者 さんの知る権利が保証されるとともに、患者さんを含め、医師や看護師などの医療スタッフが多忙の中、意思疎通を取ることができる。また、医療行為を行うときもより慎重になったそうだ。

 したがって、チーム医療において看護師が最も心がけるべきことはほかの医療スタッフとの同等の立場での意思疎通を行うことであると私は考える。こうすることで、絶対に起こってはいけない医療ミスを防ぐことにも繋がるだろう。

600字から1000字ほどでまとめる小論文を出題する試験が多いようです。

小論文の採点方法が気になる!

無料イラスト素材(かわいい系・商用利用可)|中間テスト?期末テスト?日ごろの勉強の成果を発揮する女子中学生 (7306)

採点は基本的に複数の採点者によって行われ、評価は採点者同士で話し合い調整し、公平性に配慮されます。 多くの学校ではA~Eの5段階評価やAa、Ab…Ea、Ebなどの10段階評価をしています。
そのほか、作文・小論文を点数化している学校もあります。下の表はA看護学校の採点基準を示したものです。これによると、「内容の正確さ・独自性」と「論旨の明確さ」に関してそれぞれ28点ずつ割りふられ、この2つで100点満点中56点を占めています。いかに内容と論理性を重視しているかが分かります。

文章力については、「表現の的確さ」16点、「文章表現の豊かさ」16点です。
「漢字や仮名づかいの正確さ」は12点で、ミスが多い場合は最大12点の減点になると解釈できます。字数もこの看護学校の場合は600字の指定ですが、20字不足するごとに3点ずつの減点になります(字数に必ずしもこだわらない学校もあります)。

以上のように、採点基準は6つのジャンルに分かれ、それぞれが5段階評価によって点数化されています。

採点方法を知ることで力を入れるポイントがわかりますね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |