看護師さんの転職先に<アレルギー科>最近、にわかに脚光を浴びているようです。 | キュレーションメディア

看護師さんの転職先に<アレルギー科>最近、にわかに脚光を浴びているようです。

花粉症を代表とする病気以外にも、食物アレルギーなど、様々な症状で悩んでいる人も多くなり、アレルギー科が人気が出てきているようです。転職先としていかがでしょうか。

食生活のせいかアレルギー体質の人が多くなり、以前はなかったアレルギー科が注目されてきたようです。食品を見てもアレルギーに対しての表示もされている時代です。これからの時代に必要とされている分野かも知れません。今からアレルギー科へ転職してスキルを磨いてみませんか?

アレルギー科のお仕事

 (7223)

アレルギーとは、免疫反応が、特定の抗原(卵、ダニ、スギ花粉など)に対して過剰に起こることです。免疫反応は、外来の異物を排除するために働く、生体にとって不可欠な機能です。

代表的な疾患としては アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉症)、アレルギー性結膜炎、気管支喘息、小児喘息、食物アレルギー、薬物アレルギーなどが上げられます。症状として蕁麻疹や鼻水、鼻づまり、咳、喘鳴、目のかゆみ・充血などがあるので、内科や耳鼻咽喉科、眼科と共に標榜されていることが多いようです。

時に重症なアレルギー症状でアナフィラキシーを起こすこともあるので、注意が必要です。治療としては薬物療法(内服薬、点鼻、目薬、吸入等)が一般的ですが、原因物質に対して免疫をつくる減感作療法なども行われます。さらに、アレルギー科での看護師の仕事は、患者さんの患部のケアの他にも、心のケアが重要です。アレルギーというのは、その症状が出ていない人には、出ている人の辛さなどは理解しがたいものがあります。

このため、しっかりとその精神部分のケアをしていく必要があります。これに加えて、日常生活で気を付けることなど指導していかなければなりません。

アレルギー科の看護師に必要なスキル

 (7224)

アレルギー科クリニックの看護師に必要なスキルや能力はどのようなものでしょうか?アレルギーの治療には長い時間や根気が必要です。患者さんは不安になっていることも多く、精神的に落ち着かない患者さんも来院します。

患者さんの気持ちを汲みとり、優しく接することがまず大事なスキルになります。また患者さんの状況を的確に読みとる能力が必要になりますので、高いコミュニケーション力は必須です。

また、アレルギーは血液検査を行います。採血を行う機会が多く、子供が痛がらないよう、怖がらないようにと気配せをする事も大切ですので、採血の技術や子供への対応力も必要なスキルとなっています。

昔はなかった「アレルギー科」

 (7225)

昔「アレルギー科」という診療科目は存在しませんでした。ところが近年になってアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、ペットアレルギー、薬剤アレルギーなどのアレルギー性疾患が増えてきたため新設されたものです。

いまや国民病では?と言われている花粉症も、アレルギー性疾患の一種です。昔からアレルギー性疾患は存在していたのかもしれませんが、今ほどクローズアップされませんでした。

アレルギー科の役割

 (7226)

身近に感じるアレルギー症状でも、重症化すれば命にもかかわるものもあり、決して軽視してはいけません。そのため、アレルギー科で働く看護師は、アレルギーに関する様々な知識を持っている必要があります。


例えば、食物からのアレルギーを持つ患者の場合、食生活で気をつけることに関しての指導をしていくため、3大アレルギーの卵、大豆、牛乳をはじめ、その他の食物のことを理解し、また症状についても勉強する必要があります。また、アレルギーというのは、症状を持たない人にはアレルギー患者の辛さを理解するのは難しいため、その部分にも配慮した心のケアも時には必要となってきます。

アレルギー科の主な疾患

 (7227)

アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎・かぶれ、気管支喘息、花粉症、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、アレルギー性接触皮膚炎、アナフィラクトイド紫斑病、過敏性肺炎 、アレルギー性肉芽腫性血管炎(チャーグ・ストラウス症候群)、アレルギー性副鼻腔炎、細気管支炎、フリクテン性角結膜炎、OAS、ハウスダストなど。

アレルギー科で働く看護師のメリット

 (7228)

アレルギー科で働く看護師のメリットは、まず患者さんやその家族とのコミュニケーションを取りながら、じっくり看護に取り組むことができるということです。

アレルギーの治療は、その原因を突き止めた後も長期間にわたって続くことが多く、患者さんの多くは長く通っている人たちになります。通院治療の場合は、自宅でのアレルギー除去も必要になりますから、その相談に乗ったりアドバイスをしたりと、看護師としてはやりがいのある仕事になるでしょう。

患者さんと家族、医師と看護師らが一丸となって取り組まないと改善できないのがアレルギーなのです。

看護師として最先端の医療に携わることができる

 (7229)

実際、現在でも国内のアレルギー患者は増え続けており、特に花粉症は国民病といわれるほど多くの患者さんが頭を悩ませる疾患です。こうしたアレルギー疾患の治療には、先進技術を導入しているところも多く、鼻腔へのレーザー治療など注目を浴びた治療法もいろいろあります。

こうした最先端の医療に携わることができるのもアレルギー科ならではのメリットだと言えるでしょう。現在でも根本的に完治させる方法はありませんが、それが可能になる日も遠くないかもしれません。

アレルギー科で働く看護師の声

 (7230)

今、働いているクリニックは小児科、アレルギー科ですが、毎日多くのアトピー性皮膚炎のお子さんがお見えになります。「強い痒みで夜も寝られない」とお母さんからも相談を受けます。病気の治療は医師が行いますが、生活面のアドバイスは看護師の仕事。事細かにご説明し、次に来院されたときには「アトピーが良くなって、夜も寝られるようになりました。」と笑顔で言われるとこちらも励みになります。

子供さんがつらい思いをしていると、お母さんもつらいですよね。お子さんだけでなくお母さんの精神的なフォローも大切になってきます。栄養面では栄養士さんからアドバイスしてもらいますが、患者さんはもちろん、私たちにとっても勉強になります。

看護師の求人・転職

 (7231)

看護師の資格を活かしていないなら、看護師求人サイトを利用して再就職を検討してみてはいかがでしょう。一度離れた仕事でも、やりがいを感じて働けるかもしれません。困っている患者さんのために働くことは看護師の使命です。様々な科がある中で、どこで働くかが、長く仕事を続けるコツになります。

総合病院で働くか、個人病院で働くか大きな分かれ道です。結婚や家庭の事情で看護師を辞めたのなら、夜勤がない個人病院で働くという手もあります。個人病院なら、何かと自分の都合に合わせてくれるところが多数あります。看護師求人は常にされているので、売り手市場ともいえるでしょう。

転職先として最近、にわかに脚光を浴びているのがアレルギー科です。

花粉症を代表とする病気以外にも、食物アレルギーなど、様々な症状で悩んでいる患者さんがたくさんいます。アレルギー科は看護師求人が重要で、看護師の求人が急務です。アレルギー科で働きたいなら、患者さんの精神面のフォローも大切になります。

アレルギーがある人への日ごろの生活指導を受け持つ場合もあるので、親身に指導できる人柄が大切です。アレルギー科で働く場合、評判が気になるでしょう。忙しいので、看護師や医師がきちんと連携していないとアレルギー科が回りません。特に、患者さんの評判は重要です。

働きやすいか働きづらいかは評判で大体がわかるでしょう。ネットでも、看護師求人サイトでアレルギー科の評判がわかるので利用してみるといいでしょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |