任意整理をするとブラックの期間はいつまでなのか? | キュレーションメディア

任意整理をするとブラックの期間はいつまでなのか?

任意整理をしてしまうと、ブラックの期間というのがあります。この期間の間は新に借り入れがしにくく、審査をしても落ちてしまう可能性の方が高くなります。果たして任意整理ではどのくらい期間があるのでしょうか?こちらで紹介をしていきます。

任意整理とはどんなものか?

 (7027)

任意整理とは、司法書士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉をして、支払いが可能になるような(今よりもよい)条件での合意を成立させる手続きです。裁判所は関与しません。
すべての債務整理の手続きの中で、最もよく利用されるのが、この任意整理の手続きです。
借金が膨らんでしまい支払が困難になってしまった時には、任意整理をする方法があります。
どの方にでも当てはまる方法ではないので、まずは弁護士などに相談する事が大切です。
少額であれば司法書士に相談を行って、そこから手続きをしてみても良いでしょう。
もし払い過ぎている利子がある時には、その分も借金の金額に加算してもらう事ができるので、返済額が減ったり時にはその金額だけですべての借金を返済でき過払い請求となる事もあります。

ブラックの期間はいつまで?

 (7031)

ブラックリストに載るデメリット

いわゆるブラックリスト、信用情報機関に任意整理情報が登録され、各信用情報機関の登録期間(5~7年程度)は、新たな借金やキャッシング、ローン融資審査が通らないデメリットがあります。また、クレジットカードの更新や発行ができない場合もあります。

官報には載らないがブラックリスト入りします

他の債務整理ではなく、任意整理を行いたい方の中には、「ブラックリストに載りたくない」と言う理由で任意整理を依頼する方もいるようですが、残念ながら任意整理でも「ブラックリスト」に載ります。

ただ過払い金返還については、金融庁の指導でブラックリストへの掲載が控えられています。

ブラックの期間はだいたい5年から7年で、この間は新規に借り入れを行おうと思っても難しく、特にお世話になった会社ではまたローンを組もうと思ってもほぼ100%落とされてしまいます。
この時期は特にお金を借りる事がなければ、現金で生活をするようにしましょう。

絶対にブラックの期間はローンが組めない?

 (7025)

5~7年とは、個信に載ってる期間でこの期間、絶対にカードが作れないということではありません。
完済した後の過払い請求であれば、属性(勤務先・年収・勤続年数など)が良ければまた作れる人もいます。
個信を確認して、貸す貸さないはカード会社の判断です。
5社は多すぎでしたね。貸す側としては懸念すると思います。
2社に断られていると、その事も個信には載っています。審査通る可能性は低いです。
もう、申込はされない方がいいと思います。

個信に悪い情報があっても絶対にカードが作れないということではないのです。
カード会社もカード作ってもらうのが儲けになる仕事ですから。

どうしてもクレジットカードが必要であったり、車など大きい買い物を考えている時もあるでしょう。
任意整理をしたら絶対に5年間はローンを組む事ができない訳ではないので、一度試しにローンを申し込んでみるのもありです。

ブラックの期間が終ってからローンを申し込む時には

 (7040)

信用情報機関の記録記載は完済後、5年間になっています
 期間経過後、各信用情報機関に情報開示を行なって記載が消えている事を確認してから、申込み等を行なって下さい
 また、申込みをして審査が通らなかった場合、その事実は情報として6ヶ月間記載されますからご注意下さい
・任意整理された金融機関において、その事実は記録として社内に残されていますから、整理された会社、及び関連会社・グループ会社等での申込みは避けて下さい
ブラックの期間が終わってからであれば、ローンの申し込みをして審査通過できる可能性は高くなります。
自分の信用情報がどうなっているかなどを調べて、大丈夫と分かってからお世話になった事がない会社に申し込みをしてみましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |