ノコギリヤシはなんで育毛剤に使われているの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ノコギリヤシはなんで育毛剤に使われているの?

ノコギリヤシは育毛成分の1つとして育毛剤に含まれていることが多く、耳にしたことがある人もいるでしょう。そんな天然成分のノコギリヤシの魅力について知りましょう。

ノコギリヤシってどんなもの?

【ノコギリヤシ】発毛効果の解説。 (1887)

ノコギリヤシは主に北米の南部に分布するヤシ科の植物でハーブの一種です。北米南部のインディアンは昔から強壮剤として摂っていた歴史があり、高齢になっても夜尿症等の前立腺疾患が少ないことが医学的にも注目されていました。
ノコギリヤシは、北米から中南米に自生するヤシ科シュロ属の植物で、学名は「セレノア・レペンス」といいます。

高さは2~4mのヤシ科の低木で、ギザギザした葉をつけることから英語で「ソウ・パルメット(saw palmetto)」(ノコギリヤシ)と呼ばれています。

AGA(男性型脱毛症)の原因物質はDHT

脱毛抑制天然ハーブ『ノコギリヤシ』の効果 | 発毛効果の高い自己発毛方法や育毛剤を紹介!AGAアンサー (1883)

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの過剰分泌と頭皮毛根にあるDHT受容体(アンドロゲンレセプター)との結合によって発症します。
DHTは、性ホルモンである男女共に持つテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素と結びついて生成されます。
5αリダクターゼは、もともと人間が持っている酵素のひとつ。主に前頭部、頭頂部の毛乳頭に存在していて、男性型脱毛症の原因として知られています。男性ホルモンが毛乳頭に入り込むと、5αリダクターゼと反応してジヒドロテストステロンに変換されます。ジヒドロテストステロンは毛乳頭内のレセプターと結合し、まさにその部分、前頭部から頭頂部の頭髪に脱毛を引き起こすのです。
5αリダクターゼは前頭部、頭頂部の毛乳頭に存在しています。男性ホルモンが毛乳頭内に入ると、5αリダクターゼにより、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されてしまいます。DHTは毛乳頭内のレセプターと結合し、薄毛を引き起こします。

DHTは脱毛ホルモンとも呼ばれています。DHTは毛乳頭内で退行誘導因子を生成し、毛母細胞の働きが弱くなってしまいます。その結果、ヘアサイクルは短くなり、抜け毛は増えてきます。前頭部、頭頂部の薄毛はほとんどがDHTによって引き起こされます。

ノコギリヤシは「5αリダクターゼの生成を抑制」つまりDHTを作らせない!

結婚式の髪型「男性編」!好感度がアップするさわやかメンズヘアスタイル│結婚塾 (1900)

ノコギリヤシには、脱毛の原因のひとつである男性ホルモンを「抑制させる働き」があります。
ノコギリヤシの働きには、男性ホルモンを抑制する作用があります。
男性ホルモンは、男性に多くみられる脱毛症状「男性型脱毛症(AGA)」に深く関与しています。
ノコギリヤシが、男性ホルモンを変化させる酵素の発生を抑え、抜け毛や薄毛の原因となる物質の発生を阻害します。その結果、髪や頭皮の健康状態を改善し、発毛や育毛に効果を発揮します。
男性ホルモンを変化させる酵素=5αリダクターゼ
ノコギリヤシが、男性ホルモンを変化させる酵素の発生を抑え、抜け毛や薄毛の原因となる物質の発生を阻害します。その結果、髪や頭皮の健康状態を改善し、発毛や育毛に効果を発揮します。
ノコギリヤシという植物は効果が完全に実証されていないとは言え、DHT阻害作用のある植物だと言われております。フィナステリドに匹敵するという報告(摂取量は不明?)もあるようで前立腺肥大症の治療薬として研究されています。
ノコギリヤシは天然自然食品としてカテゴライズされる天然ハーブの一種で、脱毛ホルモン還元酵素である5αリダクターゼの抑制効果を持つことから注目を集めています。
前立腺肥大を引き起こす原因因子として、酵素5α-リノクターゼというものがあります。

抜け毛で悩む中高年をイメージしたイラストですこの酵素は、頭皮の皮脂腺にもたくさんあり、毛母細胞を弱め男性特有の前頭部や頭頂部の脱毛の原因になることがわかっています。

つまり、前立腺を肥大させる原因と男性型脱毛を引き起こす原因が、同じ酵素5α-リノクターゼだということです。

ノコギリヤシには、この酵素5α-リノクターゼの生成を抑制する働きがあるため、男性型の抜け毛防止にも効果が発揮されるとされ、これまでの研究でもその効果が明らかにされています。 

フィナステリドと同じような機能があるが、副作用の心配はないようです

フィナステリドの効果は科学的データによって示されており、厚生省が認可しています。
しかしノコギリヤシの効果はまだまだ未知数です。
しかし、ノコギリヤシの作用機序はフィナステリドと同じということも徐々にわかってきているようです。
男性必見!カッコイイ30代男性が高い確率で持っている要素を5つピックアップ | 女子力アップCafe  Googirl (1899)

ノコギリヤシの特徴は、一般的な育毛や男性特有の病気に使われる、フィナステリドやデュタステリドといった薬品のような副作用がないことです。

ノコギリヤシはほとんどの育毛剤に含まれている成分

ノコギリヤシに配合されている、ステロール、オクタサノールは5αリダクターゼを抑制する働きがあります。
よって、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑えることが可能になります。

そんなノコギリヤシの成分を多く含んだ育毛剤は直接頭皮に影響を与えることができるのでとても効果的だといえます。
今人気のある育毛剤のほとんどの商品に、ノコギリヤシの成分が含まれています。

育毛剤をつけるお父さん - illustration (1898)

ノコギリヤシ(ノコギリヤシエキス)は、男性型脱毛症(AGA)の原因となるDHTを作らせないことで抜け毛を抑制する効果が期待できます。
作用機序としてはフィナステリドとよく似ていますが、ノコギリヤシは天然成分ということもあり副作用についての心配もないようです。

使っている、または使おうと思っている育毛剤にノコギリヤシという言葉はありませんか?それは男性ホルモンが関与する薄毛の改善のために配合されているんですね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |