《夢みたいな世界》パラセーリングしたい!!でも、子連れでも大丈夫? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

《夢みたいな世界》パラセーリングしたい!!でも、子連れでも大丈夫?

空中ブランコのように海の上を飛ぶスポーツ、パラセーリングって知っていますか?手軽にできるのでいま、人気の水上スポーツなんです。でも子連れでもできるものなんでしょうか。

パラセーリングってどんなスポーツ?

SweetCharm:ハワイ4日目・・・♪パラセーリング!!!

パラセーリングとは、パラシュートをボートなどでひっぱてもらい上空に上がるというレジャーです。
凧揚げの凧のように自分の体が上空に上がるのですから、まさに鳥になって気分を味わう事が出来ると思います。
何か乗り物に乗るという訳でなく自分の体が空中に浮くという体験はなかなかする機会がないと思うのでパラセーリングはとても新鮮な感動があるのではないでしょうか。
パラセーリングは二人乗りのものもあるので、仲のいい友達や恋人同士で乗れば盛り上がることは間違いありません。

何だか難しそうで初心者でも、すぐに楽しむ事が出来るのかなと心配な人もいると思いますが、パラセーリングは空に上がる人は特に技術を要するわけではないので、ガイドの人にある程度の安全の為の指導を受けたらすぐに体験する事が出来ます。
この手軽さもこのパラセーリングの人気の一つと言えるでしょう。

今人気の水上スポーツ、パラセーリング。

ブランコに乗せるような方なら手軽に楽しんでいただけるので大人気なんです。

船に乗ったりと敷居が高そうに思い方も多いと思いますが、1人5000円から8000円ほど

とお手軽な価格で楽しめるのです。

こんなものを準備しておくといい。

●必ず必要なもの
・軍手
・長袖・長ズボンで,運動しやすい服装
・スニーカ等の運動しやすい靴
わざと海へ落とされるって言うオチ。

ツアー会社の人に水着着用して行ってね。って言われてなかったから服ビショビショ・・・

楽しかったから全然いいけどね★

パラセーリングは手軽に楽しめる水上スポーツですが、それでも用意しておいたほうがいいものはあります。

高さによってコースが分かれていたり、金額が違う場合があります。

また、サービスで足がつくくらいまで低く飛んでくれたり、冗談で着地失敗!じゃぼんと海へ入っちゃう

何てこともあるようです。

日本で気軽にする場合は水着ではなく普段着でチャレンジすることもありますが、海外では水着で

来てくださいという場合もあります。

手が滑ると危ないので軍手があるといいと思います。

手軽に大空の旅を楽しめる。

万座ビーチでパラセーリング – YouTube

ANAインターコンチネンタルホテル開業30周年記念キャンペーンで 無料で楽しめました。

パラセーリング in Hawaii – YouTube

今年の夏はパラセーリングに挑戦♪ ずーっとやりたいと思ってたパラセーリング☆ 夏の楽しい思い出の1つになりました!!
パラセーリングは、パラシュートをボートなどで引っ張って風を生み出し、その風を利用して上空に上がるウォーターレジャーの一つです。ウォーターレジャーと言っても水に濡れることはなく、水着やウェットスーツに着替える必要がないので、どなたでもお手軽に大空の旅を楽しむことができます。15分間ほどの空の旅になりますが、最大で 70メートルの高さまで上がることができますので、 霞ヶ浦から行方市を一望できるということで人気のレジャーになっています。

小学生だって楽しめるパラセーリング

A Little Lady. by Sayaka Omori: バトゥ・フェリンギ in ペナン島。

パラセーリングは2人1組で飛びます。
なんども言いますが、今日は本当に強風が吹いています
なので、ボートを動かさなくても、凧のようにビュ~~~~んとすぐに上空に上がっていきました。
そして左右に揺れる、揺れる・・・
子供は喜んでいましたが、私は「もう降ろしてくれないかしら!!」ってずーっと思っていました。
下を見るのも怖かったのですが、ちらっと見えた海の色は本当に真っ青で、それはそれはきれいでしたよ
これが見れただけでも、ちょっとは値打ちがあるかなぁー
小学生でも楽しめるので子連れ旅行にぴったりです。

大人よりも子供のほうが怖いと思うことなく空の旅を楽しめるようです。二人一緒に乗れるので子供さんも

安心して楽しめると思います。

船に乗るだけでも楽しそうですが、普段は見る事の出来ない景色を2人で一緒に楽しめるのはとても

いい経験になることでしょう。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |