NICUに転職する前に知っておきたいこと | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

NICUに転職する前に知っておきたいこと

NICUは、生まれてきた子供の命をつなぐ大切な役割を持っています。そこで働く看護師に求められる資質、仕事内容、やりがい、苦労を見てみましょう。

NICUとは

《neonatal intensive care unit》低体重児や先天性のハイリスク疾患がある新生児に対応するための設備と医療スタッフを備えたICU(集中治療室)。
NICU(Neonatal Intensive Care Unit:新生児特定集中治療室)は新生児(生まれたばかりの赤ちゃん)に特化した専用のICU(集中治療室)のことです。
 (3443)

NICU=新生児用の集中治療室

NICUが必要な赤ちゃんは

NICUは超低出生体重児(1,000g未満)を含むあらゆる病的新生児が対象で、除外対象はありません。外科疾患についてもすべて対応しています。基本的に一度も自宅退院していない赤ちゃんが入院対象となります。

NICUで働く看護師の仕事は

NICUの看護師は新生児の状態だけを見ていればよいわけでなく、それと同時に機器の数値を常にチェックします。
 (3464)

赤ちゃんをお世話しつつ、モニターの数値もチェックします。
子供であるいのはもちろんですが生まれたばかりの子供に関わる仕事なので、とにかく親御さんの心を気遣わなければなりません。
父親と母親を安心させるためにも精神的ケアは重要です。
特に母親は出産直後で体調も不安定なケースもあり、説明などのサポート業務は力を入れて行う必要があります。
 (3467)

新生児のご両親のメンタルケアも行います。

NICUで働く看護師に求められる資質とは

赤ちゃんはしゃべれません。自分の体の状態を伝えるすべがありませんから、そのぶん看護師がしっかりと見守り、わずかな変化も見逃さないようにしなければいけません。
 (3469)

赤ちゃんの少しの変化も見落とさないようにします。
新生児への対応も重要ですが、機器の管理もしなければいけません。
さらにご両親へのサポートも大切な業務です。
全体的に幅広い視野を持って仕事ができる方向けとなります。

NICUで働くやりがいとは

小さな小さな赤ちゃんが、必死で生きようとする姿を目の当たりにすることで得られる感動は、筆舌に尽くし難いものがあります。大切な命を預かる尊い仕事だと、誇りに思える貴重な職場ではないでしょうか。
危機的な状況の新生児が回復して成長をしていく姿を見ることはとてもやりがいとなります。
また家族からも感謝されることも多く、看護師になって良かったと思う瞬間も多々あります。
 (3483)

九死に一生を得た赤ちゃんの親御さんから、とても感謝されます。

NICUで働く苦労とは

NICUは新生児・未熟児専門の医療部門ですから、それまでどんなに看護師として学んできても経験を積んでも、新生児相手の仕事では役立ちません。未熟児や新生児を対象とした看護技術について、最初から勉強し直さないといけないのです。

その期間は短くても3年、NICUや小児科、産婦人科で本格的に働いて行きたいのならば、出来れば5年以上の計画で学んで行かなくてはなりません。

赤ちゃんが元気になるまで、一時的に預かって見守るのがNICUです。命の誕生を見守る仕事ではありますが、残念なことに助からない命もあります。幼い命が失われることに、必要以上に影響されない強い精神力と、しっかりとした看護観が必要です。
 (3471)

看護の甲斐なく亡くなる赤ちゃんもいます。
新生児は症状の急変も早いので、新生児の看護ケアはミスが許されません。
via http://www.看護師転職企業.jpn.com/article/416725279.html
両親や周りの人々の期待を背負って生まれてきた赤ちゃんに異常があると、それは大問題です。
NICUでは、赤ちゃんが生まれてすぐの難局を乗り越えて、無事にお父さんお母さんと暮らせるように助けます。
赤ちゃん相手では、大人の患者を相手に学んだことが通用しません。
粘り強さと強い心を持った人に向いた転職先と言えそうです。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |