厚生労働省認可の育毛剤の効果ってやっぱりすごいの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

厚生労働省認可の育毛剤の効果ってやっぱりすごいの?

厚生労働省認可の育毛剤って書いてあったら効果があるような気がしますよね。でもどうしたら認可されるんでしょうか。また認可されない育毛剤って効果は薄いのでしょうか。

育毛剤の主なはたらき。

毛母細胞など毛根の細胞を活性化させる作用
頭皮環境の正常化
頭皮の血行促進
頭皮の乾燥を防ぎ、潤いを守る保湿作用
頭皮の炎症を抑える作用
認可の育毛剤 - Google 検索 (1012)

厚生労働省の認可を得るのは大変!

認可の育毛剤 - Google 検索 (1013)

厚生労働省の認可を得ている育毛剤は効果があると説明をさせていただきましたが、なぜそのようなことがいえるのでしょうか?それは、厚生労働省から認可を得ているということは、その効果はもちろん、安全性などにおいても、非常に厳しい薬事法の決まり(規定)の条件を通ってきている育毛剤だからです。

厚生労働省の認可を得ることはそう簡単なことではありませんし、かなりの期間が必要になります。効果のある育毛剤であったとしても、厚生労働省から認可を得られるまでは数年単位という年月が必要になってくることもあるのです。だからこそ、厚生労働省から認可を得ている育毛剤はきちんと効果があるものと信頼を持つことができるのです。

育毛剤を使用するということは家計を苦しめることになります。それほど、安価なものではないのです。

だからこそ、慎重に選ばなければなりません。そうなると、やはり安全安心で信頼できる商品がいいでしょう。効果があり、信頼性のある育毛剤といえば、厚生労働省許可の育毛剤です。

現在、数多くの育毛剤が販売されていますが、厚生労働省が認めた成分を使用している商品が本物であるといえます。

厚生労働省許可を受けている育毛剤は効果が認められている成分が含まれています。

この厚生労働省の許可を受けるのには、長くて5~10年はかかるそうで、お金もかかるらしいです。

医薬部外品の育毛剤は厚生労働省の認可を受けている。

認可の育毛剤 - Google 検索 (1014)

医療医薬品の部類に入る育毛剤は、医師の処方により服用するものだから、これは国から認可されてるのが当然。
医薬部外品に関しても同様に、まずは申請を行い、それから成分内容とかの審査を受け、その結果認可が取れるっていう仕組みになってる。基本的に医薬部外品として認可されるのは、ある症状に対してそれを改善する効能が期待できる成分が配合されてるもの。
つまり育毛剤の場合、頭皮の環境を整え、かゆみや炎症を抑え、薄毛や抜け毛を予防できる効能が期待できるってこと。そもそも医薬部外品の定義とは、医薬品よりは効き目のあらわれ方が緩やかだけど、使用することにより症状の改善が見込めるもの。

厚生労働省認可が効果に与える影響とは?

認可の育毛剤 - Google 検索 (1015)

個人差はあるが、効果が出る確率は増す

効果が未知数な成分を使っている育毛剤よりも、
効果がある程度確定されている成分を使っている育毛剤のほうが
効果は期待できることが確かです。

厚生労働省より育毛効果があると認められた成分は?

認可の育毛剤 - Google 検索 (1017)

ミノキシジル(医薬成分)
・オウゴンエキス
・センブリエキス
・エビネランエキス
・M-034

この中で、近年になって新しく加えられたのがM-034です。
ローマ字と数字の成分名なので、「科学的な物質なのでは?」と思う人もいると思います。

実は、昆布などから抽出されたエキスを使っている天然系の成分なのです。
副作用などの心配もありません。今後は多くの育毛剤に含まれる可能性もあり、
身近な存在になっていくことは間違いないです。

中でも「医薬品(薬)」はミノキシジルだけ

この中で「ミノキシジル」だけが「医薬品」
つまり、薬です。

ミノキシジルを使った育毛剤には「リアップ」
「ロゲイン」「ポラリス」などの育毛剤が
市販されています。

その他の成分は「医薬部外品」といいます。
効果はあるんだけど「医薬品」より効き目
は薄いという扱いを受けています。

ただ、薬事法の改正が追いついていなくて、
今は医薬部外品だけど近い将来には医薬品に
なる成分もあります。

M-034という成分が今後医薬品として認定されるのではないかと噂されています。

それだけ効果のある成分なんですね。

知っておいてほしいこと。

認可の育毛剤 - Google 検索 (1016)

あなたが育毛剤で確実に髪を生やすために、最低限知っておいてほしいことがあります。ご存知かもしれませんが、厚生労働省から認められた育毛剤といっても、使ってすぐに育毛効果を得られるほど甘いものではありません。厚生労働省から効果を認めてもらっているとはいっても、育毛剤は基本的に即効性はないものと思っておくべきです。

このサイトで何度か述べていますが、育毛剤の効果を得るまでには3ヶ月は必要と思っておくべきでしょう。厚生労働省から認められているのだから、使ったらすぐに育毛剤の効果を得ることができると思って使い始めると、なかなか効果を感じることができないという理由で、途中で使うのをやめてしまうということになってしまいかねません。

実際にそういった方もいますからね。これって非常にもったいないことです。さきほどもいいましたが、厚生労働省から認められている育毛剤ということは髪の毛が生えてくる効果がある証しです。つまり、使い続ければほぼ確実に理想の髪の毛に近づけるということなのです。

どうですか?
厚生労働省の認可の育毛剤は内容・成分ともに副作用が比較的少なく、かつ効果の高いものが
多く含まれているんですね。
認可には時間・手間屋お金もかかるのでやはり信用できると思います。
しかし、誰にでも絶対副作用がない。誰にでも効果が出るというわけではないんですね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |