緩和ケアのプロ「緩和ケア認定看護師」とは | キュレーションメディア

緩和ケアのプロ「緩和ケア認定看護師」とは

緩和ケア認定看護師は末期患者の体の痛み、心の痛みを和らげるお仕事です。具体的な仕事内容、必要性、資格取得方法を考えます。

緩和ケアに対する一般的なイメージは

「がん治療ができなくなった方への医療」「がんの終末期に受けるもの」と思っている方も、まだまだ多いようです。

緩和ケアの概念は変化してきている

緩和ケアは、がんが進行した時期だけでなく、がんが見つかったときから治療中も必要に応じて行われるべきものです。がんと診断されたときには、ひどく落ち込んだり、不安で眠れないこともあるかもしれません。治療の間には食欲がなくなったり、痛みが強いことがあるかもしれません。「つらさを和らげる」という緩和ケアの考え方を、診断されて間もない時期から取り入れることで、こうしたつらい症状を緩和しながら日々の生活を送ることができます。
 (3897)

緩和ケアは末期のみ行うものではなく、初期から取り入れ、徐々に増やしていくものです。

緩和ケアの目指すところは

病魔におかされているところ意外は、健康なところも多いのです。なので、その健康な部分を有効に使うことによって、日常生活のサポートを支援して、精神的苦痛を取り除く事が緩和ケアの考えなのです。緩和ケアは、病気の治療と同じように大切なことなのです。そして、意味をもっているのです。患者さんは、身体的にも、精神的にも多くの負担を感じて病気の治療を行っているのです。緩和ケアは、そんな患者さんの身体的、肉体的苦痛を少しでも和らげることを目的としているのです。
 (3903)

緩和ケアの目指すところは、体の痛みだけでなく、患者の感じる様々な痛みを和らげることです。

「緩和ケア認定看護師」とは

緩和ケア認定看護師とは、緩和ケアを受ける患者と家族の支援に関する最新の知識と技術をもち、水準の高い看護実践を行うことができる認定看護師です。
緩和ケア認定看護師の役割は、疾患を持つ患者の痛みや苦痛だけでなく、身体的・心理的問題から社会的問題までを早期に発見し、適切な処置を施すことによってこれらを緩和し、人としての生活の質を向上させることです。患者のみならずその家族へ対してケアを行うことも、重要な役割の1つです。
 (3904)

緩和ケアでは、患者を支える家族の心のケアもします。

「緩和ケア認定看護師」の仕事内容は

その人らしく生きられるようになるには、まずは身体的苦痛を緩和しなければなりません。その上で、精神的苦痛・社会的苦痛・霊的苦痛(スピリチュアルペイン)の緩和をしていきます。トータルペインの緩和には、医師・看護師の他にも栄養士・薬剤師・MSW(医療ソーシャルワーカー)・音楽療法士・ボランティアなどの多職種がチームを組んで取り組みます。
対象者は病気の進行とともに様々な喪失を経験し、悲嘆のプロセスを辿りますので、その過程に寄り添いながらスピリチュアルペインを受けとめる関わりを通して、グリーフケアなどの支援を行います。
また、ケアの対象を患者と家族で一単位と捉えたうえで、遺族への支援を含めた家族のケアも重点的に行うことが求められます。
 (3905)

病気が進むと共に、悲しみの内容は変化していきます。
それらに対応したケアを行うのが、緩和ケアです。
院内での「デスカンファレンス」にも積極的に取り組んでいますね。臨床の中で、患者さんを失う経験をした医療者の多くは、喪失感に見舞われて、その思いをひきずってしまうことが多くあります。

ひどい場合は離職にまでつながってしまう方もいますし、燃え尽き症候群に苛まれたり、自分を責めてしまう方も少なくありません。心の病に悩まされ、元のように働くことができなくなる人も少なくないのです。

そうした医療スタッフのグリーフケアを目的に活動を行っています。患者さんのケアはもちろん重要ですが、こうした医療者へのケアにもこれからも力を入れていかなければいけないと思っています。

 (3906)

患者さんの死で動揺する、同僚のケアも必要になります。
緩和ケア認定看護師は、様々な知識や技術を駆使する職業です。そのため、求められる専門知識や技術は多岐にわたります。

基本となる部分は、苦痛や痛みを緩和する知識や技術ですが、人の心理に関する知識、カウンセリング技術、残された時間を積極的に人として生きられるようなサポート技術、残された家族の精神的なケアに関する技術など、精神面に関する専門知識や技術も求められます。

「緩和ケア認定看護師」になるには

教育課程は6か月・615時間以上と定められていて、その間仕事は休職して研修と実習に励みます。
1 通算3年以上、緩和ケアを受ける患者の多い病棟、または在宅ケア領域での看護実績を有すること。

2 積極的治療が行われてから死に至るまでを通して、緩和ケアを受ける患者を5例以上担当した実績を有すること。

3 現在、緩和ケアを受ける患者の多い病院、または在宅ケア領域で勤務していることが望ましい。

病気が進行するにつれ、患者も家族も多くの悲しみを経験します。
末期状態になると、ひどい痛みのせいで人格が保てなくなることもあります。
緩和ケア認定看護師は、患者と家族が最後の時間に向かう時期を乗り越えやすいように支えます。
非常に意義深い仕事と言えます。
緩和ケアがより重視されるようになってきているので、緩和ケア認定看護師は転職にも有利な資格と言えるでしょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |