やっぱり手放すの?個人再生でクルマを処分したくない人へ | キュレーションメディア

やっぱり手放すの?個人再生でクルマを処分したくない人へ

多額の負債を大幅に減額することが出来る「個人再生」の手続き。自己破産とは違って、全ての財産を処分する必要はなく、大切な資産も手元に残せるというメリットがあります。大切なクルマも方法によっては手元に残すことが出来るのです。

自己破産とは違う「個人再生」の手続き

借金や多重債務などを減額したり免責にする方法を「債務整理」と一般的にいいますが、
イメージとして債務整理イコール自己破産といった感覚を持っている人は少なくありません。
大まかな種類として債務整理には自己破産や個人再生、任意整理といったものがありますが、
それぞれ負債の減額幅や条件が異なります。
Free illustration: Dollar, Characters, City - Free Image on Pixabay - 213619 (13901)

個人再生の手続きにあたっては、再生計画案で予定された返済額の数ヶ月分の金額を、裁判所に積み立てする必要があります。手続き自体にもある程度の費用がかかりますから、その分も準備しなくてはなりません。借金の原因が浪費やギャンブルだから自己破産は選択できない、任意整理や特定調停より借金が減るかもしれない、といった漠然とした理由で、安易に選ぶべき手続きではありません。

個人再生すると財産は全部処分するの?

債務整理をすると家やクルマなどの資産は全部処分してお金に換えないとダメだという話をよく聞きますが、手続きの種類によっては手元に残しておける財産もあるようです。
Free illustration: Keys, Hands, Own, Buy, Sell, Home - Free Image on Pixabay - 1317390 (13902)

自己破産の場合,破産者の方の財産・資産は,生活に必要となる一定の財産(自由財産)を除いて,破産管財人によって換価処分され,それによって得られた金銭が債権者に弁済または配当されることになります。

他方,個人再生の場合はどうかというと,再生債務者の方の財産・資産は,強制的に処分されてしまうことはありません。つまり,個人再生の場合には,財産・資産は必ずしも処分しなくてよく,保有したままでいることも可能であるということです。

個人再生で処分しなければならない資産とは?

個人再生によって負債を減額できるということは分かりましたが、もちろん無条件に借金が減るわけではありません。
持っている資産で換金できるものは処分して返済に充てるとこが必要となってきます。
それでは、どのような資産が処分の対象となるのでしょうか。
Free photo: Accountant, Accounting, Adviser - Free Image on Pixabay - 1238598 (13904)

実は、個人再生の場合、破産よりも多くの財産を保有することが認められています。これは個人再生の大きなメリットの1つです。
個人再生は、破産とは異なり、債務の一部は返済するため、破産よりも有利に扱われる部分もいくつかあるのです。
では、個人再生ではどの程度の資産を持っていてもよいのでしょうか。
その答えは、「個人再生手続きによる返済額までの財産」は、手元に残すことができます。
なるほど、資産の種類ではなく「返済額の範囲内」で手元に残すことが出来るんですね。
なかなか金額に換算することが難しいものもありそうですが、自己破産に比べると残しておける財産は多いということですね。

クルマも手放さなくていいの?

現代のクルマ社会において、必要不可欠ともいえるクルマの存在は非常に大きなものです。
クルマを処分したくないから自己破産はしない、生活保護も受けない、という人もいるほどです。
それでは個人再生の場合にはクルマの所有についてはどうなるのでしょうか?
Free vector graphic: Ford, Automobile, Car, Classic - Free Image on Pixabay - 149784 (13908)

個人再生の場合は、自己破産と違って自分の財産を手放す必要はありません。したがって、車のローンをすべて支払い終えているのであれば、個人再生をしても車は手元に残ります。しかし車は財産とみなされる為、20万円以上の価値がある場合は借金の減額幅が縮まることがあります。
●ローンがある場合
車のローンがある場合は、所有権がどうなっているかが手元に車が残るか残らないかのポイントになっています。まずは車検証を見て所有者の確認を行いましょう。

所有者がローン会社の場合は個人再生を行うと車は引き上げられる
信販会社のローンなどを利用していると車が担保になっているので、ローンが回収できない状態になると車が引き上げられてしまいます。

「どうしてもクルマを手放したくない」という方へ

これまでの記事を読んで「やっぱり自分のクルマはローンが残ってるし、今さら一括返済なんて出来るわけがないから処分しないとダメだ」とあきらめてしまうのはまだ早いです!
個人再生をして残債のあるクルマを手元に残せる裏ワザがあります!
Free illustration: No, Negative, Finger, Hand, Keep - Free Image on Pixabay - 1532826 (13911)

Free photo: Notes, Paper, Paper Ball, Memo - Free Image on Pixabay - 514998 (13916)

個人再生の場合、車の所有権が留保されていない場合に限り、手元に残せる可能性が出てきます。

通常、車のローンを組む場合、所有権留保事項といって返済が滞ったときには、ローン会社側がすぐに車を引き上げることができるようになっています。

所有権留保というのは、完済するまでローン会社側に所有権を残すことをいいます。

しかし、ごくまれに所有権留保がされていない場合があり、所有権留保がされていないのであれば、車の引き渡しを拒むことができるのです。

こうした場合に限り、車は手元に残したまま、個人再生によって圧縮したローンを再生計画にて支払っていくことができるのです。

この他にもローンの名義を家族や親戚に変えてしまうといった方法もできます。
ひとりで悩まずに、法律の専門家に一度相談してみてはいかがでしょうか?
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |