【簡単飲むだけ!】黒酢で内脂肪ダイエットをしよう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【簡単飲むだけ!】黒酢で内脂肪ダイエットをしよう

お酢が健康に良いと言われていますが、黒酢はさらに内脂肪ダイエットにも効果があるんです。お酢と黒酢の違い、なぜ内脂肪ダイエットに黒酢が効果があるのか、一つずつ紹介していきますので参考にしてみて下さいね。

何でもそうですが、体に良いといっても適量というものがあります。
とくにお酢は酸性の食品ですので、一気に飲んだりすると胃を荒らしたりする可能性があります。
ですので、別の飲み物に少量入れて飲むなどしたほうがいいですね。 おすすめはソーダです。
そもそも、お酢にはダイエット効果が期待できるのですが中でも黒酢は特にダイエット向きなのです。

その理由は、黒酢にたっぷりと含まれたアミノ酸とクエン酸です。クエン酸は疲労回復効果以外にも、脂質や糖分の燃焼を促す効果もあります。

アミノ酸には脂肪の合成を抑制し脂肪の分解も促進する働きがあり、脂肪燃焼系成分の代表と言えます。

また、アミノ酸は加齢と共に減少していく基礎代謝を向上させてくれます。代謝力がアップすると脂肪が溜まりにくい体になり、一時的な減量とは違う「痩せる体」が作れるのです。

その代謝アップ効果は、ぽっこりお腹の原因である内臓脂肪もグングン落としてくれます。皮下脂肪と違い、内臓の間に溜まった内臓脂肪を減らすのは難しいもの。

しかし、内臓脂肪をそのまま放置しておくとメタボリックシンドロームを進行させてしまうのです。そうならないためにも黒酢で内臓脂肪が溜まらない体になりましょう!

どちらも発酵・熟成させますが、原料からして違いがありますね。
そして、かかっている熟成時間も大きく違います。
これなら、お酢より黒酢のほうがアミノ酸を多く含んでいると言われても納得ですね。
では、黒酢の何がダイエットに効果があるのでしょうか。
黒酢は自然食品のため、摂りすぎない限りは副作用の心配はありません。しかし、胃腸が弱い人は飲みすぎると下痢や腹痛を起こすことがありますので、様子を見ながら徐々に量を増やし、体を慣らしていくことが大切です。
黒酢にたっぷりと含まれているアミノ酸による基礎代謝の向上が
内臓脂肪を減らしてダイエットに効果があるんですね。
また、クエン酸自体も燃焼効果でぐっとダイエットに役立ちます。
これに加えて運動をすれば、ダイエット効果がアップすること間違いなしですね。
先ほども書きましたが、黒酢は酢酸であり酸性です。
そのため胃腸の弱い人には胃を荒らしたりするため、単独で飲んだりするのはおすすめしません。
また、こういったものは胃をある程度満たしてからの方が胃に負荷をかけずに済みます。
無理ならサプリメントも良いですし、毎食少しずつ飲むのも良いでしょう。
継続しやすい一番良い方法を考えてみましょう。

胃腸が弱い人は要注意!

そもそもお酢と黒酢の違いって何?

「香り」「味」

穀物酢や米酢特有のツンとした香りと酸味の強い味に対して、黒酢は独特のまろやかな香りとコクのある風味があります。これもまた、長い熟成期間によるもの。それから、黒酢が他のお酢よりもアミノ酸を豊富に含んでいるためです。

「原料」「製法」

黒酢のアミノ酸とクエン酸で内脂肪ダイエットに効果あり

黒酢と酢の違いは、製造法と原料にもあるのです。米酢は精米を使いますが、黒酢は玄米または大麦を原材料としています。また米酢は原料となる蒸した精米をホーローやステンレスなどの金属容器のなかで発酵させ、約4ヶ月という短い時間で完成します。

一方の黒酢は、じっくりと長い時間をかけて発酵・熟成されます。長期間熟成された証としてアミノ酸を豊富に含み、色、コク、香りと共にお酢の旨みを凝縮させていると言われています。

壺の中に原材料を仕込み、自然の環境のもと1~3年という長い熟成期間を経て完成させる、という黒酢の伝統的な製造方法は今でも行われています。

1日どれくらい摂ればいい?

体に良いからと言って多量に摂取してもいいものなのでしょうか。黒酢は医薬品ではないので基本的にはちゃんとした摂取量というものが設定されていませんが、1日に飲む量は大匙1~2杯(15ml~30ml)が適正だと言われています。
またこれも一気に飲むのではなく、1日に30ml摂取するなら数回に分けて飲む方がよいです。

黒酢を飲むのに向いていない人

【黒酢ダイエット】お酢の力で身体の中から綺麗に痩せる方法まとめ|welq [ウェルク]

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |